『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レヴュー』2回目観劇♪

今日な、朝ゆっくり寝てたかったんやけど、朝早うからお父とお母がなんかドタバタと走り回ってるし、大きな声でしゃべってるし、目が覚めてもうたん。せっかくの休みやのに、もぉ~!!
寝てられへんくて、しゃあないから起きて出かける準備して、いつもより早めの電車で宝塚まで行ってきたんよ。(なんで関西弁やねん!)
おかげでいつも開演10分前に着くのが、今日は1時間くらい早く着いた。本当はもう少し早く着くはず立ったんだけど、電車乗り間違えちゃったの(^^;
そんで昨日書いてた『フルール』のたこ焼きを食べて、おいなりさんも食べて・・・(←よく痩せの大食いって言われる汗)お腹いっぱいで満足した後、まだ会場の時間じゃなかったのでキャトルレーヴへ・・・う~ん、ちょっと食べ過ぎたかな?お腹いっぱいで観劇中に寝ちゃったらどうしよぉ~なんて思いながらいろいろ見て歩き、ル・サンクを買って時間になったので入場。近くに香水きつい人がいて、気分悪くなりそうだったよ(ノ_<。) (前置き長いぞ!) そして開演♪
『初舞台生の口上』
2階から観たときより、初舞台生たちの緊張感がヒシヒシと伝わってきた。今日は8列目だったから顔もよく見える。最近の子は結構皆お化粧うまいね。あちゃ~!ムニョムニョって思うほどひどい子はほどんどいなかった気がする。
『マラケシュ・紅の墓標』
2回目ということで1回目に聞き逃したセリフが分かったこともあり、だいぶ私の中でストーリーがつながった感じ。
1回目観た時はさお太さん演じるアリの「仲間を裏切る半端な野郎は俺が始末する」というのを聞き逃したために、いくらアリがレオンを嫌っていたとしてもなぜ殺さなければならないんだろう?と思っていたんだけどこれで分かった。このセリフを聞き流してしまうとアリの行動の意味が分からなくなってしまう。「仲間を裏切る半端な野郎」の意味は深い。ま、本筋とは関係はないけどね。
春野リュドヴィークと樹里レオンの掛け合いはかなり難しいとは思うけど、う~ん、今日はちょっと仲のいいお友達に見えちゃったかも(^^;
リュドヴィークとレオンは仕事上は仲間だけど心は通い合ってないんだよねぇ。
リュドヴィークは過去のしがらみから抜け出せずに全ての人に対して心を閉ざしている。
ふづきオリガは前より落ち着きが増し、しっとりとした大人の女性の雰囲気が出てきた気がする。
遠野イヴェットは元レヴュースターという華やかさと存在感が出てきていい感じ。前はただの意地っ張り女みたいだったから。その内に秘めた悲しさやさみしさは感じられたけど。
オリガの夫、彩吹クロフォードは芯が強く清らかな心を持った人。ずっと砂漠を彷徨っていたおかげで唯一このゴタゴタに巻き込まれずに済んだ人。出番は少ないけど、この救いのないストーリーの中に一筋の光となっています。オリガがクリフォードの元に戻ってよかったって感じ。
美術品コレクターの蘭寿ギュンター。旧ロシア貴族ワレンコフ家の家宝である金の薔薇をオークションで落とせなかったため、ひたすら金の薔薇を持っているイヴェット追い続ける。どうしても金の薔薇を手に入れたいという気持ちが狂気に変わり、イヴェットを追い詰めていく。すっごい不気味な雰囲気でてるよ。怖いくらい。
絶えられなくなって手首を切ったイヴェットから金の薔薇を預かったリュドヴィークと金の薔薇の行方を追ってきたギュンターとの格闘シーンはもう何ともいえない。ギュンターの狂気とリュドヴィークの怒りと悲しみのぶつかり合いである。
リュドヴィークとイヴェットは金の薔薇の争奪戦に巻き込まれ引き裂かれてしまったのだ。そして、金の薔薇は元の持ち主オリガに返される。
リュドヴィークはギュンターに刺されて重傷を負うが、その後死んだのか生きてたのかはあいまいのまま幕は閉じる。観た人の想像に任せるといったところかしら?
『エンター・ザ・レヴュー』
私このショーやっぱり好きだわ。
レヴューの女王は今日もご機嫌でした!この前は大きなウェーブのウィッグだったけど今日は細かいカール(シシーのウィッグみたいなの)になってた。色っぽく髪をいじるしぐさもみせたりして。
アドリブは中詰めで「ワタシ、スレちゃ~ん♪」言い方が何とも言えず強烈でぶっ飛んだわよ。やってくれるわねぇ、寿美礼さん!
そして指を客席に向けてクルクルさせながら「そんなに見つめないでハート」う~ん、オカマチック。ってか、ケリ入れていいですか?(笑)
ワンフレーズ歌った後「ぅんん~はぁ~ハート」と盛大に投げキッス。かわいいんだかコワイんだか分からなくなってきた・・・(^^;
さらに銀橋私の座ってた上手サブセンター辺りでクネクネしながら「バッチン-☆」とウィンク。ぅわぁ~、捕って食われそうだよ!
舞台に戻って最後に2回投げキッス。女王様、前よりパワーアップしてたわ。寿美礼ちゃん面白すぎるよ・・・そんなアナタが大好きです♪(笑)
すぐ後に出てきた樹里ピエロも寿美礼ちゃんの真似をして「ワタシ、サキホちゃ~ん♪」とクネクネ。またそれがそっくりでね。でも言い方は寿美礼ちゃんほど強烈じゃなくて、咲穂ちゃんのほうがかわいかったかも(笑)
あちゃ~、ショーがアドリブだけで終わっちゃったよ汗
でも明日は早番なんでもう寝ます。続きは明日・・・
それにしてもなんで今回私こんなに寿美礼ちゃんのアドリブにツッコミ入れてるんだ?でもなんかツッコミ入れてぇ!って言わんばかりのアドリブじゃない??そんなこと思ったのは私だけ?
《PR》
ブロガー必須のツールが登場!
ブログを更新する度、あなたの書いた記事が複数のポータルサイトへ一斉掲載されるようになります。登録無料
登録はこちら

コメント