花組「ラブシンフォニー」

今日はお約束どおりショーの感想を書きます。
ラブ~は群舞が多いんですけど、オペラグラスなしで観たため、誰がどこにいるのかさっぱり分からず、顔の判別も難しく、また視力が落ちたなぁって思ってちょっとショックでしたショック
なので、大まかな感じで感想を。
このショーはスピード感があり、楽しくて本当にあっという間に終わってしまいます。全体的に大人っぽくセクシーな感じです。
普段出番の少ない下級生たちもそれぞれ見せ場があったようですが誰が誰だか判別できず、オペラグラスを忘れてしまってちょっと悔しかったです。


今回、春野寿美礼さんは歌は少なめで、ほぼ出ずっぱりで踊ってます。ソロ、デュエット、群舞ととにかく踊ってまくってます。
私はオサさんの歌はもちろん大好きですが、やっぱり一番最初気になり始めた頃に目をつけていたのは彼女の品のあるダンスだったので、たくさん観られてうれしいです♪
どの場面だったか忘れたけど、銀橋の上で座り込んで(寝転んで?)前の席のお客をじっと見つめてバッチンとウィンク。いいな、いいなぁ~☆
そうそう中詰めのちょっと前の銀橋渡りではエアギターやってましたね。結構激しく弾いた後、投げ上げてキャッチ!そしてまた弾くって感じで、なんかかっこいいというかかわいいというか面白かった(笑)
桜乃彩音ちゃんも大人っぽくてセクシーな場面があったりして、新しい魅力が出てきたんじゃないでしょうか。ラテンの場面ではなかなかかっこよかったし。もしかしたら凄みのある女役もできるようになるかもしれないなって思いました。
ただ、歌ではやっぱり高音になると何を歌っているのか聞き取りにくくなるのが難点ですね。
ユウくん(真飛聖さん)はもともと華のある男役さんですが、しばらく彼女の持ち味がいまいち出しきれてない感じがして心配だったけど、最近はまた調子が出てきたかな?歌もダンスも堂々としたものになってきましたし、これから花組トップとしての活躍が楽しみです。
壮くん(壮一帆さん)はユウくんほどの華はないですが、一声発しただけで空気が変わる存在感とさわやかさがいいですね。歌もすごく上手いってわけじゃないけど、さわやかそうなオーラを出しつつ、力ずくで観客をねじ伏せてしまうようなパワーがありますし、なかなか面白い人だと思います(笑)
みわっち(愛音羽麗さん)は今回、銀橋でのソロがありますが、お芝居での女役の時よりちょっと遠慮がち?場がパッと明るくなるような華やかさがあるのだから、もっと自信を持って堂々としててもいいと思うんだけどな。
それでもポジションが上がって、すごくしっかりしてきたなって思うし、男役としての色気もあるし、これからますます楽しみです♪
まっつ(未涼亜希さん)は歌のソロが増えてた気がしたけど、記憶が定かじゃないです(^_^;) やっぱりまだ地味な感じはありますけど、彼女なりの存在感が出てきた気がします。歌は聴いていて気持ちがいいですし、これからどんなカラーを打ち出してくるのか楽しみです。
ビシッと揃った群舞は圧巻、でもそれぞれの個性はちゃんと出てて、華やかでとても楽しかったです。
お芝居、ショー共に退団する春野さんを頂点に花組皆が力を結集した素晴らしい作品だったと思います。

コメント