ゆるしのメッセージ

この間紹介しました「ゆるしのメッセージicon」という本の著者であるうちの学長のカウンセラー向けの講座に行ってきました。
会場のあるビルの入り口で学長とすれ違ったのですが、私はコンタクトもメガネもなしの裸眼だったので誰だか分からずに通り過ぎそうになり、「あ、こんにちは」と声を掛けられて「あ!先生だ」って気付いて慌てて挨拶しました(笑)
でも、たまにしかお会いすることがないのに顔を覚えていてくださったのはうれしかったですね。
学長といっても、決して大きな椅子にふんぞり返っているようなタイプではありません。すらりと背が高く、謙虚でちょっとシャイな40代の男性です。学院のスタッフの方々からは親しみを込めて「王子」と呼ばれているようです(笑)
で、「ゆるしのメッセージicon」に書かれていることは、人は変わることができるということです。
しかも無理する必要もなく努力も要らない、ただ、自分が持っているインナーメッセージに対して許しを与えてあげることで、自然と生き方のパターンが変わってくるということがストーリー仕立てで一般の方々にも分かりやすく書かれています。
ある状況の中で自分がどう考え、どう感じ、どう行動するかは全て自分が決めている。
例えば仕事でミスをして上司にすごく怒られているとします。その時に、怖くてその場から早く逃れようとひたすら謝る人もいれば、「なんでミスしちゃったんだろう?」と自分を責めて落ち込む人もいるし、「何でこんなに怒られなきゃいけないんだ!」と腹を立てる人もいるかもしれない。
同じ状況でも、どう考え、どう感じ、どう行動するのかというパターンは人それぞれです。その思考・感情・行動のパターンの集まりがその人の性格を形作っているといっても過言ではありません。
その中の一部変えることで少しずつ問題を解決していこうというのがこのセラピーなのです。
何か変えたい、変わりたい、なんか最近思い通りにならないと思ってらっしゃる方は一度この本を手にとってみて下さい。
大型書店で税込1000円で売られています。
この本に書かれているカウンセリングのやり方は、私が勉強している本格的な再決断療法のカウンセリングの方法とは少し違い、もっと多くの人に気軽に受けてもらえるよう改良された再決断療法の簡易バージョンとなっております。簡易バージョンとは言っても効果はちゃんと出ます。
この簡易的な方法だとカウンセラーの立場からしても個室でなくても喫茶店でお茶しながらおしゃべり感覚でカウンセリングを行うことができるし、一般の方も本の通りに自分でやってみることもできる、私はこれすごくいいなぁって思いました。
感情処理までしっかり行う本格的な再決断療法に関しては私はまだ修行中ですが、この簡易的な方法のカウンセリングに関しましてはちゃんとカウンセリングを行うことが出来ますし、認定書もいただいてます。
本当にカウンセリングを受けてみたいと思われた方がいらっしゃいましたら、私でもよろしければカウンセリングをさせていただきますのでご連絡くださいね。
といっても、これを読んで「是非お願い」なんていう人もいないとは思いますけど・・・本当に来たらどうしよう(笑)
でも申し込みがあった時は、もちろん真面目に対応させていただきますよ。
やはりメールや電話のみで効果を出すのは非常に難しいですので、遠方の方はちょっと無理ですが、地域によってはカウンセラーを紹介することも可能です。

コメント