ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「自分には生きる価値がない」と思い込んでいる人に多い行動
今日は心理セラピストとして記事を書きます。

先日、自分のHPで『「自分には生きる価値がない」という感覚』というコラムを書いたのですが・・・

タイミングよくというと不謹慎ですが、今日タレントの吉澤ひとみさんのひき逃げ事件の報道を見て、さらに酒癖が悪いとか普段から運転が荒く事故を起こしたのも2回目という情報もあり、吉澤さんが「生きる価値がない」思い込みを持つ人によくある無意識の行動を繰り返している様に感じて、他人事ながらちょっと心配になってしまいました。

 

『私には生きる価値がない』という思い込みを持つ人が必ずしも自殺未遂をしたりリストカットをしたり、「死にたい」とか「消えてしまいたい」と常に思っていたりするわけではありません。

この思い込みが心の奥深くに隠れていて、普段は本人も「自分には生きる価値がない」という思い込みがあることに気づいていない場合も多いです。

でも、思い込みが無意識の行動として出てくることは多くあります。

よくあるのは、何回も事故に合う又は逆に何回も事故を起こす、体に悪いと分かっていることでも止められない、人生をダメにしてしまうような行動を繰り返す、など。

「自分には生きる価値がない」と思い込みがあると、自分を大切にすることができません。

そして「どうせ私には生きる価値がないんだから、どうなったって構わない」という考えが根底にあるため、上記のような行動をとってしまうのです。

 

吉澤ひとみさんの情報がどこまで事実なのかは分かりませんが、よく深酒したり、荒い運転をしていたり、飲酒運転をして事故起こしたりということが全て本当だとすれば、「生きる価値がない」という思い込みによる典型的な行動に当てはまると思います。

もっとご自分を大事にしていただきたいですね・・・

今回は、たまたま吉澤さんのひき逃げ事件の報道が気になったので、例として使わせていただきましたが、「自分には生きる価値がない」という思い込みは、多かれ少なかれほとんどの人が持っているのではないかと思います。

 

もし、この記事や私のコラム『「自分には生きる価値がない」という感覚』を読んで気になった方は、自分の生きる価値を受け入れて、自分のことを大切に扱ってあげてくださいね。

「自分のことを大切にする」というのは「自分勝手」というのとは違いますよ。

自分の体と心のケアをしっかりして、自分がいる場所を心地よいものにするために周囲の人たちのことも大切にするのです。

自分が発したものはいずれ自分に返って来るので、他人の批判ばかりしている人には批判が返ってきますし、相手に文句を言えば文句が返ってきますし、悪口を言えば悪口が返ってきます。

笑顔を向ければ笑顔が返って来るし、親切にすれば親切が返ってきます。

たとえ、その場ですぐに返って来なかったとしても、必ず巡り巡って別の形で自分に返ってきます。

だから、自分を大切にする人は周りの人のことも大切にするのです。

 

ここまで書いたら嫌なことを言われたり、された時の不快な気持ちの対処はどうしたらいいんだってことになりますよね。

また近いうちにその辺のことをコラムで書こうと思います。

西日本豪雨災害で被災された方に私ができること

今月は西日本で今までにないほどの豪雨に見舞われ、土砂崩れや浸水など被害者も多く出てしまいましたね。

被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

 

私も何かできることがあればと思いながらも、現地でのボランティアは現実的になかなか難しく、歯がゆい思いをしています。

そこで思いついたのが、カウンセリングの技術と経験を生かして、被災者の方々の愚痴を受け止めることです。

このような災害が起きた時の被災者への支援としては、心のケアは半年から1年後だと言われていますし、被災者の方々もまだ心の整理どころではないと思います。

でも、今は「なんとかしなければ」という気力で頑張っていられても、とりあえず住む場所が決まって避難所から退去できて一段落した頃に急に不安や無気力に襲われてうつ状態に陥ってしまう方が出てくるでしょう。

それを軽減するためにも、可能であれば、こまめに愚痴をこぼしたりできる捌け口があればいいのではと思いました。

身近な人に言いにくいことなど、第三社である私になら打ち明けることができる場合もあるかもしれません。


とはいえ、まだ災害から2週間程度しか経っていませんから、今の段階では皆さん片づけなどに必死で申し込みはほとんどないかもしれませんね。

それでも今からこういうことをやっていることを知っておいていただくことも必要かなと。

お知り合いに被災された方がいらっしゃる皆様は、こんなことをしている人間もいるということをお伝えいただければ幸いです。

 

※今のところどの程度のニーズがあるのかが分からないため、まずはメールやtwitterのDM、Facebookメッセージを利用したものからやってみようと思います。そのため最初はスマホなどが使える方のみになってしまいますが、ご了承ください。

 

詳細は私のセラピストとしてのHP「いま*ここ」のお知らせ記事に書いておりますので、ご覧くださいませ。

13年目かぁ

このブログの管理ページを見ていたら『このブログを始めて13年と152日』と表示されててびっくりした。

そんなにこのブログ続けてたのね〜。

ブログ記事は、今の時点で777件。ラッキーセブン♪この記事で778件目になっちゃうけど。

記事数としては結構途中さぼったりしてるし、サーバのトラブルで消えちゃった記事もあるから意外と少ないね。

ブログ自体は以前使ってたブログの使い勝手が悪くなったから今のJUGEMに引っ越したから、本当にブログを始めてからは20年以上になると思う。

ブログを始めてからの年数は去年くらいにTwitterで呟いたことがあるような気がするけど、ブログには書いてなかったと思う。

正直こんなに長く続くとは思ってなかったなぁ。

まあ、観劇をしたら感想を書きたいと思ってて、それが楽しみでもあったりするからね。

やっぱり目的があると長く続けられるのかな。

 

いつも私のブログを見てくださってる皆さん、ありがとうございます(*^-^*)

これからもよろしくです!

姪っ子が日本の小学校に留学するらしい

 

カナダ人と結婚してカナダに住んでいる妹とスカイプで話してたんだけど、ジュニアスクールに通う姪っ子はすでに夏休みに入ってるとかで驚きました。

なんでもカナダの学校は6月の末で1学期が終わり、8月までの2カ月間が夏休みらしいです。

そして、授業で教科書は使わないとか。一律に同じような教育をするのではなく、子どもの個性や能力を伸ばすことを目的とした教育がされているようです。

カナダも移民の国ですから、日本のように一律に同じことを教え、みんな同じように出来るようにする教育ではうまくいかないのかもしれませんね。

 

その姪っ子ですが、私の妹は9月に日本に来て1か月ほど日本の小学校に留学(?)する計画を立てているらしいです。

姪っ子は英語と日本語は話せるし、さらには妹の旦那の親がフランス語も仕込んでいるらしい。

なかなかの英才教育ぶりですな(笑)

日本語は話せるから小学校でも問題ないと思うけど、授業形態が全く違うからそれがちょっと心配かな。

ま、日本で楽しんでってくれたらそれでいいかな(*^-^*)

また姪っ子に会えるのが私も楽しみだわ♪