ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 上原理生コンサート2018 感想 | main | 「ジキル&ハイド」名古屋公演千秋楽 >>
宝塚星組『うたかたの恋/Bouquet de Takarazuka』中日劇場公演感想

毎年2月頃に中日劇場で行われていたタカラヅカの定期公演が、中日劇場の閉鎖に伴い今年が最後になるということで、星組公演を観に行ってきました。

なんですが、私、開演時間が12時だったのに13時と勘違いしていて、30分ほど遅刻しちゃいました。

私のおばかぁ! お芝居の前半が観られず残念・・・

「うたかたの恋」は宝塚の定番演目の一つで、クロード・アネの小説「マイヤーリンク」をもとにした、オーストリア皇帝フランツ・ヨゼフと皇妃エリザベートの嫡子ルドルフと男爵令嬢マリーの悲恋を描いた作品。

私も何度か観たことがあり途中からでもストーリーは分かりますが、やっぱり半分近く観そびれたのでそれぞれの役の印象などは書きにくいですね(^_^;) 観劇の度にメインキャストそれぞれの感想を書いているのですが、今回はやめておきます。

 

それでも、紅ゆずるさんのルドルフは孤独感と哀しみをにじませる美しい佇まいが素敵でしたし、

綺咲 愛里さんのマリー・ヴェッツェラもとてもかわいらしかったですよ。

ただ、今の星組さんで観るならもっと明るい作品がよかった気はします。

「Bouquet de TAKARAZUKA」は、タカラヅカレビューで伝統的に使われてきた曲を中心に作られていて、なんだか懐かしさを感じさせるショーでした。なんというか、昭和な雰囲気?(*´艸`*)

中日劇場に来る観客の年齢層は結構高くてタカラヅカ黄金時代を知るファンが多そうなので、そういう意味では目新しさはないけど中日劇場での定期公演の最後を飾る作品としてふさわしいショーなのかもしれませんね。

客席降りの時はジェンヌさんたちが握手に応じていました。

以前はこういうことはやってなかったから、ちょっと驚き!

私は残念ながら一番端っこの席だったので、握手は出来ませんでしたが。

 

タカラヅカは久しぶり過ぎてジェンヌさんたちの顔と名前が全く分からず、しかもみんな同じ顔に見えてしまうという・・・

初心者に逆戻りしちゃってます(^_^;)

とはいえ、タカラヅカらしい作品、キラキラな世界に浸れて楽しかったです♪

名古屋での定期公演、御園座かどこかで続けて欲しいなぁ。

COMMENT