宝塚月組全国ツアー『わが愛は山の彼方に/Dance Romanesque』

前日に風邪で寝込んで、今日もまだ体がふわふわと変な感覚のまま、チケットを無駄にしたくなくて名古屋公演を観に行ってきました。
1階の一番後ろの席。先行抽選でチケット取ったはずなのになぜ?ちょっと納得がいかないんだけどぉ~
まあ、いいや、今日の私の体調から考えれば逆にあの席でよかったのかも。
今日は変な感覚のまま見たせいか、夢なのか現実なのか分からないまま終わっちゃった感じがする
まあ、宝塚は夢の世界だからいいんだけど・・・(笑)
記憶もあまり定かじゃないので、いつもは主な出演者一人一人の感想も書いてるけど今回はパスさせてください。
ではお芝居の方から。
この作品は前にテレビで星組バージョンを観たんだけど、いまいちよく分からなかったんですよね。
今回はシンプルに分かりやすくまとめられてたと思います。
植爺お得意の説明セリフは健在でしたが、控えめだったし。
高麗・崔家の娘・万姫(蒼乃夕妃さん)の気持ちが丁寧に描かれた分、高麗の武将・朴秀民(霧矢大夢さん)の部分が多少省かれた感があったかな。
でも、秀民が歌う場面で十分伝わってくるものがあり、説明なんてなくても大丈夫!さすがキリヤン!
敵国である女真国の将軍チャムガ(龍真咲さん)が全体的に抑え気味の落ち着いた演技で魅せてくれます。
主演の3人と万姫の乳母・柳花(一原けいさん)と侍女の楚春(憧花ゆりのさん)、崔家に仕える永順(磯野千尋さん)、秀民の副官・玄喜(青樹泉さん)、チャムガの副官・エルムチ(越乃リュウさん)以外は特に役はないですが、プログラムを見たら、いろんな人がそれぞれいろんな場面で出ていてその他の人の方が大忙しだったようですね(^^)
ストーリーの前半では玄喜と楚春の掛け合いの中でちょこっと名古屋弁を使ってくれました♪
なんて言ってたか忘れちゃった。帰りの電車に乗るまでは覚えてたんだけどなぁ~
ん~、なんかあまり感想になってない気がする。まあいいや。
ショーに行きましょうか。
本公演では明日海りおさん中心の「月色男子」だった場面が、龍真咲さん中心の「月下美男」になり曲も変わってました。「月色男子」が韓流アイドル風だったのに対し、「月下美男」はどちらかというとジャニーズ系なイメージ?あくまでも私の感想ですけど(笑)
他は本公演がどうだったか覚えてないので、どこが変わってたか分かりませんが、全体的に人数が半分以下になったとは思えないほどパワフルで楽しかったです。
トップコンビのデュエットダンスも色っぽく、かっこよく本当にため息が出るほど素敵だったし♪
そういえば、まさおくん歌う場面でちょっと声が出にくそうにしてた時があったけど大丈夫かな?
いや~、それにしても月組はいい若手がいっぱいいるなぁ。
今回は席が遠すぎて誰が誰やら分からなかったのが残念だけど、若手の成長ぶりが今後も楽しみです♪
そして、まさおくんも2番手として大きく成長しているのを改めて強く感じました。ただ、次期トップとしてはちょっとまだ頼りない気も・・・
もっとも、私のご贔屓だった春野寿美礼さんがトップに決まった時も「ええ~!大丈夫かな?」って思ったけど(笑)
次はキリヤンとまりもちゃんのサヨナラ公演になるんですね。
この安定感のあるトップコンビが大好きなので、是非観に行きたいと思います。

コメント