今日は『ロミオ&ジュリエット』を観に梅田芸術劇場へ行ってきました。



2階の一番後ろの席でしたが、思ったほど遠い感じはしなくて舞台全体が見え、群舞のフォーメーションがよく分かって楽しめました。



舞台は刈谷の方が少し大きかったのかな?見慣れてる梅田芸術劇場メインホールの舞台が多少狭く感じました。



 



役替わりはロミオ役:古川雄大さん、ジュリエット役:木下晴香さん、ベンヴォーリオ役:木村達成さん、マーキューシオ役:黒羽麻璃央さん、ティボルト役:渡辺大輔さん、死役:宮尾俊太郎さんでした。



ベンヴォーリオとティボルトは刈谷で観た時と同じキャストですね。



 



今日は大人チームのアフタートークが盛りだくさんでしたので、刈谷と同じキャストの方の感想は最小限にしてアフトクの内容を思い出しながら書きたいと思います。



 



 

ロミオ役の古川雄大さん。



大野くんのロミオが太陽なら、古川くんのロミオは月ですね。



純粋さもありつつ、どこか憂いを感じさせるロミオです。2年前に観た時より役が深まっていて、ロミオの心情が分かりやすく伝わってきました。最後の悲劇につながっていく流れが自然というか、そりゃそうなるだろうなと納得がいく。ジュリエットへの愛が深かったように思います。





ジュリエット役の木下春香さん。



とてもかわいらしく、透明感のある歌声が心地いいですね。



芯の強そうなジュリエットで、ロミオを包み込むような包容力も感じられます。



 



マーキューシオ役の黒羽麻璃央さん。



やんちゃではあるけど比較的普通の男の子という印象。



平間くんのような狂気は感じられませんが、黒羽くんのマーキューシオは、自分の心を護るためや友達を護るためにあえて道化を演じているような雰囲気がありました。



歌に関しては多少不安定な部分もありますが、歌も芝居もこれからまだ伸びていく気がしますので今後が楽しみですね(*^^*)



 



死役の宮尾俊太郎さん。



宮尾さんの死のダンスは、背後からヒタヒタと忍び寄りロミオたちを包み込んで冷たい闇の世界へ引き込んでしまうような怖さがあります。



今日は2階席だったので、”僕は怖い”の場面の死とロミオのダンスの間に赤く不気味に変化していくライトや、ロミオとジュリエットが亡くなった直後はどこか喜んでいるようにも見える死が、モンタギュー家とキャピュレット家が和解した時に弱って死が死ぬ(?)瞬間までよく見えてゾクゾクしました。



 



今年のロミジュリは春野さんの女の部分を前面に出した色っぽい役作りや姜さんの今までにない嫌味なパリスなどによって、ストーリーの流れが納得しやすくなっていたように思います。



春野さんのキャピュレット夫人が女の前面に出してきたことで、毒親感が出てジュリエットにひどい告白をする場面も納得(笑)



今までのパリスはティボルトに簡単に倒されそうなイメージだったけど、姜さんのパリスは完全にティボルトが敵いそうにない相手になっていましたからね。



 



スマホやらメールやらの設定もかなり違和感があるし、ツッコミどころ満載な作品ですが、曲は好きなのでまた再演があったら見ると思います。



 



ところで今回、今更ながらロミオとジュリエットが出会って恋して結婚して亡くなるまでの間って立った数日間の話なんだと気づいきました(笑)



二人が出会ってすぐ結婚して戦いが起きてマーキューシオとティボルトが殺されてロミオが追放されて・・・という出来事が嵐のごとく数日間に起こってることがすごいですよねΣ(‘ω’ノ)ノ



 



公演終了後には大人チーム代表5名によるアフタートークがありました。



登壇者は春野寿美礼さん、岡幸二郎さん、シルビア・グラブさん、岸祐二さん、そして司会として石井一孝さんでした。



 



全部は覚えていませんが、思い出せる範囲で書いていきますね。こんなような意味の内容だった程度の気持ちで読んでください。



まずは司会のカズさん登場。



「本日、司会を務めることになった大公役の石井一孝でございます。若者たちのアフタートークは何度もやっていますが、大人チームのアフタートークは今日が最初で最後になると思いますので、最後までお楽しみください。若者たちのアフタートークでは司会はアナウンサーの方が務めていたんですが、大人チームにはなぜかアナウンサーの方が付かず私がやることになりまして、ヴェローナを治める大公だからしょうかね。なにしろこの大人チームの登壇者は、私の言うことを一切聞かない自由な人達ですからねぇ。いらんことも言うかもしれませんが、その時は皆さま”いらんことは言うな”という圧をかけてやってください。それでは、自由な人達にご登場いただきましょう!」と長い挨拶(笑)



 



自由な人達と紹介され、スキップしながら岸さん、シルビアさん、春野さん、岡さんが登場。カズさん「自由だな〜」



劇中では絶対にスキップするような役ではないので面白かったです( ´艸`)



なぜか椅子が一つ多く置かれていて、真ん中の椅子を一つ開けて座ろうとしてのを見たカズさんが「椅子取りゲームのようになってますが、せっかくなので詰めてください」というと春野さんが真ん中の空いている椅子を見て「誰ここ?」と笑い、それぞれのドリンクボトルを移動させたりと少しワタワタしていた大人チームの皆さん。椅子が一つ多かったばかりに・・・(笑)



そして自己紹介。



岸さん「神父役の岸祐二でございます。本日は足元の大変良い中、お越しいただき誠にありがとうございます。最初で最後の大人チームのアフタートークも最後までお楽しみください」(なぜか選挙演説風) カズさん「選挙じゃないんだから(笑)」



シルビアさん「乳母役のシルビア・グラブです」春野さん「キャピュレット夫人を演じております春野寿美礼でございます」岡さん「キャピュレット卿役の岡幸二郎でございます」



カズさん「ではさっそく一つ目の質問に・・・」岡さん「早いね、もう質問?雑談とかしないの?」カズさん「自由な人達だから雑談始めると治まらなくなっちゃうでしょ。時間ないし」(笑)



 



【質問タイム】



この作品では難しい歌が多いと思うがどうか?



岸さん「僕は歌のことは無学だから何が難しいとかあんまり分からないんですよ。いい曲だなぁと思って歌ってます。難しいとかあまり考えないんですけど、あ、2幕のシルビアさんとのデュエットはハモリが難しかったです」



シルビアさん「私は”きれいは汚い”の曲。あの場面はずっと水も飲まずに出ずっぱりで歌い続けてるからしんどいのよ。衣装の中に重り入ってるしね。稽古中は最後まで歌い切れなくてどうしようかと思った。あ、乳母の中の人はもうちょっと小さいんですよ。ちゃんと言っとかないとね(笑)」カズさん「肉襦袢を入れてるもんね」



春野さん「娘のジュリエットに事実を告白する歌です。メロディーは美しいですけど内容ことがかなり酷いこと言っているので、ただきれいなメロディーに酔って歌ってしまうと伝わらないんですよね。そこが難しいです」



岡さん「やっぱり娘を思って歌うあの曲ですよね。春野さんがおっしゃったように美しいメロディーに乗せてすごいことを歌っているので思いが伝わるように歌うのは難しいね。後、今回カラオケだからね。オケがあれば”岡さん今日はこんな感じなんだね」と演奏を合わせてくれたりしますけど、カラオケだと癪が決まってて気持ちも録音された音に寄せていかなきゃいけないから、尺に合わせて気持ちを出していくのが大変だね」



大人チームの役はいろいろ抱えてどうしようもない人たちばかりだが、自分の役について良い部分を教えて



岸さん「え、質問の意味が分からないんだけど?」カズさん「例えば、ロミオにメールして反応がなかったら電話しようよ、とか霊廟でもあと1分早く来てたら、とかあるじゃないですか。そういうの踏まえても良い部分」「そうですねぇ、思うところはたくさんあるんだけど、いろいろかなわないところが運命なんですよ」カズさん「神父さんは二人がうまくいくように精いっぱい頑張ってる感じはするよね」岸さん「そうなんだけど、メールがねぇ。皆さんご存知でしたか?この作品2040年の設定なんですよ」



カズさん「乳母はロミオが追放されたら急にジュリエットに”あなたの旦那は雑巾”って言ってしまうから、それが引き金でジュリエットは気持ちを固めちゃうじゃないですか」シルビアさん「ね〜、ひどいですよね。最初台本を読んだ時は言うの辛いなと思いました。でもシェイクスピアさんが原作で書いているので言わないといけない。ロミオは追放されてもう帰ってこないかもしれないし、財力のあるパリスと結婚したほうがお嬢様も幸せになれると思うようにしています。」



カズさん「悪いところだらけのキャピュレット夫人ですが、いかがですか?」岡さん「良いところないよなぁ」春野さん「夫にもないって言われた(笑)でも考えてるんですけど、本当にいいところないんですよね。とにかく愛を求めてるんです!夫が愛をくれないんです」



カズさん「そんな愛をくれないキャピュレット卿ですが」岡さん「この夫婦は口癖があってね、妻は”聞いて”僕は”何事だ”っていつも言うんですね。カズさん「なんでいつも遅れてくるんですかね?」岡さん「そりゃあ、いろいろ事業とかやってて・・・」春野さん「それは聞かないであげて」岡さん「そうだよ。こっちもいろいろあるんだよ。忙しいんだよ!」(笑)シルビアさん「私は旦那様が珍しく朝早くからご準備をって言いますからね」カズさん「お寝坊さんなのかな?」岡さん「お寝坊さんってかわいいね(笑)」



岡さんがカズさんに「それであなたはどうなの?ヴェローナをちゃんと治められてないじゃない」カズさん「私は一番まともなこと言ってるじゃないですか。でも誰ひとり聞いてないんですよ。一所懸命まともなこと言ってるのに。(岸さんに向かって)あなたも以前大公をやってたでしょ」岸さん「そうですね。あの時は私も苦しかったですよ」



 



ここで袖から終われの合図が出たようですが、もう一つ質問をとカズさんがゴリ押し(笑)



岡さん「じゃあ、続きはロフトの前でやろうよ(笑)」



自分が男性陣はロミオ、女性陣はジュリエットだったら?



岸さん「ん?意味が分からない。ロミオだったら?」カズさん「さっきから物分かりの悪い人がいますが(笑)自分がロミオだったらどう行動したかってこと」「う〜ん、どうかなぁ?同じことすると思う」



シルビアさん「作品のストーリーは関係なくってことよね?私なら家出してロミオと一緒に暮らします」



春野さん「私は親の説得に負けてパリスと結婚しちゃうかも。どうしたらいいか分からないですもん。だって両親の迫力がすごいですから怖いですよぉ(笑)ジュリエットが”あなたたちには分からないでしょ”と歌う時に、ばあやは迫力がありすぎて”すみません〜”って言ってますからねぇ。私ならもう親に言われるがまま結婚しちゃうと思います」



岡さん「ロミオだったら、まずマントヴァみたいな汚い所には行かないなぁ。いやですよ、あんな所(笑)行くなら絶対ヴェネツィアかパリで優雅に暮らします」



時間切れで、それぞれの挨拶はちょっと覚えてなくてすいません(^_^;)



とても楽しい時間を過ごさせていただきました♪

Comment





   

Search

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

        

Link

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM