宙組 中日劇場公演

今日は「外伝ベルばら アンドレ編/ダンシング・フォー・ユー」を観てきました。
宙組を観るのは、何年ぶりだろ~(笑)
和央さんが宙組トップになったばかりの頃に中日公演で観て以来だわ。
宝塚は春野さんのために通ってたようなものだから、花組以外はあまり知らないのよね。特に宙組は縁がなかった・・・
だから宙組はトップの二人と二番手、三番手以外はほとんど顔と名前が一致しません(^_^;)
しかもプログラムを買わなかったので、どこに誰が出てたとかさっぱり分かりません。これで感想が書けるのかな(苦笑)
毎年、中日劇場公演は観てるけど、今回の演目が「ベルばら」だったんで観るか迷ったんですよ。
でも、たまたまチケットが手に入ったんで観に行ってきました。
「ベルサイユのばら」原作は好きなんですが、ヅカの「ベルばら」は拒否反応が出ちゃうの汗
ショーの方は楽しかったですよ♪
そんでは、アンドレ編の感想にいきましょうか。
相変わらず演出・脚本が散漫な印象。衣装も全体的に地味です。
そして娘役の活躍の場はほとんどなし。
原作にないアンドレの幼馴染マリーズが出てきたことでストーリーも崩壊してしまっています。
でも、去年見た「アラン編」で免疫がついたのか、今回はベルばらの番外編パロディとして楽しむことが出来ました。
いやぁ~、ツッコミどころ満載で笑えましたよ!
何しろ、タニちゃんたちのアンドレ&オスカルのベルばらをやっている脇で、本編と関係なくマリーズ&ブイエ将軍でマイ・フェア・レディーもどきをやっていて、無理やりこじつけてますもん(笑)
ジェンヌさんたちは本当によく頑張ってると思います。ハチャメチャなストーリーでも力技でねじ伏せてなんとか形にしてますもん。
それにしても、なぜ娘役がオスカルをやっちゃいけないの?
うめちゃん(陽月華さん)ならオスカル役を十分に果たせただろうに。
植田爺はオスカル中心の「オスカルとアンドレ編」をすでにやってるから、かぶることを恐れたのかもしれないけど、原作にない役をわざわざ作らなくてもアンドレ中心で違うものを作ることは十分に可能と思うんだけどなぁ。
何のために出てきたのか分からないプロヴァンスの田舎娘マリーズ役(しかもなぜか土佐弁!)をトップにやらせるなんてもったいない・・・
うめちゃんは純真でかわいいマリーズを演じたと思います。
舞台を見た限りではどうみても二十歳前にしか見えない。
だけど幼児の頃の「結婚しよう」って言葉を信じて10年以上音信不通のアンドレを追いかけてくるって・・・・
しかも原作ではアンドレはオスカルの一つ年上で、フランス革命の頃はアンドレもオスカルも30代。アンドレとマリーズが幼馴染という設定なら年もそんなに変らないはず・・・と考えると「ありえな~い!!」が満載!
タニちゃん(大和悠河さん)、声がしゃがれちゃってたけど大丈夫かしら?
タニちゃんは原作に忠実に演じ、オスカルを一筋に愛するアンドレに仕上げてました。
それゆえ余計マリーズの存在が浮いてしまっていた・・・
オスカルとベルナールは早霧せいなさんと凪七瑠海さんで役代わりだったようですね。今日は凪七瑠海さんがオスカルでした。
凪七 瑠海さんについては今度月組のエリザベートでシシィ役に大抜擢されたことで初めて知ったので、「ああ~、この子が今度シシィをやるのかぁ」って思いながら見てました。華のある男役さんですね♪
オスカルの女性らしさの部分もさりげなく出していて、アンドレだけでなくジェローデルやアランまでもが惚れてしまうのも納得できます。
私、若い子には甘い?(笑)
みっちゃん(北翔海莉さん)はどこか憎めない愛嬌のあるアランだった気がします。
悠未ひろさんのフェルゼンはオスカルに恋心を語らせるだけに出てきます。
それでも存在感は十分。
早霧さんは、えらく男前なベルナールでした。
セリフはほとんどなかったもののちょこちょこ出てたような気がする。
十輝いりすさんのジェローデルも確か1場面だけ。
とても落ち着きのある大人なジェローデルだったんで、若手ながらなかなかやるなぁって思って、印象に残ってます。
邦なつきさんのマロングラッセがすごくチャーミングでした♪
ジャルジェ将軍は娘のオスカルのことでや悩みつつもどこか愛嬌があり、器の大きさも感じられました。
あ、そうそう、今までのベルばら公演ではオスカルの敵役の様になっていたブイエ将軍がこの公演ではいい人になってたよびっくり
今回のブイエ将軍はなんか哀愁を帯びたおじさんやったわ。
「ダンシング・フォー・ユー」はタイトルどおりダンスがメインのオーソドックスなショーです。前半にタニちゃんの客席降りが1回、後半タニちゃんとうめちゃん2人での客席降りが1回あり。
フランス、スペイン、アメリカ、アラビアなどを巡っていくイメージかな。
どこの場面がとか細かいところまでは覚えてません。
歌は北翔さんや花影さん辺りが担当。
宙組は大きい子が多いから男役の群舞とか人数が少なくても迫力があっていいですね!娘役の群舞も2回くらいあってこちらもきれい♪
そういえば、男役の子で一人すごく髪の色が薄い子いて、しかももみ上げ部分は茶系(?)で書かれてるから、光が当たると余計髪が白っぽく白髪のように見えてしまい、なんだか「なぜにあんな色にしちゃったのぉ?」って気になって仕方がなかった(笑)
席が遠くてオペラも持ってなかったから誰だか識別できなかったんだけど。
エトワールは花影アリスちゃんだったかな?
プログラムがないから確認できず。
透き通るようなきれいな声でかわいらしい娘役さんですよねぇ。
久々にヅカを観ていい気分転換になりました♪
さ、また明日から頑張るぞ楽しい

コメント