劇団四季「マンマ・ミーア!」

今日は、名古屋で上演中の「マンマ・ミーア!」を観てきました。
「マンマ・ミーア!」は映画では見たことがありましたが、劇団四季の舞台では初めてです。

劇団四季の舞台を見慣れていないせいか、最初のうち独特のセリフ回しに違和感を感じましたが、そのうち「マンマ・ミーア!」の世界に引き込まれて、気にならなくなりました。
独特のセリフ回しというのは、要するに発音をはっきりさせて、観客がセリフを聞き取りやすくするという事なんだと思います。ただ、それが逆に災いして、ときどきセリフが棒読みのように聞こえてしまうことがあるんですよね(^^;
でも、この発音をはっきり言う事とセリフを自然に話す事を両立させるのって、そうとう熟練の技が必要じゃないかと思います。
私は滑舌が悪いので話すためのボイストレーニングを受けているのですが、発音を意識するとロボットがしゃべってるみたいにぎこちなくなっちゃいますもん(笑)
さてさて、「マンマ・ミーア!」の感想を書きましょうか。
ABBAの楽曲満載で、一緒に踊れちゃいそうな楽しいミュージカルですよね。
とっても元気になれます(^^)
映画を観た時は微妙な年頃ながら、どっちかというとドナの娘ソフィに共感してましたが、今は私もドナ、ターニャ、ロージーの年齢設定と近い年齢なので、今回は断然この3人に共感しちゃいました。私は独身なので、特にロージーに(笑)
観ている人にとっては、この作品の登場人物の誰かに必ず共感できるんじゃないかと思うような作品です。
ABBAの曲が作品のメインになっているだけあって、歌のうまいキャストが集まってますね~。
とても聴きごたえがありました!
俳優さんたちは初めて観る方々なので、よく分からないのですが、書ける範囲で・・・


ドナ役の江畑晶慧さんは、さわやかな色気と大人のかわいらしさが出ていて魅力的!
ソフィを愛する気持ちがにじみ出ていて、ソフィ役の斎藤舞さんと本当の親子のようです。
その斎藤さんのソフィは、元気でとってもキュートな女の子という感じ。若さゆえの無謀な行動とそのことから起こる騒動に自分が絡め取られて訳わかんなくなって、悩んでる姿もかわいらしいです。
ターニャ役の光川愛さんは、色気ムンムン、若い子も惑わせちゃう。いかにもセレブ感がよく出ています。スタイル抜群で羨ましい・・・
ロージー役の久居史子さんは「結婚なんて!」と言いつつメッチャ意識しているのに、それが嫌らしくなく、逆にかわいらしく見えます。不器用ながら恋愛で試行錯誤しているところに共感してしまった(笑)
ソフィの父親候補1のサム役の芝清道さんは、最初はなんだか冴えない感じで出てくるけど、だんだんかっこよく見えてくるのが不思議。ドナのことを愛していながら、素直になれなくて、挙句の果てにスカイと喧嘩したソフィに若い頃の自分を見て「もうだめだから別れなさい」なんて言ってしまう不器用さがなんとも愛しいですね。
父親候補2のハリー役の佐野正幸さんは、立ち振る舞いがなんだか優雅ですねぇ。他の父親候補とは違うお金持ちなイメージを彷彿させます。ハリーにとってドナが最初で最後に愛した女性?って思ったんですが、そういう事ね(笑)
父親候補3のビル役の深水彰彦さん、なんかすごくキュートなオジサンといった感じ。「冒険家には家族はいらない」と言いつつ寂しさをにじませ、ドナにはあまり絡まない。ロージーとは通じるものがあって・・・という感じですね。
ソフィのフィアンセのスカイ役の竹内一樹さんは、ピュアなさわやか青年。ソフィを愛する気持ちがよく伝わってきます。ソフィとスカイ、とても初々しくてかわいらしいカップルです♪
覚えてるのはそんな感じかなぁ。
他にもソフィの友だちーズとか、ドナの店で働く男の子達とか若々しく元気でエネルギッシュなメンバーがそろってましたよ。ダンスもかっこよかったです。
カーテンコールの時は会場も総立ちで手拍子やダンス、ダンス、ダンス!とっても楽しかったです~(*^-^*)

コメント