ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 歯列矯正を始めてほぼ1年 | main | 歯列矯正 調整日 ついにゴムを使うことになった >>
「天使にラブソングを シスターアクト」名古屋公演 観劇感想
今日は「天使にラブソングを シスターアクト」の名古屋公演初日を観てきました。
前回、瀬奈さんデロリスバージョンを観て楽しかったので、今年もチケット取りました(*^-^*)
役替わりで観たかったんですけど、前回も今年も残念ながら1回しか観ることができません。
それで役替わりスケジュールは見ずにチケットをとった結果は、前回観られなかった森さんデロリス、禅さんカーティスでした♪

今年はカーテンコールで客席も全員で踊る時に使う光るブレスレットが配られるんですけど、受け取ってカバンにしまった瞬間にポキッと音がして使う前から光り始めちゃった(^^;)
でも、カーテンコールの時までちゃんと光ってたから良かった♪家に帰ってきてからもまだ光ってたよ(笑)

この作品では、指揮者の塩田さんが幕が開く直前の音楽が始まるところから客席に手拍子を求めるんですよね。
塩田さんもノリノリで終始楽しそうに指揮してらっしゃって、最後は大司教様の格好でオケボックスの中からセリ上がってくるし、他の作品ではなかなかない演出なので面白いです。
あれはオケボックスの中で誰かが塩田さんを持ち上げてるの?それとも、セリみたいな装置があるのかしら?
舞台上にはセリがあるけど、オケボックスの中だから、どうなってるんだろうって不思議で(笑)

音痴なシスターたちの聖歌隊がデロリスの指導でうまくなって、ノリノリで歌うゴスペルだかロックだか分からない歌が迫力満点!メチャクチャ楽しいです。客席もノリノリ♪
クスクス笑って、ちょっぴり泣けて、ほっこりできる大好きな作品です(*´∀`*)

覚えてる範囲でまたキャストの方々の感想を書いてみたいと思います。








森公美子さんのデロリス・カルティエは、すごくキュート!
会場を包み込んで聞いてる人を元気にしちゃうパワフルな歌声、ノリノリなロックも歌いこなしちゃう森くみさんステキです❤
かっこよさ、柔らかさ、かわいらしさを兼ね備え、エディやカーティスがデロリスに惚れるのも納得できます。

石川禅さんのマフィア(?)のボス・カーティス。
悪役なんだけど、面白くて、ちょっとかっこよくて、かっこ悪い(笑)
カーティスが何度も言う「デロリスは俺がいないとダメなんだ。俺が必要なんだ」というようなセリフが、そう思い込むことがカーティスの心の支えになっている様に見えて、それが滑稽でありながらちょっと哀れにも思えて面白かったです。

鳳蘭さんの修道院長は、厳しくて優しくて、とても人間らしい。そしてデロリスとは違う意味でキュートです。
修道院存続の危機やデロリスの出現によって心の平安を乱され、悩みながらも、一生懸命に信念を貫こうとする健気な修道院長を面白おかしく表現されています。
ただ、歌うシーンでは少々お声がかすれていたような。喉を傷めてたりしてらっしゃらなければいいのですが。

石井一孝さんの汗っかきエディ。
ちょっと臆病で不器用で、真面目な警察官。デロリスにずっと憧れて一途に愛し、カーティスに命を狙われているデロリスを一生懸命護ろうとする姿が健気で愛おしく思えてきます。

今井清隆さんのオハラ神父は、なんか出てきた瞬間からなんだかクスッと笑えます(笑)
お茶目な仕草をいろいろやってくださるので。
そして、初めてノリノリで歌うシスターたちを見て、自分もノリたそうにしつつ修道院長をチラチラ見ながら抑えてる姿がなんかかわいかったです(*´艸`*)
超ノリノリの神父様でした♪

泉見洋平くんのTJ。カーティスの甥っ子。
ちょっとお馬鹿でチャラい感じ。金持ちマダムにかわいく甘えて、貢がせてそうなTJだった(笑)

カーティスの手下のジョーイ役のKENTAROさんとパブロ役の上口耕平くんのコンビは息もぴったり。
パブロは外国からアメリカに来て英語が下手という設定で、パブロが変な言葉でボケるたびにジョーイがツッコミを入れたり、翻訳(?)したり、時にはそこにカーティスとTJも加わってテンポよく盛り上げてくれます。
ダンスもカッコいいしね!

ラフルアー宮澤エマさんが演じるシスター見習いシスター・メアリー・ロバート。
今まで誰にも逆らったことがなく自分の意見を言わなかったメアリー・ロバートが、デロリスの影響を受けて自分に自信を持てるようになり、大きな声で歌えるようになり、そして最終的に自分の意見をはっきり言えるようになった場面は、ちょっとウルッと来ちゃいました。
メアリー・ロバートの成長ぶりをとても繊細に演じてると思います(*^-^*)

浦嶋りんこさんが演じるちょっと食いしん坊のシスター・メアリー・パトリック。
やっぱりこの人もかわいらしい。控えめにしていながらその奥に隠されたパワーを隠し切れてない感じがステキ♪
そして歌はそれを示すかのようにパワフル♪

他のアンサンブルの皆さんもパワフルで面白くて素敵で、魅力的でした\(^o^)/

カーテンコールで、ダンスの指導をしてくれるパブロくん、キメのセリフを全部先に客席から言われてしまって、うれしいようなちょっと悔しいような複雑な表情(笑)
その後はもちろん、客席も皆ノリノリで踊って楽しかったです〜♪

また再演があれば観たいなぁ〜。
COMMENT