カウンセラー養成講座アシスタント初日

初めてだからなんだか緊張してドキドキしながら教室へ・・・
しかも講座内ワークもすごい久しぶりに受けることになって余計ドキドキでしたよ(笑)
まだ対人恐怖があった頃に講座内ワークを受けたことがあったのですが、人にどう見られているのか気になって、周りに人がいて見られてると思うだけで怖くて体が強ばり、そのうち震えだしてカウンセリングどころじゃなくなり、途中で止めてもらったんですよね。
だから今日は人が怖いという感覚がなくなってから初めての講座内ワークでした。で、今回はどうだったかというと自分の問題と向き合うことに集中して、全く周りに人がいることは気にならなかったですね。
自分で言うのもなんですが、この変化はすごいと思いません?(笑)
あ、ちなみにワークというのはカウンセリングのことです。
後は、初日ということで受講生、講師、補助講師、アシスタントがそれぞれ自己紹介をするんですけど、私は自己紹介というものが大の苦手ですごい緊張するんですよね。
やっぱり今日も緊張はしたんですけど、言うべきことはちゃんと言えたのでよかったかな。以前は自分の名前を言うだけで精一杯だったから(^_^;)
それからグループ内では自分から絶対発言しなかった私が、講座内で必要に応じて自分の体験談を話したり受講生からの質問に答えたりしていたことにも驚き!しかも「アシスタントだからがんばらなきゃ」というわけではなく、自然体で無理することなく出来ていたっていうのが以前の私からすると考えられなくて「私、すごいじゃん!」って思っちゃった(笑)
もちろん完璧じゃないし、その必要もないですからね。
アシスタントをやってみた感想というより、自分が変わった自慢になっちゃいましたけど、本当に今日1回だけで随分と自分が変わったことに気づいて、改めて再決断療法をもっと多くの人に知ってもらい、役に立てて行きたいと思いました。
再決断療法について興味がある方は「ゆるしのメッセージ」という本をお奨めします。この本に載っているカウンセリング法は簡易的なものですが、カウンセリングの流れや再決断療法の考え方が分かりやすく書かれており、初心者の方でも理解しやすいと思います。
ブログ内関連記事:久しぶりに本を買ったゆるしのメッセージ

コメント

  1. みぽりん より:

    ゆるしのメッセージの本のやり方でどなさん自身の問題解決は試してみましたか?
    もし試されたらその結果などぜひ教えて下さい。

  2. どな より:

    うわぁ~、すっかり遅くなってごめんなさい!
    みぽりんさん、コメントありがとうございます。
    本のやり方は私は今のところ途中までしかやったことがないんです。
    「もっとこういうふうになれたらいいのに」と思う問題が出てきたときに、途中までやって頭の中を整理して後は講座内ワークで解決したり、ロープレのネタとして使ってしまうので(笑)
    そうですね、今度自分でも最後までやってみようかと思います。
    でも、途中まででも自分の問題の原因とかルーツが分かるだけでも随分気持ちが違うものですよ。