ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
間違ったダイエットは危険!?

最近、若い女の子たちの話を聞くことが多いんですが、ダイエットについてすごく気になったので、間違ったダイエットの危険性について書いておこうと思います。

ダイエットというと体重を基準に食事制限をする方法が多いと思いますが、このこと自体が特に育ちざかりの10代の子たちにとってはとても危険なことなのです。

無理な食事制限をして栄養が偏った生活を続けるとどうなると思いますか?

 

  ●体の不調・・・骨粗しょう症、だるい、生理が止まる、疲れやすい、めまい、視力低下、筋肉量が減るなど

  ●心の不調・・・キレやすくなる、やる気が出ない、うつ状態、無気力、など

 

こういった症状がでてきます。

これは栄養失調の状態で、最悪の場合死に至ることもあります。

栄養失調による体の不調の中に【生理が止まる】というのがあります。

「生理が止まったってどうってことないじゃん」と思うかもしれませんね。

では、生理が止まるとどうなるか知っていますか? 生理が止まるということは、女性の体でとても重要な役割を果たしている女性ホルモンが分泌されなくなるということなのです。

女性ホルモンの働きによって得られる効果を書き出してみましょう。

 

  ☆骨を強くする

  ☆脳にセロトニンを届ける⇒うつ病防止、精神安定、やる気アップ

  ☆記憶力の向上

  ☆美しい髪と肌を保つ

 

生理が止まるとこういった機能が大幅に低下し、骨粗しょう症になったり、精神的に不安定になったりと更年期障害と同じような症状が出るのです。

さらに、生理が止まって女性ホルモンが分泌されなくなると太りやすくなります。

女性ホルモンのエストロゲンが血中コレステロールを下げる働きをしているのですが、このエストロゲンが減ると血中コレステロール値が上がりやすくなってメタボになっていくのです。

こうなってしまっては、ダイエットどころではないですよね。

 

このように栄養バランスを無視して食べる量を減らすダイエットは非常に危険です。

そもそも『ダイエット』=『痩せること』ではありません。

ダイエットとは、健康のために栄養バランスのいい食事をとり、運動することを指します。

もう一つ、体重を基準にダイエットすることは意味がないということにも触れておきましょう。

筋肉は脂肪より重いと言われています。

脂肪がついて太ると体重が増えますが、運動して筋肉がついて引き締まった体になっても体重は増える場合があるわけです。

ですから、体重を減らすことに重点を置くということは、脂肪を落とすだけでなく、体を支える大切な筋肉も減らしてしまうことにつながるのです。

要するに体重があまり変わらなかったとしても、運動して体が引き締まったことで見た目が大きく変わることもあるということです。

これは私自身が実感しているので保証します。

体重という数字を目標にするのは分かりやすくていいのかもしれませんが、こういった知識を頭に入れておかないと体や精神面の不調をまねくことになりますので、気をつけてくださいね。

体重という数字は本当に当てになりません。

ダイエットの目標するなら体重を基準にするのではなく、まず今の自分の全身写真を撮っておき、定期的に写真を撮って体型の変化を見た方が理想の体型に近づきやすくなりますよ。

 

ちなみに私の場合は、栄養バランスのいい食事をしっかり食べて、ヨガを毎日やることで体が引き締まり、若い頃の体型に近づくことができました。

でも、体重は若い頃より増えていて、ダイエット後も見た目は変わったけど体重はほとんど変わっていません。

そうそう、私は1日3回の食事はしっかり食べますが、おやつなど間食はほとんど食べませんし、夜食も食べる習慣がないので、そこも影響しているかもしれませんね。もしかしたら、ここの部分が重要なのかも(笑)

で、もし、どうしても食事の量を減らすとしたら、肉類ではなく糖類(ご飯やパン、イモ類、砂糖)を減らした方がいいですよ。

「1789−バスティーユの恋人たちー」大阪千秋楽 感想

今日は、1789大阪千秋楽を観てきました。
3列目のほぼセンターの席で、舞台にすごく近くて群舞の場面なんかは迫力満点でした♪
ただ、斜め前の女性の座高が高くて、マズリエ家のパパが撃たれて倒れた場面とかロナンが撃たれた場面とかは、前の人の影になってしまって全く見えなかったのが残念。こればかりは運ですねぇ・・・(^_^;)

 

1789、今年は3回目でMy楽です。
大阪千秋楽ということで、出演者の皆さんも演技に熱が入っていたようで、全体的な熱量がすごかったです。

 

今日のラマール様のアドリブは(詳しくは覚えてないので、こんなニュアンスということで)「骸骨が上の方までぎっしりだ!この骸骨たちは生前、1789の大阪千秋楽を迎えて寂しく思っていたが、博多でも開催されることを知って博多まで行こうと決意していたに違いない!」会場拍手「よし、必ず来るはずだ」とうなずきながら去っていきました。
残念ながら、私は博多まで行けませんが(笑)

 

さて、またお約束通り(?)覚えている範囲でメインキャストを中心に感想を一言ずつ書いていこうと思います。

 

続きを読む >>
『SHOW STOPPERS!!』大阪公演 感想

今日はドラマシティで「SHOW STOPPERS!!」を観てきました。
5列目の一番端っこの席で、ちょっと首が痛かった A^▽^;)
でもオペラグラスなしで観られるし、目線もらえたと勘違いできる席でもあり、良かったです♪

宝塚OBとル ヴェルヴェッツのコラボ。
途中、ちょっと睡魔に襲われたところもありましたが、耳福でございました(*´꒳`*)

 

1幕はストーリー性のあるショー形式。2幕はミュージカルコンサート風。

全体的には大人っぽくセクシーな雰囲気が漂います。

 

今回座長の湖月わたるさん、時にセクシーに時にコミカルに、時にかっこよく、歌い踊り、素晴らしいエンターテナーぶり。
ダンスは元々お上手ですけど、失礼ながら歌の方はそれほどでもないと思っていたんです。すいません・・・

でも、発声法を変えたんでしょうか?とても聞きやすく抜群に進化されてたように感じました。
2幕では、宝塚現役時代を彷彿させる男役のかっこよさも❤

 

彩輝なおさん、少しふっくらされてますが相変わらずお美しい。

歌も声の伸びがよく、荘さんとのコミカルな場面もかわいらしかったです♪

貴城けいさんは、少し喉の調子が良くなかったのか、声が伸びずちょっと苦しそうな印象を受けました。

荘一帆さんは、なんだかとってもイキイキしてて楽しそう。大人の女性の色気もしっかり出てきた印象。

 

ル ヴェルヴェッツの皆さんの中では、まだ宮原くんの歌声しか聞いたことがありませんでした。

他のメンバーもミュージカルに結構出てるし、聞いたことがあってもいいはずなんですがなかったんですねぇ。自分でも驚きです。

4人別々でも素敵な歌声ですし、4人そろえばさらにパワフルで聴きごたえがあります。ダンスも頑張ってましたね(*^-^*)

ル ヴェルヴェッツのコンサートも行ってみたいな。

 

今日のスペシャルゲストは春野寿美礼さん。

2幕で、3曲歌ってくれました。

1曲目はファニーガールから「パレードに雨を降らせないで」をキュートに。

2曲目は妃海風ちゃんとファントムの中から「You are the music」を切なく歌い上げ、現役時代を彷彿させます。

3曲目はル ヴェルヴェッツの4人を従えてエリザベートの「闇が広がる」を、4人のルドルフ?に負けない声量で歌い上げてました。

あの4人に負けない歌声、オサさん(春野さんの愛称)すごいなぁ!オサトートもルドルフズもかっこよかった〜。

 

そしてダンスとコーラスで支える、妃海風さん、牧勢海さん、舞城のどかさん、珠洲春希さん、桜一花さん。

可愛らしく、かっこよく、出ずっぱり?というくらいがんばってました。

一花ちゃんのキラキラの笑顔がかわいかった〜。結構お気に入りの娘役さんだったので♪

 

終演後アフタートークがあり、彩輝なおさんが司会を務め、春野寿美礼さん、佐藤隆紀さん、貴城けいさん、日野真一郎さんというメンバーでした。

さえこさん(彩輝さんの愛称)は自己紹介の後「グダグダになりそうな気がしますが」と言いながら、司会進行の紙を見て「(字が)ちっちゃ!!」と(笑) 佐藤くんが読んであげてました。

それを見たオサさんとかしげさん(貴城さんの愛称)が老眼で字が見えない時の真似をしてました。

私も分かります!小さい字が見づらくなってきた(^_^;)

 

そして、さえこさん、アフタートークのメンバー他の4人に「もう何でもいいから自由に自己紹介をしてください」と。

佐藤くんは「僕は少しバレエをしてたことがありますので、バレエのポーズを」と言って、バレエのアン・ドゥ・トロワとすごく地味〜にポーズをとってました(笑)

オサさんは「皆さんもご存知とは思いますが」で格好よく花組ポーズをキメて「春野寿美礼です!」

かしげさんは「貴城けいです。えっと・・・今日はこの声でいきます」と。やっぱり今日は声の調子が良くなかったみたいですね。

日野くんは「え〜、え〜と・・・日野真一郎です」と何もなかったので、佐藤くんに「迷った末に結局止めたパターンだろ」とツッコまれてました。会場から催促の拍手が上がり、オサさんがやった花組ポーズを真似て「日野真一郎です!」(笑)

 

その後、さえこさんとオサさん、かしげさん共に音楽学校時代は玄関掃除だったという話に。

さえこさんとオサさんは学年が一つ違いなので、さえこさんがオサさんに玄関掃除を教えたとのこと。

オサさん、椅子から立ち上がって「(さえこさんは)やさしかったです」さえこさん「よかったぁ〜、当時はまだ芸名がなくて長田さんだった・・・」オサさん「長田雅子です」会場に頭を下げる。はい、存じております(笑)

その流れから、さえこさんが佐藤くんと日野くんにも「玄関掃除する?」と振り、2人ともちょっと困惑したもようで、佐藤くん「玄関の掃除をしてますね」日野くん「はい、えと、僕も事務所の玄関の掃除をしようと思います」。

すでになかなかのグダグダ具合です(笑)

 

オサさんは、元々娘役志望で髪もおかっぱのまま切るつもりはなかったそうで、さえこさんに「あなた髪切らないの?」と聞かれて初めて「私は男役になるのか」と自覚したとか。この話は聞いたことがあるけど「髪切らないの?」と言った上級生がさえこさんだったとは初めて知りました。

かしげさんは声の調子が悪いせいかほとんど話さず。

 

さえこさん、佐藤くんと日野くん向かって「何やら物まねをすることがあると聞いたけど」と急に物真似を要求する無茶ぶり(笑)

佐藤くんが「レベル低めのところで、今回の作品の中でいがみ合う親友(?)の歌をさえこさんと荘さんが歌っている荘さんの真似を」と言って、さえこさん相手にやって見せ、日野くんが「それやろうと思ってたのに」。日野くんはかしげさんの真似を。

う〜ん、どちらも微妙?(笑)

佐藤くんがビートたけしさんの物真似をするはめになった回があったそうで、はけた後に演出家の三木さんに怒られるんじゃないかと思ってたら、舞台裏にいた三木さんも佐藤くんの前でビートたけしさんの真似をしてノリノリだったと話してました。

 

最後にグッズの折り畳み傘のプロモーションをすることになり、さえこさんはまたも佐藤くんと日野くんにCMをやれと無茶ぶり。

どういう感じだったかよく覚えてないですが、佐藤くんがやった後に微妙な空気になってしまい、佐藤くんは椅子に突っ伏し、その後開いた傘の後ろに隠れてました。日野くんのもよく覚えてませんが、どうにでもなれって感じでやってましたね(笑)

全員、折り畳み傘を差して退場する前、傘がなかなかうまく開かなくて「ん?あれ?」ってなってるオサさんがかわいかった♪

そして、はける時には、日野くんが風に吹かれて飛ばされる真似をしながら退場。

さえこさんの無茶ぶりとトークのグダグダ具合がなんとも面白かったです。

楽しかった( *´艸`)クスッ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

1789〜バスティーユの恋人たち〜 大阪公演 感想

今日は『1789』を観に新歌舞伎座へ行ってきました。 

新歌舞伎座は舞台の高さが低めで、客席とも近くて観やすいですね。

距離が近いのでフランス革命もより臨場感が増します♪ 

それに座席の前後も広めにとってあり足も楽でした。 

再演版は初演より分かりやすくなっているし、キャストの皆さんの団結力と熱量もアップしているし、いくら平日とはいえ空席が目立つ(特に2階)のが不思議なほど。もったいな〜い! と言いつつ私もそんなお金持ちじゃないんで、これ以上チケット増やせないんですが(^^; 


この作品の音楽がやっぱり好きだなぁ♪ あと、観るたびにアンサンブルの皆さんの身体能力の高さに感心させられます。 

バック転やら、宙返りやら、ホントすごいです。 キャストの皆さんが大千秋楽まで全員ケガなく無事に終えられますように(*^-^*) 


帝劇の時と多少細かい部分で演出が変わってるところがあったようです。 

歌の歌詞も一部変わってたのかな? 

なんかちょこちょこ変わってるところがあるのは分かったけど、うまく説明できなくてすいません。 


さて、今日の役替わりはこんな感じ。  

今回は『1789』2回目の観劇なので、役替わりキャストと他は気づいたところだけ行きたいと思います。 


加藤和樹くんのロナンは泥臭い農民の子といった雰囲気。 

真っ直ぐすぎるゆえの不器用さが分かりやすく伝わってきます。 

いやぁ〜、かっこいいロナンですよ(*´˘`*)♡ 

若々しい小池ロナンと比べると、加藤ロナンは少し大人っぽく、しっかり者のお兄ちゃんという感じですが、父親の仇であるペイロールへの憎しみも強く、ペイロールを見るたびに飛びかかろうとしてます。 

初演の時よりアウトローな感じが減ってたような気がします。 


そういえば、ルイ・ジョセフのセリフが増えました? 

「オランプが歩けるように訓練してくれたんだ」というようなセリフ。 

私が気付かなかっただけかしら?ちょっと自信がない・・・(^^; 


三浦涼介くんのロベスピエール、前回観た時より歌が滑らかで聴きやすくなってました。

帝劇の時より肩の力が抜けて、周囲ともいい感じに馴染んでるし、どんどん良くなってきてるのを感じます。 

三浦くんはホントきれいな顔立ちしてるよなぁ。キレッキレのダンスもカッコいいし。 


渡辺大輔くんのデムーランも声の伸びがよくなって、貫禄も出てきたような気がします。


上原理生くんのダントンはパレロワイヤルの場面の楽しそうなこと!

あそこは唯一市民たちの明るい場面ですからねぇ。アドリブもちょこちょこ変えてるみたい。 


ソニンちゃんのソレーヌは、初演の時から毎回腕が震えちゃうくらい全力で熱演してて、そのエネルギーがすごいと思います。 


岡さんのペイロール、本当に憎らしいほどの悪役ぶりです。

それがまたかっこいい! 


今回はこれくらいで…すいません💦


この作品は、ダンスがすごいですからね。見どころは迫力満点の群舞です。 

あれを見ると、私も頑張ろうって思いますもん。 

もちろん、お芝居の上手いベテランもそろってますし、観応え十分。 

私はこの作品結構好きですよ。 

今年はあと1回、大阪千秋楽を観に行く予定です。 

今回は短くまとめちゃいましたが、次回の感想はもっと詳しく書こうかなと思います。

書けるかな?(笑)