月組「あかねさす紫の花」

月組中日公演の初日を観てきました。
お芝居とショーに分けて書きますね。
まずはお芝居から。
え~っと・・・ちょっと辛口でいきます。
「あかねさす~」については、あちこち省きすぎて話が飛び飛びになってたり、逆にどうでもいい場面で時間食ってたりして、なんともまとまりのない構成になっちゃってます。
今回のお芝居では完全にかなみちゃん(彩乃かなみさん)の額田女王が主役という感じですね。アサコさん(瀬奈じゅんさん)大海人皇子とキリヤン(霧矢大夢さん)中大兄皇子ともに出番が少ないので、この二人が目的で観に行く人には物足りないかも。
これは一応「二人の皇子と額田の三角関係に身分違いの片思い天比古を絡めた話」ってことでいいのかしら?結局なんか消化不良のまま終わってしまった気がしますたらーっ
こんなんならアサコさん中大兄で構成したほうが良かったよ。大海人皇子の立場から見た万葉の世界が観られると思ってたのにちょっと残念だな。
アサコさんの大海人皇子は初日でまだ役としての感情を出しきれてない感じがしましたが、最愛の妻の額田を兄の中大兄に奪われた怒りと悲しみ、やりきれなさが伝わってきました。気持ちがのってこればもっとよくなると思います。
かなみちゃんの額田女王はなんとなくまだ役作りに迷いがある感じがしました。千秋楽までの間にかなみちゃんの額田がどう定まっていくのかこれから楽しみですね。今回のお芝居ではかなみちゃんが主役ですから。
きりやん中大兄皇子はまだちょっと弱い感じ。額田が断りきれないほどの強さと存在感が感じられなかったので、もっと強く出てもいいんじゃないかと思います。
みずかちゃん(花瀬みずかさん)の鏡女王は額田の姉で一度は中大兄皇子の妃になるものの後に追い出され家臣の中臣鎌足の妻になる。前半での姉らしい落ち着いた演技と後半の中大兄の心変わりによって苦しむ姿は狂うほどの悲しみをうまく表現していたと思います。
ひろみちゃん(彩那音さん)の天比古は大海人や中大兄と同じくらいの出番があり、なんかホントに一生懸命がんばってるのが伝わってきて、応援したくなっちゃいました。この公演では3番手の扱いになってますね。
まとまりのない構成の脚本ですが、月組メンバーがこれをモノに出来たらすごいですよね。千秋楽に向けてこれからどんどんよくなっていくことを期待しています。

コメント