ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明けましておめでとうございます! | main | 宝塚星組『うたかたの恋/Bouquet de Takarazuka』中日劇場公演感想 >>
上原理生コンサート2018 感想

昨日、上原理生くんのソロコンサートに行ってきました。

コンサート間近になって親がインフルエンザにかかって看病する羽目になり、その間なんとか移らないように完全防備で過ごし、無事に行くことができました(笑)

結論から言えば、練馬まで遠征してホント良かったです!

もうね、ずっと聴いていたかった。

夜に雨から雪に変わるという天気予報が出ていて、上原くんは観客が帰れなくなることを心配していたようですが、私たちの方は「いやいや、帰れなくなったとしてもあなたの歌を聴きたいのよ」って感じでしたよね。

少なくとも私を含めFC枠でチケット取ったと思われる人たちはそんな感じでした。

一部は、上原くんはマイクなしの生歌、伴奏はピアノのみというシンプルな形態で、魂を込めた力強い歌唱力と繊細な感情表現で心をわしづかみにされてしまいました。

力強さと繊細さって相反するようにも思えるんですけど、上原くんにはそれができるんですねぇ。

1曲目は『ジキル&ハイド』より「This is The Moment」。

挨拶が入ってトークの中で大学の入学式がこの練馬文化センターの大ホールだったこととか話してくれました。

イタリア語で3曲「Caro mio ben」「Non ti Scordae di me(忘れな草)」「Caruso」。 「Caro mio ben」は、恋人に「つれなくしないでくれ」と懇願する情熱的な愛の歌だそうで、上原くんは「この年になってやっとこの気持ちが分かるようになった」そうです。そんなお相手がいるのかしら?(*´艸`*)フフ

「Caruso」は演出家の謝珠栄さん(上原くん曰く「パワフルな関西のおばちゃん」・笑)に奨められて歌ってみたら大好きになった曲だそうです。 日本語の歌も歌ってくれまして「愛の讃歌」、「見上げてごらん夜の星を」、「ヨイトマケの歌」、『モーツァルト!』より「星から降る金」。

どの曲も歌詞を大切に伝えようとしているのが感じられるし、伸びやかな声も心地よく歌が心に響きます。

「ヨイトマケの歌」の時は、涙出ちゃいましたね。 他にも泣いてる人たくさんいて、上原くんが歌い終わった後に「僕も歌いながら泣きそうになったんですけど、泣いてる人いるみたいですね、泣いていいですよ。泣いてデドックスして帰ってください」みたいなこと言ってて、面白いこと言うなぁって思っちゃった(*´艸`*)

「星から降る金」は本場の演出家から「この曲は君にあげるよ」とまで言ってお墨付きをもらったと嬉しそうに話してくれました。

コンサートのたびに歌って行きたいそうです(^^)

ただ私の中では「星から降る金」は『モーツァルト!』を初めて観た時に10年以上ご贔屓である春野寿美礼さんが歌っていて好きになった曲なので、この曲が流れると他の人が歌っていても私の脳内で勝手に寿美礼さんの声で再生されてしまうほどになってしまっていて、昨日も上原くんが歌っているところに重なって脳内再生されて困った(^_^;)

でも、この曲を上原くんが生歌で歌ってくれるとは思わなかったな。

聞きごたえがあって素晴らしかったです♪

 

第二部はオーケストラを入れて、マイクをつけての歌唱。

「My Heart Will Go On」でスタート。あの『タイタニック』の映画の場面が目に浮かぶようでした。

映画音楽メドレーは曲紹介してくれたけど、タイトルとか思い出せなくてすいません。

「シェイブールの雨傘」「ターザン」「魔法にかけられて」などからそれぞれ1曲ずつ。 最後はミュージカルソングを4曲。 『ラ・マンチャの男』より「Man of la Mancha」、『1789』より「パレ・ロワイヤル」、『オペラ座の怪人』より「Music of the night」、『ミス・サイゴン』より「ブイ・ドイ」。

「Man of la Mancha」は客席も煽ってノリノリで歌い上げ、「パレ・ロワイヤル」に楽しそうに踊りながら歌って客席にも降りてくれて、盛り上がりました♪

「パレ・ロワイヤル」の時、めっちゃいい顔してましたよ。かわいかった(*´꒳`*)

そして「Music of the night」でクールダウン。切なく歌い上げます。

最後は、やはり上原くんの持ち歌ともいえる「ブイ・ドイ」。平和への祈りを込めて、大切に丁寧に歌ってくれました。

愛をテーマにした曲を集めたコンサートとなったことに関して、上原くんが冗談ともつかない言い方で「愛に飢えてるのかな?」と一言。これだけいろんな人に愛されてるのに(笑)

 

アンコールは、昨年亡くなった上原くんの恩師である青井陽治さんがお好きだった曲として「愛した日々に悔いはない」、そしてもう一曲『RENT』から「I'll cover you」を歌ってくれました。

カーテンコールもあって、最後はスタンティングオベーションとなり、感極まってウルウルしている上原くんがファンとして愛おしくてたまらなかったです(*´∀`*)

歌ってる時は本当にかっこいいんだけど、トークになると真面目に話してたと思ったら突然ボケてきたりするから面白いし、萌える。こういうところが愛嬌あってかわいいと思います(*´艸`*)

2年前に観たソロコンサートの時より歌はさらに安定感が増して進化を遂げ、トークもうまくなっていて楽しく幸せなひとときでした♪

舞台やコンサートで観るたびにどんどん進化して行っている上原くん。応援し甲斐がありますね。

応援と言っても私の場合は、時々観に行ってこのブログに感想を書く程度ですけど A^▽^;)

常に前よりももっと良いものを作り出そうと頑張る姿勢はステキだと思うし尊敬します。 またソロコンサート行きたいなぁ。

どんどんやって欲しいです!あと、新しいCDアルバムも出してほしいなぁ。

COMMENT