ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< June 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
上原理生くんのソロコンサート 感想
昨日、上原理生くんのソロコンサートのためティアラこうとうへ行ってきました。
名古屋で例えると中日劇場と同じくらいの大きなホール。
音響もよく、上原くんの歌声を存分に堪能することができました(*^-^*)

今回のコンサートでは、前半が映画音楽で後半がミュージカル曲という構成でクラシックはほとんどありませんでした。
映画音楽は「あれ、上原くんっていくつだったけ?」と思うようなかなり古い映画の曲ばかり。
だって私が子供の頃に、うちの父が好きでよく聞いてた映画音楽ばかりだったから(笑)
とはいえ、映画を観てなくても分かるような有名な曲でうまく構成されてました。
「ある愛の詩」とか「ゴットファーザー」とか「ライムライト」などなど、メドレーで。
セットリストが手元にないので、全部覚えてなくてすいません。
他は、日本語の曲として「よいとまけ」、上原くん自身が作詞した「美しくいきたい」、そしてもう一つエディット・ピアフ「愛の讃歌」フランス語の歌詞に近い訳のものを歌ってくれました。
「愛の讃歌」は自分でも気づかないうちに涙が出てて、自分で驚いちゃいました(笑)
でも、それくらい素晴らしかったんです!

MCも古い映画が好きという話とか、今回のセットリストを作成する時のエピソードとか、しっかり語ってくれて面白かったです。
途中、純愛映画の話から結婚の話になって、なぜか突然「僕?まだ結婚しませんよ」とか言いだして、誰かに突っ込まれたのか「しないしない、しない、まだ結婚はしないよ!」とか必死に否定してて笑っちゃいました。
そんな必死にならんでも・・・ってか、そんなに否定したら逆に怪しいから(笑)
まあ、上原くんも年頃ですからね、誰かと結婚するという話が出ても別に驚かないし祝福しますよ?
そうなったら熱烈なファンの方はショックだろうけど(*´艸`*)

後半のミュージカル曲はCDアルバムに収録されている「This is The Moment(ジキル&ハイド)」、「Die unsthillbare Gier(ダンス・オブ・ヴァンパイア)」、「Bui-Doi(ミス・サイゴン)」の3曲の他に「Music of Night(オペラ座の怪人)」、「僕こそミュージック(モーツァルト!)」、「わが名はドン・キホーテ(ラ・マンチャの男)」、「パレ・ロワイヤル(1789 バスティーユの恋人たち)」、他にも何曲か・・・やっぱり1日経つとだいぶ忘れちゃいますね(^^;)
「僕こそミュージック」と「Bui-Doi」以外は全部英語やイタリア語などで歌ってました。
MCで「すいません、日本語じゃなくて。日本人なのに」みたいなことを連発してました(笑)
「わが名はドン・キホーテ」では、情熱的に歌いながら軽くフラメンコもどきを踊ったりもして、なかなかかっこよかったですよ(*^-^*)
「パレ・ロワイヤル」では、なんとシャーロット役をやっていた3人の子役ちゃんたちがゲスト出演!上原くんと一緒に歌ってくれました。
客席にも参加してほしいって言ってましたけど、私は「1789」2回しか観てないから歌詞とか分からなくて歌えなかった(^^;)

アンコールでは2曲歌ってくれたのですが、1曲目のタイトルを度忘れしちゃいました。なんだっけ?うわ〜、こういうの気持ち悪いんだよね(笑)
2曲目は、上原くんが子どもの頃にロック歌手になりたかったという事にちなんでロック!映画「アルマゲドン」のテーマ曲。エアロ・スミスの曲をノリノリで歌ってくれました。
本当に何を歌っても安定してるのがすごい!やっぱり歌うための基礎がしっかり出来てるからでしょうね。
今年の始め頃に書いた「滝廉太郎物語」の感想の中で、半分冗談で「密かにバリバリロックを歌っている姿も見てみたい」というようなことを書いてたのが叶っちゃいましたよぉ〜!
誰か他にも私と同じようなことを思ってて要望を出した人がいたのかしら?(*´艸`*)

前半・後半含めて、どの曲でも上原くんが醸し出す曲の世界観にグッと引き込まれて、また、伸びのある力強く心地よい歌声にパワーをもらいました。
上原くんも好きな曲を伸び伸びと歌い、語りたいことを語ってて、いつもにも増してイキイキとしてました。だから、こちらも観ていて楽しかったです♪
もう本当にずっと歌声聞いていたかったぁ〜(*´∀`*)
ソロコンサートもいいもんですねぇ。いつか名古屋でもやって欲しいなぁ(*´∇`*)
雪組「ローマの休日」名古屋公演 観劇感想
今日は中日劇場で宝塚雪組「ローマの休日」を観てきました。

雪組を観たのは・・・あ〜、朝海ひかるさんの退団公演以来かも!
もう完全に浦島さん状態。ジェンヌさんたちはほとんど知らない人ばかりです(^^;)
とはいえ、雪組に芸達者が揃っていることは変わってないみたいですね。

あの「ローマの休日」が宝塚でどんな風に舞台化されるのか楽しみにしてましたが、映画のイメージを壊すことなく、映画の名場面もほとんどが再現されています。映画の中のツッコミどころもそのまんま(笑)
ビジュアルは文句なし。というか、ジョーがかっこよすぎ(笑)
笑いどころもたくさんあって楽しく、そして最後は切ない別れのシーンでちょっぴり涙。

アン王女がスクーターで暴走するシーンもあるのですが、舞台上なのでゆっくりで徐行。
なので暴走してる感じは全くなし(笑) まあ、ここも笑いどころとして捉えればOKかな(*´艸`*)

メインキャストの感想も少しずつ書いてみようと思います。
いつものことながら全員は無理ですけどね(´▽`;)ゞ








続きを読む >>
ネットショップ再開しています♪
以前やっていたハンドメイドのアクセサリーショップを6月から再開しています!
ショップ名もWhiteAngelのまま、URLも変わっていません。→ http://w-angel.jp/
お店のロゴは少し変えました。
「minne」にも出店しています。アカウントはこちら

ショップのFacebookページTwitterアカウントも作成しましたので、「いいね」&フォローよろしくお願いします!

あと、以前やっていたオーダーメイドは誠に勝手ながら、本業への影響を考慮して止めさせていただくことにしました。
ご了承くださいませ

ネットショップ再開したばかりで、まだアイテムも少ないですが、これからも上品で大人かわいいアイテムを心を込めて作っていきますので、今後ともよろしくお願いします❤






「1789−バスティーユの恋人たち」大阪公演 観劇感想
今日は「1789−バスティーユの恋人たち」2回目の観劇で梅田芸術劇場大ホールへ行ってきました。
帝劇で観た時より、さらに進化して熱い舞台になってました♪

今日は7列のサブセンターのセンター寄り通路側だったんですが、今回は帝劇公演と同様オケボックス部分も舞台として使われていたので、実質4列目という良席!
なので舞台からも近くダンスは迫力満点。
また、客席降りも多いので、すぐ脇の通路を兵士たちが歩いて来たりペイロール(岡幸二郎さん)が歩いてきて目の前の階段上で歌ったり、ロペスピエール(古川雄大さん)が市民をひきつれて駆け抜け、ロナン(加藤和樹さん)も舞台から飛び降りて駆け抜けていき、球戯場へ向かう市民をひきつれてダントン(上原理生さん)が行進して来たりと臨場感もアリ。
1幕終盤の革命家たちと市民が球戯場へ行こうと、舞台から客席へ降りて革命家や市民たちが走り抜けていく時は、結構な風圧を感じました(笑)

さて、今日の役替わりキャストはこんな感じ↓


前回観た時と替わっているのはマリー・アントワネットの花總まりさんとシャーロット役の志村美帆ちゃんだけで、他は同じキャストです。

花總さんのマリー・アントワネットは、前半のかわいらしく無邪気な王妃から後半になると王太子を亡くした悲しみと全てを受け入れ覚悟を決めて毅然と振る舞う王妃へと変化していくさまはお見事。
立ち姿も仕草もドレスの裾捌きも美しい・・・さすがお花様!
覚悟を決めたマリーが歌う「神様の裁き」は涙を誘います。

シャーロット役の志村美帆ちゃんはどうやらこの作品がミュージカル初舞台のようですね。
やはり間の取り方がまだうまくできなかったりというのはありますが、とてもかわいらしく元気いっぱいに演じてましたよ。まだ9歳だそうで、これから楽しみですね♪

そうそう、前回ルイ・ジョセフ役の大河原爽介くんの感想を書いてませんでしたね。とってもかわいらしくて、セリフは少ないながら細かい演技も上手でした。

この子役ちゃんたち、うちの甥っ子と同じくらいの年ごろなので、つい甥っ子を重ねて見てしまってました。
あ、どうでもいいこと書いてすいません(笑)

そうそう、革命家たちの仲良し度が前回よりアップしてたような(*´艸`*)

ダントンがロナンを「お前のような色男は女たちがほっとかないだろう?」とからかう場面でも、ダントンが「なに照れてるんだよ」言うと、ロナンが鼻をぬぐった手をダントンの服になすりつけて、ダントンが「わっ、汚ねぇな!」と、小学生のようなじゃれ合いをアドリブでやってました(笑)

そして、サカケンさんのラマール率いる秘密警察は今日もいい味出してました。
ただ、アドリブは前回観た時と大きな違いはなかったなぁ。

ロペスピエールの古川雄大くんは、Facebookのミュージカル好きが集まる非公開グループの中で東京公演中に肩を痛めたという情報があったので少し心配してましたが、以前にも増してキレのあるダンスを見せてくれて安心しました。セクシーで繊細な手の動きとか、たまらんですな(*´艸`*)

それからこのFBの非公開グループ内で、革命家たちが紋章の代わりにオリーブの葉を目印にしようとする場面で、「葉っぱ」からウッチャンナンチャンの「葉っぱ隊」を連想しちゃった人がいて、またそれを面白がってイラストにしてしまった人もいたりして盛り上がってたので、オリーブの葉の場面でそれを思い出して心の中で笑ってました。笑える場面じゃないので、笑いそうになりながらもポーカーフェイス保った私、よくがんばった!(笑)
もしかして、東京千秋楽の舞台挨拶の動画の中で革命家たちの挨拶の時に笑いが起きていたのは、それを知ってる人たちだったのかな?なんて勘ぐってしまいました( ̄▽ ̄;)

あと、ちょっと自信がないのですが、一部演出が変更されたんでしょうか?
ダントンの歌のソロが減って、デムーランのソロが増えてた気がします。
前回観たときに革命の場面辺りで革命家3人の並びで下手側で比較的長いソロをダントンが歌っていたのが、今日見たら下手側に来てそれを歌っていたのがデムーランだったから「あれっ」って思ったんですが、それがどの場面だったかはっきり思い出せなくて・・・(^^;
以前はデムーランの印象が薄かったのですが、そのせいかデムーランの存在感が増し、3人の立場が対等だと言うことが鮮明になった気がします。
もちろん、デムーラン役の渡辺大輔くん自身も頑張っていて演説の場面も力強さが増して良くなっていましたよ。
上原理生くんファンとしては彼の歌う場面が少し減ってしまってちょっと残念でしたが、渡辺大輔くんの歌も説得力があってなかなか良かったですよ(*^-^*)

ロナンが撃たれた後、今日は上原ダントンまでが泣き過ぎて嗚咽でその後のセリフがうまく出て来ず言い直していたり、声がかすれてしまったり。すごく気持ちが入り込んでたみたいですね(*^-^*)

本当はもう一回くらい観たかったなぁ。
舞台近くの席で2回観たから後1回2階席で観たかったけど、なかなか懐事情が厳しいのでねヾ(;´▽`A``

観劇終わって、劇場を出てすぐのところでテントウムシのヘルメットをかぶった小さい男の子が目の前を走り抜けて行ったんですけど、サカケンさんのテントウムシちゃんを思い出して思わずニヤついてしまいました(笑)
何も知らない人が見たら、完全に怪しいおばさんですよねぇ(^^;
1789を観た人にしかわからないネタですいません。

次は来月、上原理生くんのソロコンサートに行く予定です♪
同じような時期に、ブロードウェイ・ミュージカルライブもあって、そちらも行きたかったんですけど、両方は無理なので迷った末に、今年はソロコンサートに行ってみることにしました(*´艸`*)
何しろ交通費がかかるんでねぇ・・・どこでもドアがあれば両方行けるんだけどね(笑)