そろそろ・・・

来月のロープレ案内が来るかな?
12月はカウンセリングワークショップもあって参加したかったけど、年末の出費が多くて先立つものがないため断念・・・しょんぼり
自分の問題解決はもちろん、他の人のカウンセリングも見られるのでそれを見ることで自分の中の新たな問題に気づいたり、先生から技を盗む絶好のチャンスでもあるから一度参加してみたいんですけど。
またお金貯めてチャンスを待とう。その前に本講座のアシスタントがやれるかもね。本講座のアシスタントはお金かからないから大丈夫(笑)
ロープレは本当に3歩進んで2歩下がるような状態でほんの少しずつではありますが、前進しているのを感じます。
全くどうしていいか分からない状態から、少しずつクライアントさんの話をよく聞き仕草や表情を観察できるようになり、大分落ち着いてクライアントさんと向き合えるようになってきた気がします。まだたまにパニックになりますが(笑)
今はどうやってクライアントさんにアプローチしていくかということと、契約からはずれていかないようにすることが課題です。
後もう一つ、私カウンセリング中に自分が何か間違えたり、話してる時に噛んでしまったりすると照れ笑いをする癖があって、先生に「ここでカウンセラーが笑ってはダメ」ってよく注意されるんですよねたらーっ
カウンセラーが笑ってしまうと、クライアントさんの『絞首台の笑い』を肯定することになってしまう(=クライアントさんの本当の感情が出てこない)
それにクライアントさんが悩みの原因となっているものと向き合っている時にカウンセラーが笑っていては集中できないですよね。場合によっては「今、私のこと笑ったでしょう!」とか言われてクライアントとの信頼関係にひびが入りかねない。
だから、カウンセリングをやってる時に照れ笑いしちゃうのはなんとか止めたい。
う~ん、でも茶道を習ってた時期にお茶の先生に「お茶会でお点前してて間違えても笑ったり慌てたりしないで堂々としてなさい。『あっ!間違えた!』とかいうそぶりも見せちゃダメ。大体ね、お家元でも間違えることがあるんだから間違えても気にしなくていいのよ」って言われて、お点前をする時はお作法を間違えても笑わないようになったはずなのに。おかしいなぁ・・・お茶会の時以外はダメみたいしょんぼり
あ!そうか、カウンセリングをやる時は「ここはお茶会の場だ。私は今からお点前をやるんだ。間違えても堂々としてれば大丈夫」っていうファンタジーワークを自分でやればいいのかも!

コメント