「モーツァルト!」大阪公演

今年の初観劇という事で「モーツァルト!」を観に大阪へ行ってきました。
去年の暮れにも東京で観たので、今回は軽くいきます。
今日の役替わりキャストは、ヴォルフガング役・井上芳雄くん、コンスタンチェ役・ソニン、ヴァルトシュテッテン男爵夫人役・春野寿美礼さん、アマデ役、日浦美菜子ちゃん。
私が東京公演で観た時と違うのはヴォルフガングとアマデだけなので、そんなに大きく作品の雰囲気が変わったとは感じませんでした。
でも、やはり前回観た時よりも作品の成熟度が増していた気がします(^^)
今回の公演でヴォルフガング役を卒業されるという井上くんが演じるヴォルフガングは、思春期特有の様々な事への苛立ちや反発、大人になってからの父親との確執やなかなか成功しないことへの苦悩、思いがすれ違うコンスタンチェとの関係、父親が亡くなり最後まで認めてもらえなかったことの悲しみ・・・全てが分かりやすく繊細に表現されていて、伸び伸びとした歌声も素晴らしかったです。
山崎くんよりも自由奔放さがよく出ていたような気がします。
アマデ役の美菜子ちゃんは、とても表情豊かでかわいらしかったです。この役を楽しみながら演じているのが伝わってきました(*´∀`*)
コンスタンチェ役のソニンは、相変わらずパワフルな歌声に圧倒されます。モーツァルトと出会った直後の素朴な雰囲気から一転、結婚後のヴォルフガングとの気持ちのすれ違いやお金をむしり取っていく家族たちに悩みつつ、最悪の環境の中でも懸命に生きようとする雑草のような強さを感じます。
山崎くんが相手の時は、コンスタンチェが引っ張っていくような感じがありましたが、井上くんが相手の今回は繊細さもにじみ出て、コンスタンチェがよりいじらしくかわいく見えました。
レオポルト役の市村正規さんは、井上くんとの役を通じた信頼関係がしっかり出来上がっているようで、ヴォルフガングの父親としての感情をストレートに出ていたように思います。それゆえレオポルトとヴォルフガン親子の心のすれ違いが鮮明となり、ストーリーも分かりやすくなった気がしました。
ナンネール役の花總まりさんは、どちらのヴォルフガングに対してもそれほど大きな違いはなかったかな。
やはり回数を重ねた分、役が深まっていて、子ども頃のナンネールと大人のナンネールの違いははっきり出ていたと思います。最初のうちはヴォルフガングが成功することを夢見て応援していたけど、現実を知った時、大きく揺れ動く気持ちがよく伝わってきました。
ヴァルトシュテッテン男爵夫人役の春野さんは、前回観た時は正直、役としてまだ定まっていないような印象を受けたのですが、今回はヴォルフガングを成功へと導く役として安定し、存在感が出た感があります。歌声も気持ちよく心に響きました。
コロレド大司教役の山口祐一郎さんは、ヴォルフガングの前に立ちはだかる大きな壁として迫力が増した分、コミカルな場面とのギャップがなんともステキです(笑)
コロレド大司教は、ひねくれているけど、ヴォルフガングに対する愛情のようなものもうっすら感じさせます。
後はそうですねぇ・・・コンスタンチェの母・セシリア役の阿知波悟美さんは、いい感じで意地悪度が増してました。でも、なんだか憎めない魅力を感じさせます。
それから、ヴォルフガングにオペラの作曲を頼む劇場の支配人シカネーダー役の吉野圭吾さんは、出てくるだけで場の雰囲気がパッと明るく軽くなります。振り切れていて、こういう役の吉野さんもいいですね♪
覚えているのはそんなところかな・・・アンサンブルの皆さんもそれぞれ見せ場があって、個性が光ってて素敵だったんですけど、いつものことながら全部は覚えていられないし、書けなくて申し訳ないです。
今週はもう一本、「ヴェローナの二紳士」を観る予定です。
大学の単位認定試験が1週間後に控えているというのに、大丈夫か、私?ヾ(;´▽`A“

コメント