そう思えば

今ふと思ったんですけど、たくさんいるお気に入りのジェンヌさんの中でも一番お気に入りの春野寿美礼さんの退団発表があってから、他のファンの方々が「ショック!」とか「落ち込んでる」とか書かれてる中で、私は全くショックを受けてないし、落ち込んでもいないんですよ。なんでだろう?
宝塚の男役としての春野寿美礼さんも好きだけど、それ以前にオサさん自身に人間として惚れ込んでる部分があるからかな?宝塚の男役の寿美礼さんはいなくなるかもしれないけど、オサさんは(当たり前ですけど)これからも生きていかれるわけですからね(笑)
もちろんすごく寂しい気持ちはありますけど、寿美礼さんが決めたことならそれでいいんじゃない?って感じで「え~、なんで~」とか思わなかったし、他の人が「ショック~」とか言ってても「ああ、ショックを受ける人もいるんだな」と思う程度で他のファンの方が悲しんでるからって自分も悲しまなきゃいけないような感覚もないし。
カウンセリングの勉強したり実際に自分も受けてみたりする中で「自分は自分、他人は他人」ときっちり分けて考えられるようになったんですけど、こんなところで自分の変化を実感するとは思わなかった(笑)
春野寿美礼さんと出会った約7年前(って実際にお会いしたわけじゃないけど・笑)の私は学生の頃から付き合ってた彼氏と別れたばかりで、仕事でも行き詰まりを感じていて・・・どん底の気分だったんですよ。
そんな中で「気晴らしに」と思って、知人に誘われるままに春野さんのお茶会に行ったのが本格的にファンになったきっかけでした。
ファンクラブには入らなかったけど、それ以来、いろいろあって落ち込んだりするたびにオサさんががんばってらっしゃる姿に励まされ、あの歌声と笑顔に癒され、ここまでやってこられました。私の中で少なからず影響を受けた人のうちの一人です。
本当に心からありがとうございます!って言いたい気分。
最後まで・・・いえ、退団後も応援してまいりますわよ♪

コメント