ミュージカル「レ・ミゼラブル」名古屋公演 観劇感想

レ・ミゼラブル名古屋公演を観てきました。
実は最初、今日は観る予定がなかったんですけど、おけぴさんから優待チケット販売のお知らせが入って、誘惑に負けてチケットを増やしてしまいました(笑)
中日劇場ロビーには、歴代キャストの写真を使ったモザイクパネル、過去のレミゼ公演の写真パネル、今年の出演キャスト全員のサイン入りポスター、銀の燭台の展示があります。
今日の席は1階後方の上手端。ちょっと観づらいかな~と思ったけど、それほどでもなくオペラグラスも使いつつ快適に観ることができました。
中日劇場は舞台が近いから臨場感がありますよね♪
帝劇で観た時からさらにパワーアップしていて、全員で歌う民衆の歌も迫力満点で素晴らしかったです!
今日のキャストはこんな感じ。

では、また覚えてる範囲でキャストの方一人一人の感想を書いていこうと思います。


ジャン・バルジャン役のヤン・ジュンモさん。
ジュンモさんの細やかな演技から目が離せず、今日はオペラグラスでずっと追ってました。
バルジャンの心の動きを分かりやすく表現している感じで、私の中で今までよく分かってなかった部分も腑に落ちたというか。帝劇で観た時は最前列だったから圧倒されちゃって、落ち着いてじっくり観る余裕がなかったってのもありますけど(笑)
「独白」の場面は魂の叫びのようでしたし、砦の場面での「彼を帰して」は神に懇願するような歌い方でしたし、バルジャンの思いがすごく胸に迫ってきました。
ジュンモさんのバルジャン、好きですね~。
ジャベール役の吉原光夫さん。
帝劇で観た川口さんのジャベールよりもほんの少し柔らかさが感じられるジャベールでした。
吉原さんは役替わりでジャン・バルジャンも演じてますので、他のお二人のジャベールとは違う視点でジャベールという役を見ている部分もあるのかなと思います。
ジャベール役は自殺の場面でかなり個性が出る気がしていて、吉原ジャベは自分の信念が崩れていく恐怖だけでなく、信念を貫くことができなかった悔しさというか自責の念のようなものも伝わってきました。
ファンテーヌ役の二宮愛さん。
帝劇で観た時よりさらに良くなってたように思います。
歌はかつての恋人やコゼットへの思いがしっかり伝わってきましたし、苦境の中で必死に生きようとする強さも感じられました。
エポニーヌ役の昆夏美さん。
あの小さな体のどこにあんなパワーがあるんだと思うほどの声量で歌い上げる「オン・マイ・オウン」には泣かされます。マリウスを思う気持ちがすごく伝わってきて切ないです。
昆ちゃんのエポニーヌは、どうせ自分は幸せになれないと諦める気持ち半分、でも諦めたくない気持ちも半分という感じ。そんな自分に苛立ちを感じているような部分も伝わってきます。
マリウス役の田村良太さん。
コゼットと恋に落ちて夢中になりつつも、一方でどこか高いところから自分を冷静に見ているようなイメージを感じさせるマリウスでした。
そしてエポニーヌのことは、友達として尊重してあげている感じで優しさが伝わってきます。
コゼットに会いに行った時のぎこちなさがなんだかかわいかった。
コゼット役の小南満佑子さん。
分かりやすいくらい現代的なコゼットになっていました。
キャストの誰かがインタビュー記事の中で「今年はコゼットを現代的な女の子のように演じて欲しい」というような指示が演出家からあったと話していたようですが、その通りの役作り。
とてもかわいらしく恋に落ちた時キャピキャピ感がいいですねぇ~。
歌もとてもじょうずだしきれいな歌声で、コゼット・マリウス・エポニーヌの3人で歌う場面も3人の声がきれいに響き合い聞いていて心地よかったです。
テナルディエ役のKENTAROさん。
役として良い意味で、とにかく軽~い男という感じのテナルディエ。
軽口とジョークで笑わせて、その隙に客の財布や金目の物を盗みとる抜け目なさ。ある意味一番怖いタイプかも。
コイツはどんな状況になっても懲りないんだろうなぁと思わせる役作り。
こういう軽妙なテナルディエもいいですねぇ(^^)
マダム・テナルディエ役の森公美子さん。
コゼットをいじめる怖いイメージの中にも、お茶目でかわいい感じもあって魅力的。
今日は、コゼットとマリウスの結婚式のシーンでケーキをつまみ食いして「そこそこうみゃ~」と名古屋弁で♪
アンジョルラス役の上原理生さん。
私の中でいつのまにか「アンジョルラスと言えばこの人」ってなっちゃってます(笑)
初めてレミゼを観た時のアンジョルラス役は別の人だったし、他の人が演じるアンジョルラスも観てるんだけど。
その上原くん、帝劇で観た時よりさらに細やかな演技、歌も絶好調。
熱いリーダーであることは変わらないけど、2年前より落ち着いた冷静さも兼ね備えた印象でした。
今日きづいたんですけど、アンジョルラスは砦の場面で仲間が撃たれるとと必ず駆け寄っているんですね。1回目の戦闘で1人傷ついた時も、ガブローシュが撃たれた時も、マリウスが撃たれた時も。
アンジョルラスの仲間への思いが伝わってくる場面です。
砦の上で見張りをしつつ、上から仲間たちの様子を見つめる上原アンジョのまなざしが何とも言えず切なくなります。
ここまでがプリンシパルキャストですね。
アンサンブルキャストは全員を書くことは難しいですが、覚えている範囲で一部書いてみますね。
グランテールの役どころが2年前からただの酔っ払いじゃなくなってるらしいですが、今年はさらに学生たちの中で存在感が増しているように思いました。
菊池まさはるさんのグランテールは、酔っぱらって周りを茶化してばかりいるようで冷静さも失ってはいない、しっかり自分の意志を持っていて、砦の場面では仲間たちに重い質問を投げかけることもする。
人間臭さと温かい人柄も感じられますね。
砦で撃たれたガブローシュの遺体をアンジョルラスから受け取った後、ガブローシュの体を抱きしめている様子からやるせなさと怒りのようなものを感じました。
コンブフェール役の大田翔さんは、良家の子息らしい上品さと聡明さを併せ持つ、いかにもアンジョルラスの参謀といった感じ。長身でスタイルも良く舞台映えするので、どこにいても目立ちますね。かっこよかったです(*^-^*)
大田くんはアンジョルラスもいけるんじゃないですかね?
染谷洸太さんのレーグルが、原作を読んだ時の私のレーグルのイメージそのまんまでちょっと驚きました。
思い出せるのはこんな感じでしょうか・・・あんまり思い出せなかったですね A^▽^;)
中日劇場は来年閉館してしまうので、2年後のレミゼ公演は名古屋に来てくれるのかちょっと心配。
新しく生まれ変わった御園座でやってくれないかな?名古屋飛ばしされたら悲しい・・・
レミゼ名古屋公演は後3回観る予定なので、役替わりを楽しみたいと思います♪

コメント