ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
1789〜バスティーユの恋人たち〜 大阪公演 感想

今日は『1789』を観に新歌舞伎座へ行ってきました。 

新歌舞伎座は舞台の高さが低めで、客席とも近くて観やすいですね。

距離が近いのでフランス革命もより臨場感が増します♪ 

それに座席の前後も広めにとってあり足も楽でした。 

再演版は初演より分かりやすくなっているし、キャストの皆さんの団結力と熱量もアップしているし、いくら平日とはいえ空席が目立つ(特に2階)のが不思議なほど。もったいな〜い! と言いつつ私もそんなお金持ちじゃないんで、これ以上チケット増やせないんですが(^^; 


この作品の音楽がやっぱり好きだなぁ♪ あと、観るたびにアンサンブルの皆さんの身体能力の高さに感心させられます。 

バック転やら、宙返りやら、ホントすごいです。 キャストの皆さんが大千秋楽まで全員ケガなく無事に終えられますように(*^-^*) 


帝劇の時と多少細かい部分で演出が変わってるところがあったようです。 

歌の歌詞も一部変わってたのかな? 

なんかちょこちょこ変わってるところがあるのは分かったけど、うまく説明できなくてすいません。 


さて、今日の役替わりはこんな感じ。  

今回は『1789』2回目の観劇なので、役替わりキャストと他は気づいたところだけ行きたいと思います。 


加藤和樹くんのロナンは泥臭い農民の子といった雰囲気。 

真っ直ぐすぎるゆえの不器用さが分かりやすく伝わってきます。 

いやぁ〜、かっこいいロナンですよ(*´˘`*)♡ 

若々しい小池ロナンと比べると、加藤ロナンは少し大人っぽく、しっかり者のお兄ちゃんという感じですが、父親の仇であるペイロールへの憎しみも強く、ペイロールを見るたびに飛びかかろうとしてます。 

初演の時よりアウトローな感じが減ってたような気がします。 


そういえば、ルイ・ジョセフのセリフが増えました? 

「オランプが歩けるように訓練してくれたんだ」というようなセリフ。 

私が気付かなかっただけかしら?ちょっと自信がない・・・(^^; 


三浦涼介くんのロベスピエール、前回観た時より歌が滑らかで聴きやすくなってました。

帝劇の時より肩の力が抜けて、周囲ともいい感じに馴染んでるし、どんどん良くなってきてるのを感じます。 

三浦くんはホントきれいな顔立ちしてるよなぁ。キレッキレのダンスもカッコいいし。 


渡辺大輔くんのデムーランも声の伸びがよくなって、貫禄も出てきたような気がします。


上原理生くんのダントンはパレロワイヤルの場面の楽しそうなこと!

あそこは唯一市民たちの明るい場面ですからねぇ。アドリブもちょこちょこ変えてるみたい。 


ソニンちゃんのソレーヌは、初演の時から毎回腕が震えちゃうくらい全力で熱演してて、そのエネルギーがすごいと思います。 


岡さんのペイロール、本当に憎らしいほどの悪役ぶりです。

それがまたかっこいい! 


今回はこれくらいで…すいません💦


この作品は、ダンスがすごいですからね。見どころは迫力満点の群舞です。 

あれを見ると、私も頑張ろうって思いますもん。 

もちろん、お芝居の上手いベテランもそろってますし、観応え十分。 

私はこの作品結構好きですよ。 

今年はあと1回、大阪千秋楽を観に行く予定です。 

今回は短くまとめちゃいましたが、次回の感想はもっと詳しく書こうかなと思います。

書けるかな?(笑)

『1789〜バスティーユの恋人たち〜』帝劇 感想

今日は1789を観に行ってきました。
初演の時以上に熱い舞台になってました!
あと、細かい演出で分かりやすくなってると感じました。
初回の時、唐突に現れたロベスピエールの恋人とかね(笑)
今回は少し前の段階からロベピエの恋人だとなんとなく分かるような演出になってます。

2幕はほぼ群衆たちのダンスが中心になるんだけど、球技場の場面でのクランプは特にかっこいいですよね。
踊ってる皆さんは大変でしょうけど、ホントにかっこいい✨

 

今日の役替わりは、ロナン:小池徹平さん、オランプ:夢咲ねねさん、マリー・アントワネット:凰稀かなめさん、シャルロット:佐藤芽佳ちゃん、ルイ・ジョセフ:寺崎柚空くんでした。


初演の時は観られなかった小池ロナンやっと観られました(*^-^*)

それでは、また覚えてる範囲でメインキャストの皆さんそれぞれの感想を書いていこうと思います。

続きを読む >>
「ジキル&ハイド」名古屋公演千秋楽

今日は「ジキル&ハイド」を観に愛知県芸術劇場大ホールに行ってきました。

なんと愛知県芸術劇場はこの公演をもっていったん閉鎖し、改築工事が行われるそうです。知らなかった・・・

中日劇場も今日で閉館しちゃったし、芸術劇場は改築が終わるまでとはいえ名古屋は劇場がほとんどなくなっちゃうじゃないですかぁ〜!さみしいよ。+゚(゚´Д`゚)゚+。

さ、気持ちを切り替えて・・・ ジキル&ハイドは明るいストーリーではないのですが、臨床心理に関わる者としても興味深い作品です。

この作品を観たのは2回目ですが、前回とは違う捉え方ができて、また他の人もそれぞれ違う捉え方をしていて面白い作品だと思います。 ツイッターにも書いたんですが、今回私はジキル博士が自我で、ハイドは今までジキルが心の奥底の無意識下に抑圧してきた欲求や感情の大きな塊が人格として出てきたものとして観ていました。(作品の捉え方に正解はないと思いますので、あくまでも一つの見方として読んでくださいね)

真面目で紳士なジキル博士が抑圧してきたものは、人を殺したいくらい憎む気持ちや怒り、差別意識、承認欲、性的欲求、嫉妬、悲しみ、恐怖心などでしょう。

そして、ジキル博士が作った薬は人の心の『善』と『悪』を分けるという事になっていますが、彼の言う『悪』というのはおそらく彼自身が「これは悪いことだから考えたり感じたりしてはいけない」と抑圧してきたものだから、要するに善と悪を分けるという事は抑圧してきたものを無理やり全部引っ張り出してしまう事。

「こんなこと考えてはダメだ。こんな風に感じてはいけない」と本当の気持ちを抑え込んでいると、逆にその気持ちが強く感じられますから、抑圧してきたものを薬で無理やり全部引き出してしまえば、自分でコントロールできなくなり、正常な精神状態でいられないのは当然だろうなと想像できます。

薬を飲んだジキル博士の心は善と悪に分かれたのではなく、ジキル博士自身はそのままで今まで抑圧してきたの大きな塊がハイドという人格となって表出しただけだと考えたら、すごくスッキリ納得できたんです。

そんな風に観ると、普段は人の心の中で行われている葛藤をジキルとハイドという分かりやすい形で表現されているなと思います。

作品の中でハイドはジキル博士の研究の邪魔をする人たちを次々と殺していきますが、それを例に挙げれば「俺のことをバカにして研究の邪魔をしやがって!あいつらがいなければ研究がうまく行くのに」と思う自分と「そんなこと考えてはいけない」と抑え込もうとする自分との葛藤。

でも抑え込もうとすればするほど、その感情や欲求はより強力なパワーを持って出て来ようとする。それがハイドの暴走なのだと思いました。

もし、なぜ本当の気持ちや欲求を抑え込まない方がいいのか、抑え込まずにどう対処すればいいのか興味を持たれた方は、私のホームページの「こころ*コラム」を読んでみてください→https://happydays95.net/

 

では、またメインキャストの方々を中心に感想を一言ずつ書いてみようと思います。

続きを読む >>
宝塚星組『うたかたの恋/Bouquet de Takarazuka』中日劇場公演感想

毎年2月頃に中日劇場で行われていたタカラヅカの定期公演が、中日劇場の閉鎖に伴い今年が最後になるということで、星組公演を観に行ってきました。

なんですが、私、開演時間が12時だったのに13時と勘違いしていて、30分ほど遅刻しちゃいました。

私のおばかぁ! お芝居の前半が観られず残念・・・

「うたかたの恋」は宝塚の定番演目の一つで、クロード・アネの小説「マイヤーリンク」をもとにした、オーストリア皇帝フランツ・ヨゼフと皇妃エリザベートの嫡子ルドルフと男爵令嬢マリーの悲恋を描いた作品。

私も何度か観たことがあり途中からでもストーリーは分かりますが、やっぱり半分近く観そびれたのでそれぞれの役の印象などは書きにくいですね(^_^;) 観劇の度にメインキャストそれぞれの感想を書いているのですが、今回はやめておきます。

 

それでも、紅ゆずるさんのルドルフは孤独感と哀しみをにじませる美しい佇まいが素敵でしたし、

綺咲 愛里さんのマリー・ヴェッツェラもとてもかわいらしかったですよ。

ただ、今の星組さんで観るならもっと明るい作品がよかった気はします。

「Bouquet de TAKARAZUKA」は、タカラヅカレビューで伝統的に使われてきた曲を中心に作られていて、なんだか懐かしさを感じさせるショーでした。なんというか、昭和な雰囲気?(*´艸`*)

中日劇場に来る観客の年齢層は結構高くてタカラヅカ黄金時代を知るファンが多そうなので、そういう意味では目新しさはないけど中日劇場での定期公演の最後を飾る作品としてふさわしいショーなのかもしれませんね。

客席降りの時はジェンヌさんたちが握手に応じていました。

以前はこういうことはやってなかったから、ちょっと驚き!

私は残念ながら一番端っこの席だったので、握手は出来ませんでしたが。

 

タカラヅカは久しぶり過ぎてジェンヌさんたちの顔と名前が全く分からず、しかもみんな同じ顔に見えてしまうという・・・

初心者に逆戻りしちゃってます(^_^;)

とはいえ、タカラヅカらしい作品、キラキラな世界に浸れて楽しかったです♪

名古屋での定期公演、御園座かどこかで続けて欲しいなぁ。