劇団四季「オペラ座の怪人」 観劇感想

今日は、四季の「オペラ座の怪人」を観てきました。
有名な作品ですが、私は海外の映画バージョンしか見たことがなく、舞台バージョンは初めて。
「ファントム」は宝塚版を何回か観ましたけど、内容が「オペラ座の怪人」とは違う視点で描かれており、人物の設定も少し違いますからね。
あ、そういえば、10年以上前にデートで名駅のツインタワーに行ったら、たまたま劇団四季「オペラ座の怪人」関連の展示があり、その時にこの作品で使われているシャンデリアだけは見たなぁ(笑)
その時の彼氏は舞台関連全く興味ない人だったから、見たというよりシャンデリアの横を通り過ぎたという感じでしたが。
四季の「オペラ座の怪人」は、私が観たことがある映画バージョンにかなり近い演出。
限られた時間の中でどうしても無理がある部分はありますが、よくまとめられているなと思いました。
随所にイリュージョンのような仕掛けが施され、出演者の方々の歌声も迫力満点。
ドラマチックで見ごたえのある作品ですね(^^)
本日のキャストはこんな感じでした↓

では、またメインキャストを中心に感想を一言ずつ。


オペラ座の怪人役の芝清道さん。
ともすると怖い怪人やただの悪者になってしまいそうな役ですが、孤独とファンテーヌへの愛、顔面奇形で生まれてきたばかりに不当な扱いを受けてきたことへの怒りと悲しみがとてもよく伝わってきました。さすがですね。
歌声も素晴らしいです。
主役でありながら、声だけの部分が多く舞台上に出る場面は意外と少ないんですけど、大きな存在感と貫禄でそれを感じさせません。
結末を知っていても、やはり最後の場面は切なくて泣いちゃいます。
クリスティーヌ役の久保佳那子さん。
可憐でありながら、とても芯の強いクリスティーヌ。
柔らかく美しい歌声。クリスティーヌのイメージに合っていると思います。
高音がきれいに伸びて心地良かったです(^^)
ラウル役の鈴木涼太さん。
ダンディで正義感の強そうなラウルでしたよ。かっこいいです。
クリスティーヌを思う純粋な気持ちがよく伝わってきました。
カルロッタ役の吉田絢香さん。
オペラ座のプリマドンナとしての存在感がすごいですねぇ!歌も素晴らしいです。
微妙なおかしみを感じさせる歌い方やしぐさ、そのさじ加減がとてもうまいと思いました。
今回、一番印象に残ったキャストかも(*´艸`*)
マダム・ジリー役の早水小夜子さん。
オペラ座の謎をいろいろ知っていそうなダンスコーチを、不思議な雰囲気を漂わせつつ演じてらっしゃいます。
セリフ一つ一つに重みをもたせる演技に、貫禄を感じました。
メグ・ジリー役の中里美喜さん。
クリスティーヌのことを心から心配するメグの一生懸命な気持ちがよく伝わってきます。
とてもキュートです(*^-^*)
レミゼに出演されていた伊藤さんもアンサンブルとして出てらっしゃいました。
それとアンサンブルにロシア系と思われる男性が一人いらして、踊る姿がとても美しく見とれてしまいました。
なかなか全員の印象を書けないのがもどかしいです。
決して他の人たちが印象に残ってないわけではなく、その逆です。たくさんあり過ぎてどうまとめていいか分からなくて・・・(^^;
四季の作品を観たのは2回目なので詳しいことは分かりませんが、メインキャストもアンサンブルキャストもレベルの高いメンバーが揃っていたのではないかと思います。
ぜひ、また観たいです~♪

コメント