ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『SHOW STOPPERS!!』大阪公演 感想 | main | 間違ったダイエットは危険!? >>
「1789−バスティーユの恋人たちー」大阪千秋楽 感想

今日は、1789大阪千秋楽を観てきました。
3列目のほぼセンターの席で、舞台にすごく近くて群舞の場面なんかは迫力満点でした♪
ただ、斜め前の女性の座高が高くて、マズリエ家のパパが撃たれて倒れた場面とかロナンが撃たれた場面とかは、前の人の影になってしまって全く見えなかったのが残念。こればかりは運ですねぇ・・・(^_^;)

 

1789、今年は3回目でMy楽です。
大阪千秋楽ということで、出演者の皆さんも演技に熱が入っていたようで、全体的な熱量がすごかったです。

 

今日のラマール様のアドリブは(詳しくは覚えてないので、こんなニュアンスということで)「骸骨が上の方までぎっしりだ!この骸骨たちは生前、1789の大阪千秋楽を迎えて寂しく思っていたが、博多でも開催されることを知って博多まで行こうと決意していたに違いない!」会場拍手「よし、必ず来るはずだ」とうなずきながら去っていきました。
残念ながら、私は博多まで行けませんが(笑)

 

さて、またお約束通り(?)覚えている範囲でメインキャストを中心に感想を一言ずつ書いていこうと思います。

 

ロナン・マズリエ役の小池徹平さん。

帝劇で観た時より、さらに役が深まり骨太な青年になった印象。

今日は舞台に近い席で表情もよく見えたので、爽やかさと優しさもありつつ、たくましさや意志の強さも感じることができました。

 

オランプ役の神田沙也加さん。

沙也加ちゃんのオランプは初演で観ることができなかったので、今回初めて観ることができました。

1本筋の通った意志の強さを感じさせる眼差しと不器用さ、かわいらしさもあり魅力的なオランプでした(*^-^*)

 

マリー・アントワネット役の龍真咲さん。

ときどきセリフが早口になってしまうのが少し気になりましたが、前半の天真爛漫で無邪気な可愛らしさから、王妃としての責任に目覚めた後の凛とした美しさへと変わっていく過程を見事に表現。

最後にフェルゼンに別れを告げる場面も、心を決めていたけどフェルゼンを前にすると揺らぎそうになる気持ちも丁寧に表現されていたように思います。歌も変な癖がなく、高音もきれいで聞きやすかったです。

初演から花總まりさん、凰稀かなめさん、龍真咲さんと観てきましたが、私はこのロックミュージカルでのマリー・アントワネットはイメージ的に真咲さんが一番似合うような気がします。あまり古風じゃない方がいいというか。

 

ロベスピエール役の三浦涼介さん。

今日はより一層熱かったですねぇ。

微妙に声がかすれ気味でちょっとお疲れかなとは思いましたが、ダンスのキレは変わらずかっこよかったです。

仲間がいて、一応恋人もいる設定のロベピエだけど、どこか孤独を抱え込んでいるような影の部分も感じます。

革命の場面でロベピエが客席に向かって手を差し伸べる振りがあり、それが位置的にちょうど私の正面だったので、まるで私に手を差し伸べてくれているような錯覚に陥ってしまいましたわ(*^m^*) ムフッ

 

ダントン役の上原理生さん。

威勢のいい熱血兄ちゃんって感じが好きです♪

パレ・ロワイヤルの場面の笑顔がステキだし、革命の場面で銃を構える横顔はかっこいい!

ダントンの特徴はデカイ声(笑) あの声で民衆を鼓舞する、そして観ているこちらも元気になれるんです(*´∀`*)

 

デムーラン役の渡辺大輔さん。

渡辺くんもええ声なんですよねぇ。演説の場面では、言葉がまっすぐ届いてくるようです。

情に厚く、仲間を大切にするデムーランの情熱もよく伝わってきました。

そういえば、パレロワイヤルでデムーランがリュシルと一緒にはける場面で、「妬けるな〜、あ〜あ〜、お幸せにな!ボンニュイ!」とか言ってるダントンに向かって丁寧過ぎるお辞儀をしてからはけるデムーラン初めて見たかも。

 

ソレーヌ役のソニンさん。

これまでにも増して感情表現が大きくなってたように思います。

演技も歌もうまくて、役にしっかり向き合っているのがよく感じられます。

今日は最初から最後までずっと全力で走り続けているような印象でした。

ソニンちゃんは、いつも役に全力投球してる感じでそれは悪いことではないんだけど、ずっとそれが続くとそのうち燃え尽きちゃうんじゃないかと少し心配になっちゃう時もあるのよねぇ。

 

アルトワ伯役の吉野圭吾さん。

セクシーでどこかチャーミングさも感じられる策略家のアルトワ伯。

アルトワ伯は吉野さん以外に考えられないくらいキャラクターとして出来上がっていますし、あの存在感。すごいな〜。

 

ラマール役の坂元健児さん。

軽〜い感じのセリフ回し、作品の中ではお笑い担当ですが、要所要所でオランプちゃんへの恋心をのぞかせ、アルトワ伯から護ろうとする健気さがなんとも切ない(笑) なんだかこの叶わぬ恋を応援したくなっちゃいます。

部下のトゥルヌマン(岡田亮輔さん)とロワゼル(加藤潤一さん)とのトリオも息がピッタリで観ていて楽しいです♪

 

フェルゼン伯爵役の廣瀬友祐さん。

アントワネットへの情熱的な愛が伝わってきます。特に今日は熱かったように思います。

いや〜、かっこよすぎでしょ。

王妃を救い出そうと会いに行った場面で最後の別れを告げられ、愛する人を救えない虚しさとやるせなさをにじませる背中が何とも言えません。

 

ペイロール役の岡幸二郎さん。

相変わらず安定した悪役ぶり。鞭捌きもぶれることなく見事です。

それに、あのだみ声でよく声をつぶさないでいられるなぁと感心します。岡さんすごいですわ。

 

こんな感じでしょうか。

平民たちの群舞は、本当に圧巻、迫力満点でした!

戦いのシーンでは女性キャストが舞台から飛んできちゃったりとかして、まさに革命の中にいるようでしたわ。あれは吹き飛ばされた演技だと思ったんだけど、落ちちゃったわけじゃないよね?

後は、あの〜、あれですな、舞台上のカップル全員のキスシーンは、近くで見るとさすがに照れますな(/∀\*)

あんなたくさんカップルがあちこちでキスしてるシーンがある作品はなかなかないよね(笑)

 

前の週に大阪で大きな地震があって、もしかしたら観に行けないかもしれないと思ったんですけど、その後は大きな被害が出るような余震もなく、無事に観に行ってくることができました。

キャストの皆さんも全員ケガもなく無事に千秋楽を迎えられたようで本当に良かったです(*^-^*)

 

カーテンコール4回だったかな。

挨拶は、真咲さんが「博多以外と近いです。ぜひいらしてください!」というようなことを。

沙也加ちゃんは「地震があって、大阪に来ることが不安な方もいらしたと思いますが、こうして足を運んでくださった皆さまありがとうございます。不安なドキドキを革命のドキドキや恋のドキドキに変えていけたらという思いでやっておりました」というような話をしてくれました。

徹平くんの挨拶の内容がどうしても思い出せなくてすいません💦

 

関西で地震の被害に合われた方々の一日でも早い復興を祈っております。そして、これ以上被害が広がりませんように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT