甥っ子怪獣がやってきた

どーでもいい話

昨日、急に下の妹が息子を連れて遊びに来た。
うちの母はまた登山に行っていて、カナダから一時帰国している上の妹も出かけて、昨日は家には父と私だけ。
父は孫が来るって喜んでたけど、私は風邪をひいてしまって正直甥っ子の相手どころではない状態。
でも、甥っ子が来たらおちおち寝ていられない。
しんどかったので寝てたんだけど、妹たちが来たので起きて身支度をしていたら「うんしょ、おいしょ」というかわいらしい声が聞こえてきた。甥っ子が階段を上っているらしい。
しばらくして私の部屋の前で「なぁたん!なぁたん!」と大声で呼ぶので「はぁい」と返事をすると戸をガラガラ~と開けて入ってきた。(甥っ子は私のことを「なぁたん」と呼ぶ)
甥っ子は大人たちの話をしっかり聞いていて『”じぃじ”と”かぁしゃん”の話からすると”なぁたん”は上の部屋にいるみたいだ』と察して2階まで私を探しに来たらしい。
私の姿を見つけて「はぁ~、いたぁ~♪」と満面の笑みで飛びついてきた。
この笑顔を見たら多少無理しても相手をしてやりたくなってしまう伯母バカ(笑)
お昼ごはんを食べたらお昼寝してくれるだろうから私もその間休ませてもらうつもりだったが、こういう日限って全然寝てくれない。それどころか、どんどんテンションが上がり元気よく走り回る。

父が「2人を買い物に連れて行くから、その間休んでなさい」と言ってくれてホッ。
出かける時になって、私が玄関で見送ろうとしたら甥っ子が「あ~、なぁたん!」と言いながら私の後ろに回って「う~ん、う~ん」とうなりながら私を押し始めた。どうやら私にも一緒に来て欲しかったらしい。仕方がないので、車に乗るところまでついて行くことにした。車に乗せてしまえば何も言わないんで(笑)
1時間ほどして爺バカの父と親バカの妹が電車のおもちゃを買って帰ってきた。
でもそんなものでおとなしく遊んでいる甥っ子ではない。甥っ子がゴジラのごとく父が組み立てたレールを踏みつけ、崩していく( ̄▽ ̄;)
それでも何とか丸くレールをつなげ、電車を走らせると甥っ子は動く電車を指差して「お!お!ぶっぶ~」とうれしそう。甥っ子に言わせると乗り物は全部「ぶっぶ~」なのだ。
一通り遊んで疲れたらお昼寝してくれるんじゃないかと期待したけど、全くダメ。甥っ子が人の体や座布団などに頭を押し付けてスリスリしたり、床でゴロゴロし始めたら眠くなったサインなんだけど、そのサインを出しながらも寝ようとしないのよ。
夕食を食べさせて、帰る頃にやっとお休みモードに入ったみたいで車に乗せたらすぐ寝てしまった。
そして私は妹と甥っ子が帰ったとたんに気が抜けてフラフラ、動けなくなっちゃった(^_^;)
まだ風邪が治りません。
花粉症と風邪のダブルパンチでつらいよぉ(。→д←。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました