雪組中日公演『星影の人』

『星影の人/Joyful!』1回限りの観劇行ってきました。
アドリブとかぜんぜん分かりません(^^;
まずは『星影の人』から。
え~・・・すごいツッコミどころ満載な作品ですな(笑)
突然の場面転換に「ふぇ?」ってなっちゃうし、池田屋騒動の場面は音声のみで観てる方はちょっと手持ちぶさたな感じになってしまうし、どうでもいいとってつけたような場面もあるし・・・
でも殺陣とか見てるとやっぱり雪組はうまいなって思います。
初日開いてから数日経ちましたが、水夏希さんはまだ緊張が解けてないなって感じました。肩の力が抜けるまでもう少しかかるかな?
まだセンターに立つ事に慣れてない水さんを周りが一生懸命支えている感があってとても微笑ましかったです。
水さんの起きた掃除(コラッ、ちゃうやろ!・笑)ハイ、失礼しました。では改めて・・・水さんの沖田総司はさわやかで真面目で心優しい青年でした。主要登場人物の中では多分一番年下の役じゃないかと思いますが、良くも悪しくもみごとにその立場に嵌ってましたね。主役なんだからもう少し前面に出てきてもいいんじゃないかと思う部分でも控え目な感じがあったから。でも変に若作りしたりせずにちゃんと雰囲気はだせていて良かったですよ。
白羽ゆりさん演じる祇園の芸妓・玉勇は存在感があり、総司が惚れるのも当然と思わせる色気と美しさ、それから包容力を感じさせました。約1年ちょっと星組でトップを勤めだけあって貫禄が出てきましたね。
芸妓の舞の場面は他の娘役さんたちと共に、華やかでとても見ごたえがありますよ。
彩吹真央さんの土方歳三は存在感バツグン。常に冷静なキレ者で冷酷な一面もあるけど、土方なりの優しさも感じさせる役作り。落ち着いた演技で出てくると安心感があります。「ファントム」の時のジェラルド役の経験が生きて、今度は水さんの沖田総司を大きく包み込んでます(笑)素晴らしい包容力ですね。
専科から特別出演の汝鳥伶さん演じる近藤勇はただそこにいるだけで存在感があり、近藤勇として生きているのがすごいなぁって思いました。さすがベテランの方は違いますね。同じく専科から出ている鈴鹿照さんも、新撰組の屯所である八木家の隠居・喜久役で緊張の場面の前後にコミカルな演技を見せ、場を和ませてくれます。
彩那音さんの山南敬助は最初に出てきたときに見た目がかわいらしいというか幼い感じで、頼りなさげで大丈夫かな?って思いましたが、意外にも落ち着いた発声と演技で観てるうちに最初の見た目だけの印象が気にならなくなるほどでした。お芝居はなかなかうまいと思いますよ。
未来優希さんの山崎丞は新撰組の一員なんだけど一匹狼的な渋い雰囲気と軽い感じの両方をうまく使い分けバランスよく演じてると思います。
八木家の女中で総司に惚れているおみよを演じる山科愛さん。純粋でバカ正直な女の子(笑)すんごくかわいい!総司から見たら妹みたいな感じ?
医者・横井良玄役の飛鳥裕さんとその娘早苗役の晴華みどりさんが総司に余命を伝える場面は泣けます。でもなんで医学の心得がある医者の娘がこの場面で芸妓姿なんだろう?
最初に書いたとおり、ツッコミ入れたくなるところがたっくさんあって止まらなくなりそうなのでここで止めときます(笑)
でも、雪組の皆さんの熱演に元気を頂きました♪

コメント