ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ネットショップ再開しています♪ | main | 上原理生くんのソロコンサート 感想 >>
雪組「ローマの休日」名古屋公演 観劇感想
今日は中日劇場で宝塚雪組「ローマの休日」を観てきました。

雪組を観たのは・・・あ〜、朝海ひかるさんの退団公演以来かも!
もう完全に浦島さん状態。ジェンヌさんたちはほとんど知らない人ばかりです(^^;)
とはいえ、雪組に芸達者が揃っていることは変わってないみたいですね。

あの「ローマの休日」が宝塚でどんな風に舞台化されるのか楽しみにしてましたが、映画のイメージを壊すことなく、映画の名場面もほとんどが再現されています。映画の中のツッコミどころもそのまんま(笑)
ビジュアルは文句なし。というか、ジョーがかっこよすぎ(笑)
笑いどころもたくさんあって楽しく、そして最後は切ない別れのシーンでちょっぴり涙。

アン王女がスクーターで暴走するシーンもあるのですが、舞台上なのでゆっくりで徐行。
なので暴走してる感じは全くなし(笑) まあ、ここも笑いどころとして捉えればOKかな(*´艸`*)

メインキャストの感想も少しずつ書いてみようと思います。
いつものことながら全員は無理ですけどね(´▽`;)ゞ








新聞記者のジョー・ブラッドレー役の早霧せいなさん。
誠実さと悪賢さが両立していて面白い。もちろん、いい意味で(^^)
1幕ではジョーがアン王女に振り回されている姿が面白おかしく表現、2幕ではアン王女にひかれている自分に気づいて距離をとろうとするジョーの姿が本当に切ないです。

アン王女役の咲妃みゆさん。
宮廷で育った王女の世間とのずれっぷりをうまく表現していたと思います。
面白いし、とってもかわいらしい王女様でした♪

ジョーの相棒でカメラマンのアーヴィング・ラドビッチ役の彩凪翔さん。
いつもジョーに振り回されて恋人とのデートもままならず、ウンザリしながらもジョーを見捨てることができない人の良さが伝わってきます。

王女の側近のヴィアバーグ侯爵夫人役の梨花ますみさんは、出番は少ないもののベテランの貫禄があり、お芝居をしっかり引き締めてくれています。

アン王女が初めて入った美容院で彼女を担当し、王女に一目ぼれをする美容師マリオ・デ・ラーニ役の月城かなとさんが、なかなかインパクトのあるキャラクターでいい味出してましたよ(*´艸`*)
映画ではこんな役はありましたっけ??宝塚版のオリジナルキャラクターかしら?

お名前が分からないジェンヌさんも多くてこれ以上書けないですけど、他の皆さんもそれぞれキャラクターに個性が出てるし、出演者全員がキラキラ輝いてる感じが作品にも合っていてステキでした。

フィナーレは、大人っぽい雰囲気で群舞、ちぎさんのソロ、トップコンビのデュエット全てタンゴを踊り、かっこよく締めています。

観終わった後は爽やかでほっこりした気分になれました(*´∀`*)
また機会があったら観たいな♪



COMMENT