エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート アニバーサリーバージョン

今日は梅田で「エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート アニバーサリーバージョン」を観てきました。タイトルながっ!(笑)
カーテンコールでも出演者の皆さん、言いづらそうでした(笑)
チケット取れなくて諦めてたんですけど、ミュージカルファン友達のつてでチケットを取ってもらうことができまして、感謝でございます(*´∀`*)
アニバーサリーバージョンでしたので、作品で使われていた衣裳ではなく出演者が役をイメージした衣装でエリザベートをダイジェストで場面再現していく形。
主な出演者は下の写真の通りです。

私のお目当ては、やっぱり復帰したばかりの春野寿美礼さんだったんですけど、今日は出番が少なくてちょっとがっかり。前日が花組のコスチュームバージョンだったからかな。
一つの役に何人もいるので、1曲だけとかの人もいてちょっと消化不良になっちゃった感も否めませんが、意外な組み合わせが面白かったです。
樹里咲穂さんと霧矢大夢さんがフランツとルキーニの2役をされていて、他の皆さんより出番が多かったんじゃないかな。
席が13列目の端っこの方だったので、オペラグラスなしでは微妙に出演者の顔や表情の判別がしづらい距離。
オペラグラスを持っていけばよかったと後悔。顏はよく分からなくても声で誰か分かったので、あの当時は本当に嵌ってたんだなぁ、私(笑)
今回はミュージカルじゃないので、一人一人の感想はなし。というか、書けません(^^;
あ、退団したばかりの龍真咲さんのシシィは意外とイケてましたよ。まだ男役が抜けてないんじゃないかと思ったけど全然そんなことなくて、歌も特に問題なく、これは次回の東宝エリザベート狙ってますね?(*´艸`*)
今回のコンサートは、同じメンバーだとしても毎回変化をつけていくらしいので、全く同じという内容の日がないってことですね。
毎回変わる分出演者の皆さんも大変みたいで、たまに混乱してる感じが親しみやすくて、それを温かく見守る観客との構図がすごくアットホームな雰囲気で、なんだがほっこりしちゃいました(*´꒳`*)

コメント