位置確認

この間のロープレでは始める前に、カウンセリングをやっている時カウンセラーがクライアントさんのいる位置から、どこにいれば威圧感を与えることなく、また感情を出すのに邪魔にならないかを確認したり、クライアントさんを抱きしめる時どうしたらクライアントさんをしっかり支えられるかを実際にやってみて自分のやりやすい方法を確認したりしたんですよ。
いや~、カウンセリングをやってる時クライアントさんを抱きしめるのは特になんとも思わないですけど、なんでもない時に「さあ、抱きしめてみて」と言われると、ちょっと照れちゃいますね、あはは!
参加者がそれぞれペアになってお互い少し照れながら抱きしめあってるのは結構面白い光景でした(笑)
椅子に座っているクライアントさんを抱きしめるには私の場合は右利きなのでクライアントさんの左側から「おいで」ってやる方が支えやすかったです。
先生のアドバイスでは「カウンセラーはクライアントさんに対しては『あなたが気が済むまで泣きなさい。あなたが気が済むまで怒りを出しなさい。例えあなたが暴れても絶対止めてあげるから大丈夫!何があってもあなたを守ります』という男前な気持ちでやりなさい」とのことでした。また、恐怖を感じているクライアントさんを保護したり、悲しみを吐き出させるために抱きしめたりする時も本気でやれと。
そうだよねぇ、そうでなきゃクライアントさんも感情をさらけ出せないもんね。私も男前な(?)カウンセラー目指してがんばります!(笑)

コメント