ミュージカル「レ・ミゼラブル」プレビュー公演初日

昨日、レミゼのプレビュー公演の初日を観てきました。
昨日は朝から駅の点字ブロックにヒールが引っ掛かりバランスを崩して転ぶという、今までにない転び方をして膝を擦りむき、ストッキングは破れ、捻挫までしてしまって「朝からツイてない・・・天気悪いし・・・」と足を引きずりつつ落ち込み気味で東京へ向かいましたが、劇場に着いたら会場の雰囲気に落ち込んだ気分も吹っ飛んじゃいました!プレビュー初日の独特の緊張感と高揚した雰囲気に私もなんだかテンションが上がってきちゃって(笑)
ちなみに捻挫した足は、レミゼパワーのおかげで(?)一晩寝たら痛みは引いてました(^^)

それにしても、あれだけの「もう、待ちきれないっ!!」と言わんばかりのワクワクドキドキな興奮に包まれた会場の雰囲気は初めて味わいました。レミゼは本当にミュージカルの中でも特別な作品なんだなぁ。
私はレミゼファンとしては、生まれたばかりのひよっこですから知らないことだらけです。そのひよっこの私が、ものすごい洗礼を受けた気分(笑)
幕が開いてからも場面ごとの曲が終わるたびに「待ってました!」と言わんばかりの熱い熱い拍手が会場から湧きおこっていて「うわぁ~、すごいなぁ!」って、出演者の方々からの迫力ある歌声と会場の熱気に終始圧倒されっぱなしでした。
細かい変更点については、私は2013年に名古屋公演を1回2階席の後ろの方から観ただけなので、その時に気づかなかった部分や忘れていることも多くてよく分かりませんでしたが、エポニエーヌが死んでしまう場面が映画のレミゼと似た演出に変更されてたのだけは分かりました。
全体的に前回観た時よりは明らかに分かりやすくなっているのは感じましたね。
プレビューの期間中にまた変更があると思うので、本公演ではどうなっているのかまた楽しみです♪

恒例のキャストの方一人一人の感想は、覚えている範囲で書いてみたいと思います。
昨日のプリシンバルキャストは、吉原光夫さん(ジャン・バルジャン)、川口竜也さん(ジャベール)、知念里奈さん(ファンテーヌ)、笹本玲奈さん(エポニエール)、原田優一さん(マリウス)、若井久美子さん(コゼット)、駒田一さん(テナルディエ)、森公美子さん(マダム・テナルディエ)、上原理生さん(アンジョルラス)でした。
さてさて、どこまで書けるかな…


吉原さんは、周囲から冷たくあしらわれて荒んでしまったジャン・バルジャンから司教様に出会って諭され、だんだん変わっていく様子を丁寧に演じ、後半へ行くほど柔らかく懐の深さを感じさせるジャン・バルジャンになっていました。
心が荒んでいるジャン・バルジャンの激しく力強い歌声から、後半に向かっていくにつれて柔らかく優しい歌声に変化していたのが印象的。
川口さんは、自分の信じる道をまっすぐ突き進む実直なジャベールが、ジャン・バルジャンの変化を目の当たりにして、気持ちが揺れ動き、ジャベールの信念が崩れて混乱し、心のバランスを崩していく様子を丁寧に演じているのを感じました。
知念さんのファンテーヌは、純粋で疑うことを知らないお嬢さんが工場を追い出されて、だんだん落ちて荒んで行く様子は切ないながらも、母親の強さを感じさせます。
原田くんのマリウスは、若々しくとてもピュアな印象。革命と恋のはざまで揺れ動く気持ちを丁寧に表現していました。ジャン・バルジャンに助けられた後、コゼットと共に生きて行く決心をした後のマリウスが精神的に成長し強くなった感じがよく出ていたと思います。
若井さんのコゼットは、明るく無邪気。小説で描かれているジャン・バルジャンに引き取られてからのコゼットのイメージに近いかも。マリウスに出会い、初めての恋に戸惑い、浮かれている様子がかわいらしいです。
駒田さんは、何を考えているか分からない不気味さと滑稽さ、生きて行くためならどんなことでもする泥臭さと逞しさを感じさせるテナルディエです。森さんのマダム・テナルディエとの息もピッタリ!
森さんのマダム・テナルディエは、いかにも意地悪なおばさんと言った感じ(笑)でも、どこか憎めないかわいらしさがありますね。駒田さんと共にコミカルなしぐさで会場の笑いを誘ってらっしゃいました。
玲奈ちゃんのエポニエーヌは、雑草のような強さとマリウスへの恋心を分かってもらいたいと懸命になるいじらしさ、最後はマリウスに気持ちは届かないかもしれないけど、せめて革命の戦中で死ぬまで傍にいたいという切ない気持ちが伝わってきて、胸が痛かったです。
そうそう、エポニエーヌの髪型がプログラムではロングヘアですが、鬘なしで短いボブスタイルになってました。
上原くんのアンジョルラスは、情熱の中にも柔らかさを感じましたね。
上原くんは、去年「ミス・サイゴン」で観た時は、声は最高だし、歌もうまいけど、演技はまだ粗削りな部分があって、歌ってる時はそうでもないのに演技になるととたんに肩に余分な力が入ってしまうような印象だったんですよ。
でも、昨日観た時にいい感じに肩の力が抜けて柔らかさと繊細さが出てきているのを感じて「お!成長したなぁ」と。ますます先が楽しみですね(^^)
それから、上原アンジョルラスは2013年の時は写真と動画でしか見たことがありませんが、それと比べて今回は後れ毛が少なめのスッキリまとまったヘアスタイルに変わってました。
それからプレビュー初日からキャストの皆さんが作っている「TRICOLORE新聞」も配布されていますので、幕間に読むのにちょうどいいです。
ひよっこレミゼファンの私は、お勉強のためにこの新聞は欠かせません(*^^*)

コメント