花全ツ『うたかたの恋/エンター・ザ・レヴュー』

ただいまぁ~!さ、寒かったよぉ~・・・夜になったら急に冷え込んできましたねぇ。皆様体調を崩さないようになさってください。
花組全ツ浜松公演昼の部を観てきました。
今日は月組組長に就任した出雲綾さんが来てらしたようです。
まずは『うたかたの恋』から。
ん~・・・オサさんの笑顔の裏に孤独をにじませたルドルフも彩音ちゃんの無垢でかわいらしいマリーも好きですが、作品自体はあまり好きじゃないかもたらーっ
最初に星組をテレビで観た時と同様今回もあまりピンと来なかったので、出演者がどうとかではなく、この作品自体が私の好みじゃないんだなって思ったんです。役者が良ければ作品も好きになるとは限らないわけで・・・
あくまでも私の好みの問題なのであまり気にしないでくださいね汗
でも花組の皆さんとてもよくがんばってらっしゃいましたよ!
とりあえず、思い出せるのだけ。
立ち姿がきれいなオサさん(春野寿美礼さん)は軍服姿がよくお似合いでとても美しかったです。ただ時代に翻弄され孤独に打ち震えてマリーに救いを求めるだけの皇太子ではなく、お芝居の中で語られていないルドルフの聡明さや国を思う気持ちをも浮かび上がらせ魅力的な皇太子ルドルフでした。
マリーと心中する場面は、ルドルフが一度眠っているマリーに銃を向けたものの撃てず、またマリーの傍に行って神に許しを請うように十字を切ってから撃つという風に変わってますね。ルドルフの心の揺れが分かりやすくなったかな?
彩音ちゃん(桜乃彩音さん)のマリー・ヴェッツェラは本当に無垢でかわいらしく、またちょっぴりおてんばなところやルドルフを思いやり包み込むような優しさも感じられました。歌の方はやはりまだ課題が残りますね。声はとてもきれいだと思うので、後はもう少し声量が出れば言うことなしです。
おさルドルフと彩音マリーがすんごいラブラブ(古っ)な感じで、こっちも妬けちゃいそうでした(笑)
ユミコさん(彩吹真央さん)のジャン・サルヴァドル大公は、いとことして人一倍ルドルフの身を案じていることを感じさせました。
また一花ちゃん(桜一花さん)演じる恋人ミリーと仲睦まじく楽しそうにしていることで、一層ルドルフの孤独感や宮廷生活の窮屈さが一層引き立ってました。
フランツ・ヨーゼフのハッチさん(夏美ようさん)とエリザベートのみとさん(梨花ますみさん)が出番が少ないながらしっかりとお芝居を引き締めてらして、親子関係の不和から来る緊張感と苦悩も伝わってきました。
みつるくん(華形ひかるさん)のブラッドフィッシュとまりんさん(悠真倫さん)のロシェックが暗く重くなりがちなこのお芝居に明るさを与えています。特にロシェック爺さんが面白い動きを見せて会場から笑いを誘っています。今日のラリッシュ夫人とマリーをルドルフの下へ案内する場面でのロシェック爺さんのアドリブは客席のタキさんを指して「こちらが月組組長の出雲綾さんです」。
専科の鈴鹿照さんが演じるマリーの乳母ジェシカはとてもおちゃめでかわいいおばあちゃんって感じでした。でも自分の主人であるマリーのことを思って守ろうと一生懸命なのが伝わってきます。控えめながら存在感があり、さすがベテランの方は違うなと思いますね。
ありゃ、あんまり覚えてないや・・・今回はこんな感じでお許しをm(_)m
ショーの感想は明日書きます。

コメント