ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リキッドファンデーションをブラシで | main | ギプス >>
花組「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA∞夢眩」
花組、蘭寿とむさんと蘭乃はなさんのサヨナラ公演「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA∞夢眩」を観るために、約2年ぶりくらいに宝塚大劇場へ行ってきました。
そしたら、門が立派に作り替えられ、建物内もあちこち改装されてきれいになってて、びっくり!
100周年を迎えたんですねぇ。

今日のお席は1階7列目となかなかいい席だったんですが、ちょうど空調からの風が下りてくる場所だったらしく、今日はただでさえ乾燥しているのに、さらに風があたって目が乾く・・・コンタクトをしているから余計に目を開けているのが辛かったです(^^;

花組さんは本当に何年振りかで浦島さん状態でしたが、相変わらず良いメンバーがそろっているなぁと思いました。
楽しみな若手の子たちも何人かいましたしね。

では感想を「ラスト・タイクーン」から行きましょうか。
未完の小説『The Last Tycoon』をミュージカル化したものだそうです。
う〜ん、作品としては内容が散漫で尻切れトンボのような印象を受けたんですよね。
なんというか消化不良のまま終わっちゃった感じ。
でも、原作は面白そうだなぁ。

そういえば、真矢みきさんがトップだった頃に、これと似たような作品をやってましたね。内容や設定が少し違いますけど。

さて、映画で人々を楽しませるために映画作りに熱が入る天才映画プロデューサーのモンロー・スターを演じる蘭寿とむさん、熱い男をカッコよく演じさせたら右に出る者はいませんねぇ〜。
思いっきり映画バカを作り上げています。
人々を楽しませるために良い映画を作ろうと熱が入りすぎて、スタッフたちから反感をかったり、映画会社と対立したり。不器用な生き方しかできないモンロー、結婚してすぐに事故で妻を亡くし、彼女の面影を追いかけてきた。
その妻にそっくりな女性を見つけて、デートをする・・・「奥さんと似ているから誘ったんでしょ?」って言われて、いきなり「そうじゃない、君のことを知りたいんだ。愛している」と言ってしまうような脚本になっているので、その背景にあるものを表現するのは難しそうだなぁ。蘭寿さんは会話をする中で彼女に惹かれて行ったという風にうまく表現しています。

モンローの妻であるミナ・デービスとミナにそっくりな女性キャサリン・ムーアの2役を演じる蘭乃はなさん。
ミナの方はどちらかというと勝気で明るい女性で、キャサリンは暗い過去をもつ護ってあげたくなるような女性になってますね。キャサリンはダメ男を頼らないといけないような立場からモンローに出会って変わって行く様子が良く伝わってきます。

モンローに映画について教え込んだ映画プロデューサー、パット・ブレーディを演じる明日海りおさん。
貫禄あるベテラン映画プロデューサーをしっかり演じています。自分を追い越していきそうな勢いのモンローを邪魔に感じるようになり、モンローを会社から追い出そうとします。ということで一応悪役ですね。
でも、モンローに映画について教えていたという設定から、モンローを単純に憎んで嫌っているわけじゃない複雑な心境が雰囲気で伝わってきます。

他にも気になった子達はいたんですが、プログラムを買わなかったので誰がどの役だったのか分からず、記憶も定かではないので、これくらいにしときます。

次は「TAKARAZUKA∞夢眩」の感想を。
とても齋藤さんらしい作品だなぁって思いました。全体的なビジュアルがアニメチックで、テンポの速いノリノリな音楽。でも、宝塚のいいところもうまく取り込んでいて、娘役の群舞と男役の群舞もしっかりあります。
とても楽しいショーでした(^^)

そうそう!今日はショーの時だけ、横綱の白鵬が観に来てました!幕間に突然警備の人に案内されて白鵬が現れたので、会場は一時騒然として写メ撮っている人がいっぱいいましたよ(笑)

来月は、男性キャストばかりだという謝珠恵さん演出の「ちぬの誓い」を神戸へ観に行きます。
COMMENT