ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「自分には生きる価値がない」と思い込んでいる人に多い行動 | main | 『Piaf(ピアフ)』シアター・クリエ 観劇感想 >>
座・ARISA『キセキのうた』名古屋公演 感想

今日はウィンク名古屋で座・ARISA『キセキのうた』を観てきました。

席はサイドブロックの通路側で3列でしたが、前に人がいなかったので実質最前列。

ただ、同じブロックの前にも横にも人がいなかったので、お一人さま観劇の私はなんとなく一人離れ小島にいるような気分になってしまいました(笑)同じブロックの後ろには人はいたんですけどね。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、湖月わたるさんが歌いながら舞台の端の方まで来て目を合わせて笑いかけてくださること数回。そういう意味ではラッキーだったかな(*^-^*)

いつもながら客席の端の方にまで気遣ってくださる優しいわたるさんとっても素敵です♪

 

ではでは、本題へいきましょうか。

出演者は、座長の観月ありささん以下、湖月わたるさん、春野寿美礼さん、そしてゲスト出演の松下優也くん。

松下くんは最初と最後に少し出てきて台本を読んで1曲ずつ歌うだけで、基本ストーリーには絡んでいません。

 

作品は「アラフォー以上の女性を応援する」がテーマ(?)で、松任谷由美さんの楽曲を散りばめた構成の音楽朗読劇。

ストーリーの流れとしてはオーソドックスでエンディングも想像つきやすく単純明快。

メインキャストのお三方へ宛書された役も当たらずとも遠からずな感じで、そこは面白かったです。

全体的な感想としてはコンセプトは素敵だと思うし、ユーミンの曲も好きだし、4人の歌も素晴らしかったのですが、脚本がちょっと残念な感じ。

脚本家が自己陶酔・自己満足で書いたような意味不明な言い回しや回りくどくて押しつけがましいセリフが多く、あの実力派揃いの演技力をもってしても、途中シラケてしまう部分が何か所かありまして・・・

オープニングで『言霊』役の松下くんが読んでいた部分が特に詩的で、歌の詞としてはありかもしれないけど脚本としては非常に伝わりにくい表現で、日本語のはずなのに言葉が理解できなかったんですよね。

オープニングから意味不明な言い回しが続いて気持ちが引いてしまい、正直どうしようかと(苦笑)

だから、松下くんが台本読み終わってやっと歌い始めた時にホッとした。

脚本の枠組はしっかりしていて良いと思うのですが、台本に使われる言葉を誰にでも分かりやすいシンプルな言い回しにして欲しかったです。

辛口でスイマセン・・・

 

あと観た方の感想で、セリフの中に「私たち、もうおばさんよ」というようなセリフにうんざりしたというのも見かけましたが、まあ、それは現実に「もう年だから・・・」「おばさんだから」とやりたいことを諦めてしまっている人も多いから「年なんか関係ないよ」というストーリーにする流れであえてセリフに使っているのかなと私は思いました。

 

キャストの皆さんは、メインのお三方の個性が光る演技と歌でとても素敵でしたよ(*^-^*)

現実主義なアリサ、自由奔放なオサ、クールなワタルの3人のアイドルグループ「スレンダーズ」の場面は、皆さんとってもキュート♪オサさんが思った以上に可愛らしくてファンとしては涎ものでしたわ(笑)

ストーリーはそのスレンダーズを解散した15年後、スレンダーズのマネージャー的存在だったサチコさんという人が亡くなったところから始まります。

亡くなったサチコさんからスレンダーズだった3人にそれぞれメロディーの違うオルゴールが届いたことをきっかけに、再び3人が集まって、思い出話をしているうちに3人に届いたオルゴールの意味を知り、3人でカラオケみたいなことをしたりして一通り楽しんだ後、サチコさんの願いを叶えるためスレンダーズ再結成の話が出て・・・という流れでした。

カラオケ(?)の場面は3人それぞれが1曲ずつ歌ってくれて会場もノリノリ、楽しかったです♪

 

再びスレンダーズとして歌う事を決めた3人が歌うキャリオンは、振りがとってもセクシー。

3人それぞれ違う色気が感じられて、同じ振りでもこんなに個性が出るのかと面白かったです。

ありささんは、かわいらしさも残る健康的でさわやかな色気。

わたるさんは、大人の女性のクールさも感じさせるシャープな色気。

オサさんは、手の動きが柔らかく、匂い立つようなちょっと妖しい色気。

言葉で表現するとこんな感じでしょうか。あくまでも私の感じた印象ですので、あしからず(笑)

 

ありささんは、元々歌手としても活動されていますから、安定感のあるアルトで歌詞も聞き取りやすくユーミンの曲にもよく合っていてステキでした。

わたるさんは元々高めの声だったようで、宝塚現役時代は無理して低音を出していたから少し不安定だったのかな?今ではきれいなソプラノで無理なくイキイキと歌ってらして、聴いてるこちらも幸せな気分になります。

オサさんの温かく柔らかい歌声とちょっとだけ癖のある歌い方は健在。さらに艶っぽさが増していた気がします。

松下くんが歌ってるのは初めて聞いたかも。意外に癖のない歌い方でユーミンの曲を彼なりに歌い上げていてイケるなって思いました。

 

この作品では、松下くんの扱いが取ってつけたようでちょっと気の毒な気がしました。

松下くんの感想があまり書けなくて申し訳ないです。本編にあまり絡まないので、書きづらくて(^_^;)

 

カーテンコールでは、ありささんが持ち歌を1曲歌ってくれました。客席も立ってノリノリで盛り上がって楽しかったです♪

 

今日はアフタートークもあったので、覚えている範囲で書いてみます。

カーテンコールの時も少しMCがあったので、そこと混同しちゃってるかもしれないですけど、お許しください。

 

ありささんの「今日は何を話しましょうか?私はいつもテーマを決めないんですよ。何かありますか?」という一声から始まりました。

松下くんの椅子だけ背もたれがなくて松下くんが「下っ端はもたれるな、ということですかね?」と冗談ぽく言うと、「あら本当、椅子が足りなかったんだ。じゃあ申し訳ないから皆立ってる?」と他の3人が応じ、松下くん「いやいやいや、大丈夫です。せっかくだから座りましょうよ」と恐縮。

松下くんの役名が「言霊のジョー」になった理由が、ジョーっぽいから。

松下くんは黙っていると尖った印象があってそれがジョーっぽいんだそうです(笑)

次はわたるさんが「私、小学校4年生まで名古屋に住んでたんです」という話から東山動物園のゴリラ、シャバーニの話題へ。

わたるさんはシャバーニを見に行って嵌ってしまいDVDまで買ったとか。わたるさんの理想の男性像なんですって(笑)

名古屋メシの話へ飛んで、オサさん「昨日、天むす食べた。おいしかったぁ」ありささん「私も天むす食べた。おいしかったね」松下くん「オレ昨日、風来坊に行きました。名古屋来ると時々行きます」わたるさん「私、昨日幕間にひつまぶし食べた。がーって」わたるさん一人だけ豪華なもの食べたのね、しかも昼公演と夜公演の間じゃ、落ち着いて食べられなかったでしょうに(笑)

ありささんが「名古屋メシって揚げ物が多いの?手羽先、天むす、味噌カツ・・・そんなことないって会場の空気が出てるけど(笑)」

最後は公演中の失敗談。わたるさんは今日、キャリオンを歌っている時にハモらなきゃいけないところでメインパートを歌ってしまったそうですが、ありささんは「今日はなんか歌いやすいなーとは思ったけど、気づいてなかった」。オサさんも「えー、全然気づかなかったー」。今日の失敗談はこれ以外に特にないということで、過去の失敗談の話へ。

ありささんがシリアスな場面で「オサとワタル」というところを「オサル」と言ってしまった話。客席も舞台上も「今は笑ってはいけない」という空気ですごい一体感だったとか。それ以来その場面になるとおさるさんが頭に浮かんでしまう。

松下くんは大阪公演の初日にオープニングの出だして3回くらい噛んでしまったんだけど、会場が無反応だったから逆につらかったと。いっそのこと笑ってくれた方が良かったなんて言ってました。

それとオープニングで転ぶんじゃないかとか、また噛むんじゃないかとか心配になっちゃうそうです。うん、そういうのあるよね。

そんなところでトーク終了のチャイムが鳴って終わり。

うだうだトーク面白かったです!

 

良い情報と残念な情報があるという切り出したありささん。

明日DVD用の映像を撮るということ、残念な情報は台風の影響により千秋楽となるはずだった30日夜の部が中止になったということでした。ありささんは、自分のステージが自然災害で公演が中止になるのは初めてということでとても残念そうでした・・・

 

多少脚本に難ありでしたが、出演者の皆さんの力量で最終的に楽しむことができました。

COMMENT