ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ミュージカル『レ・ミゼラブル』帝劇 2回目観劇感想

前日に引き続き4月23日の昼公演を観た分の感想を書きたいと思います。

 

朝、まだ人が少ない時間に帝国劇場の玄関口を撮ってみました。

 

 

そして23日マチネの役替わり表はちゃんと撮れていたので載せますね。

クリックすると大きい画像になります。

 

この時はバルジャンとジャベールが新しい配役で、どんな感じになっているのか始まる前からちょっとドキドキ。

まあ、佐藤くんと上原くんですから歌は全く心配ないですけども(笑)

 

そいうわけで、さっそくキャストの方それぞれの感想を書いてみようと思います。

続きを読む >>
ミュージカル『レ・ミゼラブル』帝劇 観劇1回目感想

レミゼを観に帝国劇場まで行ってきました。

4月22日の夜公演と23日の昼公演。

いや〜、レミゼは他の作品とは明らかに会場の熱気が違いますね。舞台も客席も熱い!!

そして最初のオケの演奏が始まった瞬間からゾクゾクしてきて鳥肌立っちゃいました。

2013年に初めて観て衝撃を受けて以来ずっとこの作品のファンですから♪

 

2017年からまた少し演出が変わっているところがありました。それぞれの場面でちょっとずつ立ち位置が変わっていたり若干言い回しが変わっていたり・・・

それで今回は、ABCカフェや砦の場面で学生たちが若さゆえの熱い思いと勢いだけで突っ走って命を散らしていった感が強く出て、より哀れさが増したように思います。役替わりで2回見て、2回ともそう感じたので。

 

いずれの回も学生の団体が入ってました。学校でこんな素晴らしい作品を観せてもらえるなんて羨ましいなぁ。

 

22日ソワレは2階席2列目から舞台全体が見渡せて、オペラグラスも使いながら役者さんたちの動きや表情もよく見ることができました。

23日マチネは1階席10列目。こちらは上原くんFCで確保していただいたお席。1階席では10列目付近が私にとって一番観やすいベストポジションなので、とってもうれしかったです♪(*^^*)

それで今回2階席と1階席からそれぞれ観たわけですが、2階席から見下ろすように観た時は役者さんたちの顔がよく見えて表情も読み取りやすかったのですが、翌日1階席から観た時、帝劇の場合少し舞台を見上げる形になるせいか役者さんたちの顔に大きく影ができてしまって表情も見づらいことがあり、ちょっと残念。照明の使い方をもっとどうにかできないのかな?

 

さて、それではレミゼ観劇My初日となった22日ソワレ(夜公演のこと)の感想を書いていこうと思います。

23日マチネ(昼公演のこと)分は別記事として書きますね。

記事の日付は観劇日にしてあります。

 

この日は役替わり表の写真を撮ったものの、どれもブレブレで判別しにくいので載せるのはやめます。

キャスト全員は書ききれないのでプリンシパルキャストだけご紹介。

ジャン・バルジャン役:吉原光夫さん、ジャベール役:川口竜也さん、ファンテーヌ役:濱田めぐみさん、エポニーヌ役:屋比久知奈さん、マリウス役:海宝直人さん、コゼット役:小南満佑子さん、アンジョルラス役:相葉裕樹さん、テナルディエ役:KENTAROさん、マダム・テナルディエ役:森公美子さん。

 

この時はベテランさんだったり何度も出演経験があったりするキャストの方が多く、観る側としても安心感のある組み合わせ。

光夫さん、川口さん、めぐさん、海宝くんが揃うと劇団四季を観に来たみたい!?(笑)

またキャストの方一人一人の感想も書いていこうと思います。

 

続きを読む >>
『ロミオ&ジュリエット』大阪公演 観劇感想

今日は『ロミオ&ジュリエット』を観に梅田芸術劇場へ行ってきました。

2階の一番後ろの席でしたが、思ったほど遠い感じはしなくて舞台全体が見え、群舞のフォーメーションがよく分かって楽しめました。

舞台は刈谷の方が少し大きかったのかな?見慣れてる梅田芸術劇場メインホールの舞台が多少狭く感じました。

 

役替わりはロミオ役:古川雄大さん、ジュリエット役:木下晴香さん、ベンヴォーリオ役:木村達成さん、マーキューシオ役:黒羽麻璃央さん、ティボルト役:渡辺大輔さん、死役:宮尾俊太郎さんでした。

ベンヴォーリオとティボルトは刈谷で観た時と同じキャストですね。

 

今日は大人チームのアフタートークが盛りだくさんでしたので、刈谷と同じキャストの方の感想は最小限にしてアフトクの内容を思い出しながら書きたいと思います。

 

 

続きを読む >>
『ロミオ&ジュリエット』刈谷公演千秋楽 観劇感想

今日はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』を観に刈谷市総合センターアイリスに行ってきました。

ここの大ホールは初めてだったのですが、1階席も1列ずつ階段状に設計されているので前の人の頭が邪魔になることもなくとても観やすいし、音の響きも良かったです。

名古屋まで出るより刈谷のほうが家から近いので、仕事終わってからでも行きやすい♪

 

この作品の宝塚版は好きだったので2年前に初めて東宝版も観たんですが、スマホやらメールやら出てくる演出にちょっとげんなりしてしまったんですよね。

今年上演すると発表があった時に観るか迷ったんですけど、大ファンの春野寿美礼さんのお名前を見つけて観ることにしました。

それで今日観たわけですが、ノリのいい楽曲や「エメ」の美しいメロディーはやっぱり好きだなぁというのと、今回はスマホやらメールやらの設定もこれはこれでありかな、と思えました。2年前とまた少し演出が変わっていたせいもあるかもしれません。

でも、この演出が「これはこれでありかな」=「好き」ではないです(^_^;)

 

今日の役替わりはロミオ:大野拓朗さん、ジュリエット:葵わかなさん、ベンヴォーリオ:木村達成さん、マーキューシオ:平間壮一さん、ティボルト:渡辺大輔さん。

 

それではまたメインキャストの皆さんの感想を書いていこうと思います。

 

 

 

続きを読む >>
ミュージカル『イヴ・サンローラン』観劇感想

今日は『イヴ・サンローラン』を観によりうり大手町ホールへ行ってきました。

会場のホールは、座席や壁に木材がふんだんに使われており、入ったとたんに木の良い香りがして癒されました。

でも、舞台は小さかったですねぇ。

歌と芝居だけならあの広さでも十分だと思うけど、ダンスシーンがなんだかちょっと窮屈そうでしたもん。

 

さて、この作品全体の印象としては、良くも悪くも荻田ワールドでしたね。

今までに私が宝塚で観てきた荻田さんの作品のイメージそのまま。

ちょっと幻想的でふわふわとつかみどころがない感じとか説明セリフが多いところとか。暗い部分をも美しく仕上げて観る側を夢見心地にする手腕に長けた演出家だと思います。

なので、この作品もイヴ・サンローランの生涯を薄い布に織り込んで、その布でさらさら〜と軽く顔の辺りを撫でられていったような余韻が残りました。

 

イヴ・サンローランについては、服飾専門学校時代にファッション史を学んだ時にちょっと触れた程度で、知っていたのはクリスチャン・ディオールの下で働いていてディオールの死後に後継者となったことと、独立してブランドを立ち上げたことやデザインの変化の流れだけ。

今回はそれ以上の前知識はなしで観ましたが、デザインが変わっていった背景になるものや影響を受けたデザイナーたちについて知ることができて興味深かったです。

 

さて、ではまた出演者の方々それぞれの感想を一言ずつ書いてみようと思います。


 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
2018年の観劇まとめ

このブログは、ほぼ観劇感想だけになってしまっていますね(笑)

今年の観劇まとめをしてみたいと思いますが、今年はあんまり観劇できなかったんですよね。

諸事情がありまして、観たかった作品はたくさんあったのですが、その半分以上は諦めた感じでした。

 

2月:「上原理生ソロコンサート」練馬文化センター大ホール

   宝塚星組「うたかたの恋/Bouquet de Takarazuka」中日劇場

3月:「ジキル&ハイド」愛知県芸術劇場大ホール

5月:「1789〜バスティーユの恋人たち〜」帝国劇場

6月:「1789〜バスティーユの恋人たち〜」大阪新歌舞伎座

    「SHOW STOPPERS!!」シアター・ドラマシティ

    「1789〜バスティーユの恋人たち〜」大阪新歌舞伎座千秋楽

9月:座・ARISA『キセキのうた』ウィンク愛知大ホール

11月:「ピアフ」シアター・クリエ

12月:「ピアフ」森ノ宮ピロティホール大千秋楽

 

やっぱり例年に比べると少ないですね〜。観劇回数は去年の半分以下ですもん。

来年も観たい作品がたくさんあるんですけど、どれだけ観に行けるかなぁ。

今のところおさえてあるチケットは「イブ・サンローラン」「ロミオ&ジュリエット」「レ・ミゼラブル」の3作品です。

来年は私の贔屓である春野寿美礼さんがロミジュリでミュージカル復帰されるので、とても楽しみです♪

『ピアフ』大千秋楽@森ノ宮ピロティホール 観劇感想

『ピアフ』の大千秋楽に行ってきました。

今回は2回目ということで、前よりも細かいところまで見ることができて、話の流れも理解できた気がします。

出演者の皆さん、シアタークリエで観た時よりパワーアップしていて、もう何と言って良いか…本当に素晴らしかったです!

 

大竹しのぶさん演じるピアフは、まるでエディット・ピアフ本人がそこにいるかのようで何度見ても圧倒されてしまいます。といってもまだ2回しか観てませんが(笑)

結構下品なセリフも多いのですが、大竹さんが言うと嫌らしい感じもほとんどなく、逆にチャーミングにさえ感じます。

そして何よりピアフの10代から演じているのですが、違和感がないのがすごい!さらに晩年アルコールや薬物中毒になったピアフの細かい描写と歌うことに対する強い執着心。孤独感。切なくて、やるせなくて・・・

でも今回、ピアフが最後の夫テオと出会ってからがとても幸せそうに見えたのが救いでした。孤独と闘い続けたピアフですから、せめて最後くらいは幸せであって欲しいと思いますもん。

大竹さんは歌はすごくうまいというわけではないのですが、魂のこもった歌声に圧倒されますね。

 

ピアフが子どもの頃を過ごした伯母の売春宿にいた娼婦でピアフの生涯の友となるトワーヌを演じる梅沢昌代さんは、大竹さんとも息がピッタリで、本当に親友という言葉がしっくりきます。

軽口叩きながらもピアフのことを気にかけ支えようとしているのが伝わってきて、最後のシーンはもう涙が止まりませんでした。

 

一度アップした後、スマホから編集し直そうとした際にここから先に描いてあった内容が消えてしまいました・・・

「続きを見る」設定をした記事をスマホの編集画面から編集して更新すると、「続きを見る」のところから先の内容が消えちゃうことがあるのですよ。+゚(゚´Д`゚)゚+。

Jugemさん、この仕様何とかしてください!

 

ということで、最初にアップしたのと同じようには書けませんが、もう一度書いてみます。

続きを読む >>
『Piaf(ピアフ)』シアター・クリエ 観劇感想

今日は、エディット・ピアフの生涯を描いた作品「Piaf」を観てきました。

エディット・ピアフについては、エディット・ピアフの映画を観に行った事があって印象に残っており、その後舞台バージョンもあるのを知ってずっと観たいと思っていましたが、なかなか機会に恵まれず、今回やっと観ることができました。

 

近すぎず遠すぎないセンターの席でとても観やすく作品を堪能することができました。

上原くんFCに感謝です。

 

ストーリーは、無邪気な10代から47歳で若くして亡くなるまでをオムニバス形式で進んで行くのですが、1場面が短くて展開がかなり速いです。

ピアフのことを何にも知らない人は、ついていくのがちょっと大変かも。

ピアフの育った環境の影響を色濃く反映しているので、下品で卑猥なセリフや表現も多く使われているのですが、そこはクスッと笑える形で演出されています。

1幕は笑える場面も多いですが、2幕で最愛の恋人を亡くしたピアフがアルコールにおぼれ、また数回にわたる交通事故で痛みどめのモルヒネが手放せなくなり体はボロボロ、老婆のようになってしまっても歌い続ける晩年の場面はハンカチが手放せません。

続きを読む >>
座・ARISA『キセキのうた』名古屋公演 感想

今日はウィンク名古屋で座・ARISA『キセキのうた』を観てきました。

席はサイドブロックの通路側で3列でしたが、前に人がいなかったので実質最前列。

ただ、同じブロックの前にも横にも人がいなかったので、お一人さま観劇の私はなんとなく一人離れ小島にいるような気分になってしまいました(笑)同じブロックの後ろには人はいたんですけどね。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、湖月わたるさんが歌いながら舞台の端の方まで来て目を合わせて笑いかけてくださること数回。そういう意味ではラッキーだったかな(*^-^*)

いつもながら客席の端の方にまで気遣ってくださる優しいわたるさんとっても素敵です♪

 

ではでは、本題へいきましょうか。

出演者は、座長の観月ありささん以下、湖月わたるさん、春野寿美礼さん、そしてゲスト出演の松下優也くん。

松下くんは最初と最後に少し出てきて台本を読んで1曲ずつ歌うだけで、基本ストーリーには絡んでいません。

 

作品は「アラフォー以上の女性を応援する」がテーマ(?)で、松任谷由美さんの楽曲を散りばめた構成の音楽朗読劇。

ストーリーの流れとしてはオーソドックスでエンディングも想像つきやすく単純明快。

メインキャストのお三方へ宛書された役も当たらずとも遠からずな感じで、そこは面白かったです。

全体的な感想としてはコンセプトは素敵だと思うし、ユーミンの曲も好きだし、4人の歌も素晴らしかったのですが、脚本がちょっと残念な感じ。

脚本家が自己陶酔・自己満足で書いたような意味不明な言い回しや回りくどくて押しつけがましいセリフが多く、あの実力派揃いの演技力をもってしても、途中シラケてしまう部分が何か所かありまして・・・

オープニングで『言霊』役の松下くんが読んでいた部分が特に詩的で、歌の詞としてはありかもしれないけど脚本としては非常に伝わりにくい表現で、日本語のはずなのに言葉が理解できなかったんですよね。

オープニングから意味不明な言い回しが続いて気持ちが引いてしまい、正直どうしようかと(苦笑)

だから、松下くんが台本読み終わってやっと歌い始めた時にホッとした。

脚本の枠組はしっかりしていて良いと思うのですが、台本に使われる言葉を誰にでも分かりやすいシンプルな言い回しにして欲しかったです。

辛口でスイマセン・・・

 

あと観た方の感想で、セリフの中に「私たち、もうおばさんよ」というようなセリフにうんざりしたというのも見かけましたが、まあ、それは現実に「もう年だから・・・」「おばさんだから」とやりたいことを諦めてしまっている人も多いから「年なんか関係ないよ」というストーリーにする流れであえてセリフに使っているのかなと私は思いました。

 

キャストの皆さんは、メインのお三方の個性が光る演技と歌でとても素敵でしたよ(*^-^*)

現実主義なアリサ、自由奔放なオサ、クールなワタルの3人のアイドルグループ「スレンダーズ」の場面は、皆さんとってもキュート♪オサさんが思った以上に可愛らしくてファンとしては涎ものでしたわ(笑)

ストーリーはそのスレンダーズを解散した15年後、スレンダーズのマネージャー的存在だったサチコさんという人が亡くなったところから始まります。

続きを読む >>
「1789−バスティーユの恋人たちー」大阪千秋楽 感想

今日は、1789大阪千秋楽を観てきました。
3列目のほぼセンターの席で、舞台にすごく近くて群舞の場面なんかは迫力満点でした♪
ただ、斜め前の女性の座高が高くて、マズリエ家のパパが撃たれて倒れた場面とかロナンが撃たれた場面とかは、前の人の影になってしまって全く見えなかったのが残念。こればかりは運ですねぇ・・・(^_^;)

 

1789、今年は3回目でMy楽です。
大阪千秋楽ということで、出演者の皆さんも演技に熱が入っていたようで、全体的な熱量がすごかったです。

 

今日のラマール様のアドリブは(詳しくは覚えてないので、こんなニュアンスということで)「骸骨が上の方までぎっしりだ!この骸骨たちは生前、1789の大阪千秋楽を迎えて寂しく思っていたが、博多でも開催されることを知って博多まで行こうと決意していたに違いない!」会場拍手「よし、必ず来るはずだ」とうなずきながら去っていきました。
残念ながら、私は博多まで行けませんが(笑)

 

さて、またお約束通り(?)覚えている範囲でメインキャストを中心に感想を一言ずつ書いていこうと思います。

 

続きを読む >>