石鹸をリバッチしてみた

初めて石鹸のリバッチをしてみた。
リバッチとは石鹸の再生、即ち作り直すってことらしい。
私は浴用の石鹸として『ねば塾/なるせのせおと』を使っているんだけど、これがとにかくデカイのでいつも半分に切って使っている。
半分に切る時にそのままだと割れてしまうので、一度レンジでチンしてから切るんだけど、今日はレンジでチンする前に包丁を入れてしまって、ひび割れして小さい破片がたくさんできてしまった。
コレを見て思わず、もう一度固められないかな、と思った私。
早速ネットで石鹸の再生の仕方を検索したら、結構ヒットした。どうやら石鹸を自分で作る人が失敗した時にやってる方法みたい。
で、これを参考にして私も粉々になった石鹸や小さくなって使い辛くなった石鹸も加えてリバッチに挑戦。
溶けやすく小さく切った石鹸を水に浸して30分置き、湯煎にかけて溶かして、マッシュポテトくらいの固さになったら型に入れて乾かすだけ。
応用編としては石鹸が溶けたところで好みのオイルや蜂蜜、ハーブ、クレイ、精油などを入れるらしい。
私はガスール粉末を加えてみた。
意外に簡単。でもまだ慣れないのせいか人に見せられないほどすごいグロテスクな形になっちゃった汗
だって固まり始めるのがすごく予想以上に早かったんだもん。また湯煎しなおすのも面倒でそのまま熟成中(笑)
形はともかく使ってみるのが楽しみだ♪
それにしても結構リバッチって楽しいなぁ楽しいいろいろオプションを加えて自分の肌に合うように作り変えることができるし、形も好きなようにできるし。嵌りそう(笑)

コメント