ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「先生でもそんなことあるんだ」と言われるようになって
最近、カウンセリングの前後の時間が空いた時など雑談の中でクライアントさんに、私の失敗談とかダメダメ体験談を話すと「えっ、先生でもそんなことあるの?」なんて言われることが増えて、なんだかちょっと不思議な気分。
だって、今まで自分がそれを言う側の立場だったから。
以前は私も自分に自信がなく、子供の頃にいじめられた体験から対人恐怖になって、他人がすごく大きく見えて、萎縮していつも怯えてましたからね。
今でも自分に絶対的な自信があるわけじゃないですけど、カウンセリングを受けていろいろ解決して、少なくとも必要以上に怯えることはなくなりました。その分、落ち着きは出てきたと思います。

そんなことを考えるのと同時に、こういう言葉が出てくるという事はクライアントさんは私を見上げている状態だから「私はまだこのクライアントさんと対等な立場になれていないんだな」というバロメーターにもなり、そのクライアントさんと対等な立場になるためにはどうしたらいいか考えます。
一人一人個性が違いますから、対応の仕方も違うんですよね。今まで学んできたことが通用しない事も多いです。
まあ、私の失敗談などを聞いて安心されて、それがきっかけで対等な立場になれる場合も多いですけどね。
カウンセラーだってただの人間。完璧な人なんていません。

先ほども書いたように本当に一人一人、育った環境も経験してきたことも考え方も価値観もすべて違いますから、毎回手さぐり状態です。その人が何を抱えていて、どうなりたいのか、どうしたら解決に向かって行けるのか。
カウンセリングの技術を使いセッションもやりますが、基本はクライアントさんとの話を聞くことがメインです。そして一緒に解決していく感じですね。

なので、新しいクライアントさんに出会うたびにカウンセラーも成長していく。人のカウンセリングをしていると自分の問題にも気づくんですよ。だからカウンセラーも自分の問題を解決するためにカウンセリングを受けるんです。

カウンセラーの仕事は一生勉強、一生成長ですね。これからもたくさん学んでいきたいと思います。
レベルが上がってきた証拠?
以前に私の師匠が「カウンセリングの腕が上がってくると、そのレベルに合わせるように難しい問題を抱えたクライアントさんがやってくるようになるよ」と言ってたんですよね。
その時は「へ〜」って思っただけだったんです。
でも、最近になって私の元に相談に来るクライアントさんの中に、なかなか手ごわい問題を抱えた人や、どちらかと言うと私が苦手なタイプの人などが増えてきてることに気づきました。

今までは私と似たようなタイプや私と似たような体験をして来た人が多くて、私自身も共感しやすいし、対応しやすかったんです。
それがだんだん難しい事例が増えてきて「これが師匠が言っていたことなのかな?」と思ってちょっと戸惑いつつも、がんばっております。

ゲームで言えば、レベルが上がるごとにだんだん難しくなってきたり、強い敵が出てくるようになったりするような、そんな感じ?
科学的に証明できることじゃないけど、現実にこういうことが起こるものなんですねぇ。面白いなぁ。

レベルが上がって新しいステージに挑戦する段階ならば、受けて立ちますわよ!(笑)
苦手を克服して、いろんな事例にも対応できるように・・・
心理カウンセラーの仕事は一生成長していくことが求められる仕事だから、この先もずっと挑戦し続けることになるんだろうな。
心理カウンセラーとして・・・
実はここ3年くらいの間に私の中でいろんなことがあって、落ち込んだり、恐怖を感じたり、イライラしたり、虚無感に襲われたりと心の中が嵐のようになってたんです。
それが去年の暮れごろから、す〜っと治まってきて、自分でも不思議なくらい気持ちも落ち着いてきまして。
多分、自分の価値観が壊されるようなことが続いてパニックになってたのが、気持ちの整理がついて価値観の立て直し作業も済んだってことなんだと思います。

でも、今までの価値観が崩れるほどのことが続いた3年くらいの間に、嫌な思いもたくさんしたし、怖い思いもしたけど、そこから学んだことは多くて、今は感謝の気持ちの方が強いですね。
嫌な思いもたくさんしたのに、こんな風に感じられる自分にも驚きです(笑)

心理カウンセラーとしての仕事の場面でも変化が表れていて、以前の私なら「辛い思いをしているクライアントさんを何とかしてあげなくちゃ」という気持ちが空回りして、クライアントさんの気持ちを置き去り状態にしてしまうような失敗をすることもありましたが、今は肝っ玉かあちゃんのようにドンと構えて、クライアントさんの気づく力と変わる力を信じ、クライアントさんのペースに合わせられるようになってきたような気がします。
気付く力と変わる力を信じて待てるようになったのはクライアントさんのおかげ、発達障害の方との付き合い方を改めて学ぶきっかけになったのは、対応の仕方を間違えた私に対する、恐怖を感じるほどの激しい抵抗があったから。

すべて「おかげさま」ですね。ありがたいことです。
心理カウンセリングをやり始めて約10年、まだまだ未熟な部分もありますが、これからも仲間やクライアントさんたちと共に成長していきたいと思います。

私のカウンセリングサイトのテーマを恋愛にしたわけ
私のカウンセラーとしてのサイトを、30代以上の女性の恋愛をテーマにしたものに変えたのですが、その理由をHPのコラムに書いてみました。

今後は、恋愛に絡めたコラムを書いていく予定ですので、今後ともよろしくお願いします!

「サイトのテーマを恋愛にしたのは、なぜ?」
子どもの力 〜幼児期の決断〜
私には子供はいませんが、甥っ子たちを見ていると、子どもの感じる力や察する力ってすごいなぁって思います。もう1歳くらいから子どもって、周りに気を使うようになるんですね。

まずは2人兄弟のお兄ちゃん、現在6歳の甥っ子1号のエピソード。
言葉を覚え始めた頃からすごく周りに気を使う子で、母親や父親のみならず、その場に一緒にいた人たちのうち、誰か一人でも姿が見当たらないと「○○しゃん、どこ?○○しゃ〜ん!」と名前を呼び、探していました。ちょっとお手洗いに立っただけでも、です(笑)
一度、うちの両親とカナダに住んでいる上の妹一家と下の妹一家と私で結構人数が集まった時があったのですが、2歳になったばかりの子がその場に誰がいたのかをしっかり把握していて、一人でも姿が見えなくなると心配していたことに驚きましたね。
またある時は、お散歩中にたまたま一番後ろを少し離れて歩いていた私の母を見て、甥っ子1号はテテテ〜と走って戻って「よいしょ、よいしょ」と歩いている母を後ろから押していたこともありました。おばあちゃんが置いてけぼりになったら大変だと思ったんでしょうね。
さらに気ぃ遣いぃの甥っ子1号、3歳の時に私に抱っこをせがんできたので、私が抱き上げて思わず「あ〜、リンちゃん重たくなったねぇ」と言ったら、すごく申し訳なさそうに「重い?ボク重い?」って聞いてきたんですよ。
「そうだねぇ、リンちゃんは大きくなったもんね」と言ったのですが、それ以来、甥っ子1号は自分から私に「抱っこして」とは言わなくなった気がします。母親である私の妹が抱っこしようとした時にぎっくり腰になって動けなくなったことがあったので、小さいなりに気を使ったのかなぁと。

甥っ子2号の方は、現在4歳。甥っ子1号とは違って、かなりマイペース&ちゃっかり者。
そしてお兄ちゃんが大好きで、何でもマネしたい。
甥っ子1号の使っている物を何でも使ってみたくて、甥っ子1号がよそ見した隙にコッソリ盗み取るので、それに気づいた甥っ子1号が怒ってケンカになる。
うちに来た時は、遊び相手である私を取り合ってましたね。本当に「なぁちゃんは、あっちで僕と遊ぶの!!ソウちゃんはあっち行って!」「やぁだ!なぁたん、こっち〜!ボクと、ボクとぉ〜!!」と左右から引っ張られて困ったこともあります。きっと甥っ子2号にとっては私も「お兄ちゃんの使っている物」の一つだったんでしょうね(笑)

そんな甥っ子2号ですが、つい最近、いろいろあって私が落ち込んでいた時期があって、甥っ子たちが来た時は表に出さないようにしていたつもりでした。でも甥っ子2号は、私の顔を見て何か感じとったようで、何も言わずに私のところに来てギュ〜っと抱きしめてくれたんですよ。「どうした?」と聞いたら「なぁちゃん、元気ないから」と。

ちなみに「なぁちゃん」という呼び方は、甥っ子1号が言葉を覚え始めた頃に「おばあちゃん」と「おばちゃん」の使い分けができなくて、どっちを呼んでいるのか分からなかったので、妹が私のことを名前で「なおちゃん」と呼ばせようとしたけど、これもうまく言えずに「なぁちゃん」になって、甥っ子2号もそう呼ぶようになって、今もそのままです。

話がそれましたが、本当に幼児と言えど侮れないですね。
大人が思う以上に、しっかりいろんなことを見ていて、いろんなことを感じ取って、幼いなりに気を使っているんだという事がよく分かります。

その幼児期から人間は、自分の身を護るためだったり、親から愛情をもらうために周囲の環境に合わせて人生に関わる様々な決断をしていきます。例えば「親の言う通りの良い子にしていれば愛してもらえる」「いつまでもかわいい子どものままでいたら愛してもらえる」「何でも一生懸命頑張れば、両親は振り向いてもらえるかもしれない」「親がいつ怒り出すか分からないから、いつも顔色を覗っていなければ」などなど。
これら『幼児期の決断』の集まりが『性格』だと言われています。
もちろん生まれつきの性質もあるのですが、後々の人生まで大きな影響を与えるのは、やはり幼児期の決断なのです。
『幼児期の決断』には現在分かっているだけで20以上あります。
これらの決断の中には、子どもにとって過酷な状況の中での悲しい決断したもので、その人生にずっと暗い影を落とし続ける場合もありますし、子どもの頃はこれらの決断でうまく行っていたものの、成長していく中でいつの間にかそれが自分自身を傷つけ、ストレスになる場合も出てきます。

その中で今度の『PMSが楽になるセミナー』の中で扱う決断が「お前の性であるな」「成長するな」「セクシーであるな」の3つです。

・「お前の性であるな」は、女性であれば「女性らしくしてはいけないような感覚」、男性であれば「男性らしくしてはいけないような感覚」があります。
今回のセミナーは女性向けなので、「女性らしくあってはいけないような感覚」を扱います。ちなみに、この「お前の性であるな」の決断は、性同一性障害とは全く関係ありません。
実はこの決断が強い人の場合は、服装などで結構わかりやすいですが、これについてはセミナーの中でお話ししますね。女性で「お前の性であるな」の決断を持っていると、女性の象徴ともいえる月経に対しても無意識に抵抗を感じていてストレスとなり、それがPMSを重くなる原因となります。


・「成長するな」の決断が強い人は、男女問わず外見やしぐさが幼く見える場合が多いですね。大人なのに子どもっぽい感じがします。
甘え上手なせいか周りがいろいろと世話を焼いてくれるので、この決断を手放したがらない人が多いのですが、様々な場面で責任を求められ、「できない」では済まされない大人社会の中では非常に生き辛く、ストレスが多いと思います。
「成長するな」というのは「ずっとかわいい子どものままでいる」という決断なので、大人の女性の象徴である月経は「かわいい少女として、いつまでもかわいがられたい」と思い続けている人にとっては大きなストレスとなり、PMSを重くなる原因となります。

・「セクシーであるな」は、色気を感じさせてはいけないという決断です。男女問わずこの決断を持っている人はいます。
この決断があると、性的な事や表現、セクシーな人に対して嫌悪感を感じるようです。
性的虐待やレイプの経験者は、特に自分の身を護るために「セクシーであるな」の決断をした人が多いです。もちろん、そうでなくても決断する場合もあります。
先ほどの「お前の性であるな」とセットで決断していることも多いですね。
「セクシーであるな」の決断を持つ女性にとって、性的な事を意識させる月経はやはりストレスになって、これもPMSが重くなる原因となるのです。

このように、幼児の頃から生きていくためにした「決断」は、自分に課した『禁止令』でもあり、大人になってからは周囲の環境や状況に合わなくなって自分自身を苦しめることがあるんですね。
でも、大丈夫!これらの『決断』は自分で決めたことなので、自分で変えることができます。
今の自分を苦しめている『決断』を手放せば楽になるのです。


『PMSが楽になるセミナー』のお申込み、お問い合わせはこちら
本音と、自分を大事にすること 〜私の問題解決法〜
私は講師の仕事を去年から始めましたが、実は人前で話すことが大の苦手です。今でも。
だから、セミナーを開くと決めてからも「あ〜、やっぱり辞めたい。でも告知しちゃったし」というのを繰り返しながら、セミナー以外の仕事ばかりやっていたり、現実逃避をしたりと、ギリギリまでセミナーの準備を引き延ばしてしまいます。最初の頃なんか、もうガタガタ震えながらやっていました。
心の健康について大事な情報を提供して関心を持ってもらうことや新しい人材を育てることも心理カウンセラーの大事な仕事なので、セミナーは避けて通れない仕事の一つ。
この仕事を選んだ時に覚悟を決めたはずなのに、やっぱり人前で話すことがすごく怖くて、逃げ出したくなる。

でも逃げてばかりもいられないので、師匠や仲間にカウンセリングをしてもらって、いくぶん逃げ出したくなる気持ちは和らいだものの、やっぱりセミナーをやることを関係者の方に伝えたとたんに、何もしたくなくなるのです。

「う〜ん、まだダメかぁ。どうしたらいいかな」と考えていて、クライアントさんによく言っていることなのに、本当の気持ちを受けれることを自分自身ができていないことに気が付いて、この「本当は人前で話すなんてやりたくない」という気持ちを受け入れてみた。
「人前で話したくないんだから、セミナーなんてやりたくないよね。もうやめちゃおう」って。そして、本当に収入が減ること覚悟でセミナーのことを考えずに数か月過ごしてみました。
自分の本当の気持ちを受け入れるというのは、自分を大事にすることの一つです。受け入れることでストレスを減らすことができます。

そして、その間に自分の周辺を過ごしやすい環境に整えていきました。
今までやろうと思っていながら中途半端になってしまっていた事を片づけ、いらないものを全部処分し、壊れかけて使い辛かった物を新調し・・・要するに自分にとって心地よい環境を作り上げたんです。
これも自分を大事にすることです。おかげで気分がすっきりして、ストレスが減り、心のパワーが戻ってきたようで、「よし、またセミナーをやってみよう」という気分になったのです。
しばらくの間、自分を大切に扱うことに集中したことで、何が自分にとって大切なのかが分かってきたからかなと思います。
それから、人前で話すのは苦手だけどセミナーをやめてしまったら、自分自身に対する信頼も失ってしまう気がしたんです。
自分のことを一番よく分かっているはずの自分自身を信用できず、自信なさそうな態度をとっていたら周囲の人だって誰も私のことを信用できないでしょう。自分にも大切な人たちにも恥じることなく生きて行くためにも、失敗してもいいからやってみようと。
なんだか、すごく大げさな表現になっちゃいましたが、私にとってはこれが最近の気づきの中で一番大きなものだったんです。
これで、本気でセミナーに取り組む覚悟ができました。

「自分自身に恥じない生き方をすること」が私にとって自分を大事にすることであり、これからの人生のテーマかな。そうしたら死ぬ間際に後悔せずに済みそうだしね(*⌒―⌒*)





リニューアル、あと少し!
肺炎で家に引きこもっていた間に、中途半端になっていたホームページのリニューアルをしようと悪戦苦闘していました。
ホームページをブログと同じように簡単に更新できるということでWordPressを使っているのですが、いまいち分からないことが多くて・・・(^^;
今日、やっとなんとか形になりました。
後はセミナー情報のコーナーを作るだけ。

でもまあ、とりあえずリニューアル完了ということで、心理セラピストとしてのホームページAwareness and Changeをよろしくお願いします。
昨日はセミナーをやってきました
人格適応理論を基にした『6つのタイプ別コミュニケーション術』のセミナーをやってきました。

「人格適応理論」なんて難しそうなタイトルの論文ですが、メンタルサポート研究所が企業研修などでも使えるようにまとめた資料を使っていますので、一般の方にもわかりやすい内容になっているんです。奥が深く、とても3時間のセミナーでは時間が足りないくらいでしたが、とても面白いし、実際に営業成績が上がったり、職場の雰囲気がよくなったりと実用性もばっちりなんです。

昨日は少人数だった分、自分のタイプや周りの人のタイプを話し合ってもらったりして、いろいろ話が聞けて私も楽しかったです♪

皆で、「私は・・・」「そういえばあの人は・・・」とか参加者の方々とワイワイ話しながら進めていけるからやっていて楽しいし、私自身もこのセミナーやるのが好きかも!
いずれはこれを企業や公共団体の研修でやらせてもらいたいと思っているけど、そうなるとこんな感じではできないのかなぁ?

あと、もう一つやりたいのが、一般社団法人メンタルヘルス協会認定の資格が取れる心理カウンセラー養成基礎講座を主宰すること。要するに人材を育てることということになりますね。
日本における再決断療法の第一人者となられた倉成央先生の意思を受け継ぐ心理カウンセラーを育てたいのです。
関東や東北方面、九州方面では再決断療法を扱う心理カウンセラーの人材育成が盛んに行われているのですが、東海や関西方面はまだまだなので・・・
幸せな恋をしたいなら、素直になろう
数年前、私は素直になれなかったために幸せのチャンスを逃してしまいました。
何があったかと言うと、約10年ぶりくらいに恋をしたのです。
それまで干物状態で、恋心なんて忘れかけていた私が(笑)
相手は年下の男の子でした。
まずは久しぶりの恋というので戸惑い、次に今まで同じ年か年上の人した好きになったことがなかった私が、年下の男の子を好きになってしまったことに戸惑い・・・自分の気持ちに素直になれませんでした。

今思えば、相手の子はとても分かりやすいやり方で私に好意を示してくれていたのですが、私は「若い子が私なんか好きになるはずがない。誰にでも優しい子なんだ。好きになったらだめだ」と必死で気持ちを抑え込もうとしていました。その結果、そっけない態度をとってしまっていたと思います。
30後半に入り恋することが久しぶりすぎて「この年でフラれたら、若い頃よりダメージが大きいよなぁ」なんて怖くなって臆病になっていたんでしょうね。
こんなんだから、当然それ以上何も進展せず、会うこともなくなってしまい、後になってものすごく後悔しました。
もっと素直になっていれば、相手が年下だろうが年上だろうが気にしなければ、うまくいったかもしれないのに・・・
と、最近までズルズルと後悔の念を引きずってしまい、多分フラれるよりこっちの方がダメージが大きかったんじゃないかと、また後悔。悪循環に陥っていました。

素直になれずに悪循環に陥った過去の私の恋。
この経験を糧に、次に好きな人ができた時は素直に行動して、うまくいってもいかなくても後悔しないようにしたいと思います。
皆さんも、自分に素直になって素敵な恋をしてくださいね。




サイトをリニューアル!
タイトル通り、私のサイトをリニューアルしました。

で、サイトのトップページにも書いたのですが、心理カウンセリングと言うと日本ではまだ「病気の人が受けるもの」とか「特別なもの」という認識が強いですよね。
でも本来は体の健康維持のためにトレーニングに通ったり、整体やマッサージに行ったり、美容のためにエステや美容院に行ったりするのと同じように、心の健康を維持するために気軽に受けていいものであり、欧米では何かあったらカウンセラーに相談するというくらい、病院よりもずっと敷居の低いものなのです。
(ちなみに心理カウンセリングは人生相談とは違い、心理療法を用いて悩み解決のお手伝いをするものですので、悩みに対するアドバイスは一切いたしません)

カウンセラーの役目は心のメンテナンスのお手伝いをすることであり、心の病気が疑われる場合は精神科での治療を受けることをお勧めしています。
もちろん、病院での治療を受けながら、その効果を上げるために並行してカウンセリングを受けることも可能です。


また、心理カウンセリングを受けることによって、ストレスが軽減されて心が安定します。心と体は密接に関係していますから、長年苦しんできた原因不明の肩こりや腰痛、頭痛、便秘などが解消されて体の調子がよくなったり、特に女性はお肌の調子が良くなって以前より美しくなったり、若返ったりする人が続出しているんですよ!

「こんなことくらいで」なんて我慢しているそのストレスが、体の不調や老け込んでしまう原因になっているかもしれません。タイトル通り、私のサイトをリニューアルしました。

で、サイトのトップページにも書いたのですが、心理カウンセリングと言うと日本ではまだ「病気の人が受けるもの」とか「特別なもの」という認識が強いですよね。
でも本来は体の健康維持のためにトレーニングに通ったり、整体やマッサージに行ったり、美容のためにエステや美容院に行ったりするのと同じように、心の健康を維持するために気軽に受けていいものであり、欧米では何かあったらカウンセラーに相談するというくらい、病院よりもずっと敷居の低いものなのです。

カウンセラーの役目は心のメンテナンスのお手伝いをすることであり、心の病気が疑われる場合は精神科での治療を受けることをお勧めしています。
もちろん、病院での治療を受けながら、その効果を上げるために並行してカウンセリングを受けることも可能です。


また、心理カウンセリングを受けることによって、ストレスが軽減されて心が安定します。心と体は密接に関係していますから、長年苦しんできた原因不明の肩こりや腰痛、頭痛、便秘などが解消されて体の調子がよくなったり、特に女性はお肌の調子が良くなって以前より美しくなったり、若返ったりする人が続出しているんですよ!

「こんなことくらいで」なんて我慢しているそのストレスが、体の不調や老け込んでしまう原因になっているかもしれません。
職場の人間関係、恋人やパートナーとの心のすれ違いや子育ての悩みなど、お金以外のことなら(笑)どんな些細なことでもご相談を受け付けています。
カウンセリングを受けるかどうかは後で決めても結構ですので、まずはご相談ください。

happydays95.net/aandc/

カウンセリングを受けるかどうかは後で決めても結構ですので、まずはどんな些細なことでもご相談ください。

happydays95.net/aandc/