エリザベート2回目観劇

今日は前から2列目のSS席で観てきました。しかも私の前の席が空いていたので、実質1列目も同然。群集を率いてトート閣下が銀橋で革命を起こそうと歌う場面では、群集の皆さんがかがんで演技しながら歌うので、ちょうど目の合いやすい高さになるのですよ。どこ見たらいいか困ってしまった(笑)


やっぱり1回目に観たときよりずっとよくなってた。今日は出演者のの表情もよく見えて「この場面でこんな表情をしてたのね」とか「トート閣下のネイルはクロスの模様を入れてたんだ」とか思いながら観てた。
トート閣下相変わらず美しかった・・・危うく魂を奪われるところだったよ(笑)
歌も結構イケてたと思う。基本的に感情を表に出さない彩輝トート。それゆえ時折ふと見せる悲しげな表情やさびしそうな表情、「今度こそエリザベートを手に入れるチャンスかも」という時にニヤリと笑う顔が印象的だった。
もともと感情を持たない黄泉の帝王トートが心に初めて芽生えたエリザベートへの思いをどう示していいのか戸惑っているという感じにもみれる。
サヨナラ公演あんないい席で観させていただいて幸せでしたわ♪
瀬奈エリザベート(シシー)もまた美し~ぃ。1回目観た時より強くなって、彩輝トートと対等なバトルになってたと思う。
そういえば『フランツのお見合い』の場面でルキーニが転がしたオレンジをシシーが追いかけるのだが、今日はオレンジが舞台から転がり落ちそうなくらい勢いがついてて、瀬奈シシー慌てて滑り込みキャッチ。マジで必死な顔してたよ(笑)
その後、初風フランツがシシーに結婚を申し込む場面ではフランツのちょっと照れたような表情がすごくかわいかった。そして結婚式の場面まで終始ずっとシシーを見る時の包容力を感じさせるやさしい目。あのやわらかい歌声。初風フランツ素敵だわ♪
霧矢ルキーニ、1回目観た時はまだ白っぽいイメージだったが、今回はだいぶダークな印象に。それでもどこか憎めないのはキリヤンのキャラクター性なのかな?
今回もいいなぁと思ってみてたのはリヒテンシュタイン伯爵夫人の紫城るいちゃん。愛知県出身というのもあるけど本当にきれいだし、落ち着いた演技もできるようになってるし、群舞でも目立ってたし、宙組に行ってもがんばて欲しいな。
大空ルドルフはどこかはかなげな印象。トート閣下に操られてますって感じ。前にも書いたかもしれないけど本当に守ってあげたくなっちゃう(笑)
ハンガリー革命家エルマー役の月船さららさん、1回目観た時はまだ肩に力が入ってるような印象だったけど、今回は大分リラックスして余裕が出てきた感じだった。よかったよ。
う~ん、そんな感じかな。いろんな人観てたけど下級生は顔と名前が一致してないもんで・・・スイマセン(^^;
関係ないけど、幕間にトイレから戻ってきたら銀橋の前から客席を眺めてた老紳士がいて「この人何やってるんだろう?」って思いながら自分の席に座ってプログラムを見てたら、その人に「どうしたらこんないい席が取れるんだね?チケット発売日に並ぶのかね?」って声をかけられた。いや、どうしたらって聞かれても・・・私が戸惑ってたら、さらに「ワシはここに昔からここによく観に来てるんだが、一度もこんな席に座ったことがない。いつも2階席の端とか1階でも後ろの方だよ。アンタ、どうしてそんないい席を取ったんだ?しかもこんないい作品で・・・何かコネでもあるのかい?」と聞いてくる。え~、コネなんてないよ。あったらいいんだけどねぇ。だから「私はたまたま友の会の抽選で当たったんですよ。今回は運が良かったみたいで」と答えた。そしたら「ほ~、友の会で抽選があるのかね」とかいう感じでちょっとその老紳士としばらくしゃべっていた。ぜんぜん知らないおじいさんなんだけどね。でも昔からの宝塚ファンだってことだね。すごいな。ヅカファンのおば様方とはお話する機会も多いけど、男性のヅカファンとお話したのは初めて。私が一人だったから声を掛けやすかったのかしら?男性からすると女性だけのグループに入り込むのはかなり勇気がいるみたいだから。っていうか私も入り込めないんだけど(笑)
《PR》
エリザベート

コメント