『ア・ソング・フォー・ユー』観てきました

今日は『ア・ソング・フォー・ユー』の名古屋公演を見てきました。
前から3列目の下手側だったので、舞台に近すぎてちょっと首が痛かった(笑)
カーペンターズの曲が流行していた70年代の日本が舞台。ちょうど私が生まれた頃だわね(*^m^*)
ほとんどカーペンターズの曲で構成されています。
お話の中の人たちはみんなそれぞれが不器用ながらお互い支えあって一生懸命生きている、そんな日常が幸せの原点なんだと気づかせてくれるハートフォーミングなお話でした。
ライブハウスを経営する夫婦を演じる尾藤イサオさんと杜けあきさん、そしてそこの料理長を演じる上條恒彦さんがとてもいい味を出していて、とても素敵♪
上條さんのと尾藤さんの歌声は初めて聞いたのですが、お二人とも味のある素敵なお声ですね~(´∀`*)
主役の川平慈英さんと春野寿美礼さん。
川平さん演じる売れないロックシンガー征司がなんとも不器用で熱くて憎めない性格でなんともチャーミング。こういう男性は嫌いじゃないかも(笑) 主役でお笑いこなすのね~(゚▽゚*)♪
こういう役を演じてる川平さんもステキだなぁ(*^m^*)
そして我らが歌姫・春野さん演じるSHOKOは、啖呵を切るところがいいこと!(笑)でもSHOKOもまた不器用で、いろいろ一人で抱え込んで悩んでる・・・そんな等身大の女性を演じてる春野さんもいいですね~。ますます磨きがかかった歌声も、大好き❤
羽場祐一さん演じるSHOKOの元恋人の国枝は後半の事件の引き金になってしまうキーパーソン。出番もそんなに多くないし地味だけど重要な役どころ。少ない出番の中でもSHOKOへの気持ちと仕事での焦りがすごく分かりやすく、その存在感とともにやっぱり素晴らしい役者さんだなと思いました。
それから若者チーム。男子も女子も、も~、みんなかわいいこと!(いきなりおばちゃん発言・笑)
SHOKOとトリオを組んで歌っている・・・え~と、役名を忘れた。松本紀保さんと吉沢梨恵さん。そして征司の妹を演じている大和田美帆さん、フォークソングを歌うグループを演じる上田裕介くんと山口賢貴くん。
このメンバーが青春の甘酸っぱい雰囲気を醸し出していて、なんかいいわぁ~!みんな歌うまいし。
このカンパニーは本当に仲がよさそうですよね。カンパニーのメンバーが醸し出す温かい雰囲気が客席に伝わって、それがまた客席から舞台に返されて・・・会場全体が温かい雰囲気に包まれているように感じました。
そして今日は大和田さんのおばあさまが観に来ていらして、さらに今日が89歳のお誕生日だったそうで、カーテンコールの時にメンバーから促されて大和田さんがそのことを発表。会場も一緒にハッピーバースディを歌うというステキなサプライズもありました。
なんか心がホカホカになって帰ってきました。素敵な時間をありがとうございました( ´ー`)

コメント