ミュージカル「マルグリット」

昨日は「マルグリット」大阪公演の千秋楽に行ってきました。
おせじは下手なので書きません(笑)
劇場内に入ってまず目に飛び込んでくる巨大なマルグリット(春野さん)の顔!これが話題になってた映像かぁ・・・
本当にまばたきしてるぅ~!すご~い!
劇中でも使われているハイテクな映像技術に感心しました。
さて、ミュージカルですがフランスの史実に基づいた脚本で、単にラブストーリーというだけではなく、戦争の恐ろしさや愚かさを訴えるシリアスな内容です。
冒頭からマルグリットが「フランスを裏切りった女」として虐げられる場面、そして「なぜこんなことになったのか」を見せるような感じで場面はマルグリットの誕生日パーティー、そしてマルグリットとアルマンの出会いへと話は進みます。
この作品、フランス人はどう捉えるのかなぁってちょっと興味があります。
タバコを小道具として使っている場面が多く、客席にも煙が来ます。タバコが嫌いな方は前の方の席だとつらいかも・・・
メチャメチャ展開が早いですが、話の内容はとても分かりやすいと思います。
それにしてもラブシーン多いですね!マルグリットとアルマンは出てこれば抱き合ってるんじゃないかと思うくらい(笑)
マルグリットはナチス占領下のフランスで生き残るためにナチス将軍の愛人となった女性。
春野寿美礼さんのマルグリットは、表では強がって自由奔放に振舞っているけど、一人になると歌手をやめナチスの愛人となり老いていく自分を哀れみ苦悩している時に、突然目の前に現れた若いアルマンに希望の光を見出したといった感じでしょうか。
年下の男性から見ても「かわいい女」と思うであろう部分は見られましたが、大人の女性としての色気が足りない気がしました。
後、春野さんは華奢なのでどうしても弱く見えてしまうんですよね。もうちょっとマルグリットの図太さというか強さの部分を前面に出してもよかったんじゃないかと思います。
歌はコンサートの時より高音もきれいに出ていてよかったです。まだまだ進化していきそうですね♪
田代万里生くんのアルマン、若いなぁ、かわいいなぁ(笑)
ミュージカルは初挑戦ということで、まだ肩に力が入ってる感じはするけど、歌の方はさすがですね。すばらしいです!!
若さゆえの無謀な行動とか、胸がキュンとしちゃいます( *´艸`)
寺脇康文さんのオットーはとても人間くささが感じられる仕上がり。マルグリットを愛するがゆえの苦悩や嫉妬が後半の冷酷な行動につながるんですね。納得です。
寺脇さんは歌うときは声が高くなるんですねぇ。お芝居している時は、多分五十過ぎくらいのナチス将軍で渋いオットーのイメージなのに歌になると急に若々しい歌声になるから、アララってずっこけそうになる(笑)
飯野めぐみさんのアネットは、アルマンのお姉さん。バンドメンバーをまとめる姉御肌のリーダー(?)で、弟思いで芯の強い女性といった感じ。
歌がお上手な方ですね。歌詞が聞き取りやすく、心地よい歌声でした。
山崎裕太くんのピエロー、軽いノリの中にも内にいろいろ抱えていそうな雰囲気。ストーリーの重苦しさを和らげる大事な役どころをしっかりこなしていましたよ。
ドラムの上手下手については分かりませんが、生演奏とてもかっこよかったです♪
tekkanさんのルシアンはバンドメンバーでアネットの恋人。アネットが好きでたまらないって感じですね。歌はすごく上手いという訳ではないけど、気持ちがすっと心に入ってきます。
ベースの演奏も今回の作品のために始めたばかりとは思えないほど素敵でした。
横内正さんのジョルジュ。あちこちコネがあるらしく、アルマンやルシアンたちのバンドの仕事の世話をしている人物。マルグリットの「お友達」の一人。ナチスドイツが戦争に負けた後マルグリットへの態度が豹変する。
フランス国民のナチス協力者への態度を表す代表的な存在として重要な役だと思います。
ベテランの貫禄があってとてもダンディーな方。歌声も素敵です♪
アンサンブルの方々もそれぞれ個性のある役作りと素晴らしい歌声で、作品を盛り上げてらっしゃいました。
大阪千秋楽のカーテンコール、何回あったか忘れました(笑)


最初の2回くらいはお辞儀のみ、何回目かに寺脇さんがなぜか声に出さず「挨拶した方がいい?春野さん?」とジェスチャーで。そして周りもうなずきあって「春野さん、どうぞ」と全てジェスチャーで。そこへすかさず山崎くんがこれまたジェスチャーで「ねぇねぇ、オレもいい?」寺脇さん「ダメダメ、やめとけ」とジェスチャーで返す。会場は爆笑!
改めて「春野さんどうぞ」となって春野さんが「本日はありがとうございました」と挨拶して幕。
次に開いて全員のお辞儀の後に寺脇さんが挨拶をしようとしたら幕が降り始め、客席から「あ~!」声が上がり、気づいた寺脇さんはしゃがみこんで話そうとしてしてました。その後途中まで降りかけた幕はまた上がったんですけどね。記憶が定かではないのですが、寺脇さんの挨拶の後いったん幕が下りたのかな?
「本日の公演はこれで終了させていただきます」のアナウンスの後、もう一回幕が開き、寺脇さんが「ではここからは山崎裕太ショーを8時までかかりますけど・・・えっと今何時?」皆して時計を見るしぐさし、田代くんが「今、4時42分ですね」から始まって寺脇さんと山崎くんのコントのような会話が(笑)
確か、ピエローが盗んだものを出してみせる時に葉巻とチーズとストッキング、最後にたこ焼きを出そうかと思ったとか、最後に医者を探しに行く場面で会場に「お医者さんはいませんか?」って声をかけたらとか・・・
その後、寺脇さんから「最後にこのカンパニーの影のボスを紹介します。横内正さんです」と紹介された横内さん、キョトンとされてました(笑)
周りがやくざのボスに挨拶するような感じで頭を下げて横内さんに「どうぞ」とやるので、照れながらも「え~と、春野さんをいじめてごめんね。でも本当はやさしいんだよ」とおっしゃってました。会場からは温かい拍手。
寺脇さんのトークにずっと笑いっぱなしだった春野さん、最後の挨拶を促されても笑いが止まらず口元を押さえると、すかさず寺脇さんが「どうしたの?よだれ?」とツッコミを入れ、余計笑いが止まらなくなってしまう。
なんとか気を取り直して「本日は・・・」と言おうとしたら、なぜか会場から笑いが。またまた寺脇さん「あぁ~、よだれ垂らした後だからねぇ」とつっこむ(笑)
芝居中は笑いをとることができないから、カーテンコールで寺脇さん本領発揮!って感じでした楽しい
この作品、期間をおいてもう一度みたいですね。熟成されたらもっと良くなるんじゃないかと思う。
名古屋でもやってくれないかなぁ

コメント