昨日の報告の続き・・・

昨日はショーのサーカスの場面の樹里ピエロのところまで書いたんだった。
樹里ピエロと一緒に出てる花野じゅりあちゃんと桜乃彩音ちゃんが食べちゃいたいくらいかわいかったよ(笑)
次は寿美礼ヘタレピエロのところね。
ハイ、行きますよぉ~!


みんなの人気者ふづきルイーズちゃんに恋をして、なんとかお花を渡そうとがんばるピエロ君。やっとの思いで花を手渡してルイーズちゃんからキスをもらい舞い上がるピエロ君だが、それは勘違いでルイーズちゃんはただお礼にキスしただけ。ルイーズちゃんは恋人と一緒に行ってしまう。
「待って!僕は君が好きなんだ。待って!」と歌うピエロ君の姿がなんとも切なくていとおしい。箱の中に戻る時のちょっといじけたようなピエロ君の表情がまたかわいいの。
こんなヘタレ役をこなせるトップスターは寿美礼ちゃんだけかもね(笑)
猛獣使いの場面。樹里さんの付け毛が変わってた。前はストレートの付け毛だったけど、今回は後ろで束ねた19世紀の貴族の紳士のような付け毛になってた。踊る時はこっちの方が邪魔にならなくていいかもね。
黒豹の子たちとセクシーでかっこいいダンス。昨日の私の席からだと黒豹ちゃんたちのお尻が、お尻が。。。。(い、いや、あの、しっぽがかわいいなって・・・汗)
舞台はパリからニューヨークへ・・・
パリからニューヨークへ飛ぶ青年3人組、蘭とむくん、みわっち、まっつの銀橋でのお着替え。といってもスカーフとって上着変えて帽子かぶるだけ。あ、鞄の開け閉めもあるな。でも歌いながら、踊りながらだから大変そう。がんばれ、青年トリオ!
ニューヨークに到着。ふーちゃんのアメリカ娘がとってもキュート♪
ニューヨークの音楽のルーツをたどる。
まずは夜のジャングル。魂が揺さぶられるような音楽とアフリカンダンス。アフロの男寿美礼さんとマヌカンのどかちゃんを中心にユミコさん、そのかちゃんなど4組が踊るんだけど、すんごくかっこいいの!素敵だわ!
そしてソウル、ジャズへ・・・
樹里さんの歌唱力はすごいね!さすがは私が最初にほれ込んだ歌手だけのことはあるわ。しっかり聴かせてくれる。
あすかちゃんも歌うまいしね。樹里さんと同期の高翔さんが一緒なのもファンとしてうれしい。
現代の摩天楼ニューヨークに戻ってくる。
寿美礼さんの歌に樹里さんが加わって楽しいスウィング。前にも書いたけど本当に聴き応えアリ!それにこの場面で皆が銀橋を走って渡る間、二人が銀橋から少しだけ客席への階段を降りるよ。そして最後に樹里さんが寿美礼さんにタッチして舞台へ戻るんだけど、これもまた樹里さんのサヨナラを感じさせられちゃう。
ジプシーのかがり火。
ジプシーの青年ユミコさんがけだるい感じで色っぽく歌い上げる。こう書くとユミコさん女役かと思われちゃいそうね。ここでは男役だからね。
アランフェスの場面。
幻想的で・・・祈りのダンスみたい。寿美礼さんが光で樹里さんが影なのかな?そういえば高翔さんここでは女役で踊ってたのね。2階から観たときは気づかなかったわ(^^;
初舞台生のラインダンス。
一生懸命が伝わってきていとおしい。ここからどんなスターが育つのか楽しみだわ。
フィナーレ。
歌う寿美礼ちゃんを娘役が取り囲み踊る。男役と入れ替わって群舞。そしてデュエットダンス。
パレード。
樹里さんのエトワール、ここでもしっかり聴かせてくれます。やっぱりいつものエトワールより歌長めよね?
今回の公演で樹里さん本公演最後だからトップとほぼ同等の扱いになってる気がする。お芝居も角度を変えて見れば影の主役とも取れるし、ショーでもトップが二人になってるような感じだし、ちゃんとサヨナラショーもやるし。
[PR]
オリジナルステーショナリーやヨーロッパからの輸入雑貨が満載!

コメント