ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『VOICARION ~Ghost Club~』観劇報告
今日は『VOICARION供Ghost Club』元宝塚チーム(?)を観てきました。
会場に入ると雨の音と馬の蹄の音が流れていて、照明も暗めになっていました。

朗読劇なのですが、舞台上にいろいろ仕掛けがあったり、効果音があったりで観客の想像力をより掻き立てる工夫がしてありました。
そして音楽も美しくステキで、作品を効果的に盛り上げていたと思います。

登場人物は、霊媒師たちのインチキを暴いてみせる奇術王のハリー・フーディーニ(紫吹淳さん)、シャーロック・ホームズが主人公の推理小説を書いた作家のコナン・ドイル(春野寿美礼さん)、ドイルの頭の中にいるホームズ(朴璐美さん)、男爵の称号を持つ謎の少年デズモンド・クロフト(妃海風さん)の4人のみ。

久しぶりに紫吹さんと春野さんの男役の声を聴いて、お二人の宝塚現役時代を思い出しちゃいました(^^)

紫吹さんのフーディーニは、孤独の中に生き哀愁を漂わせた謎多き男といった雰囲気。
宝塚時代もこんな感じの役が多かったような気がするので、リカさん(紫吹さんの愛称です)の現役時代に戻ったかのような錯覚を覚えました。
必死に霊媒師や世の中の嘘を暴こうとするフーディーニの哀しさが伝わってきました。

春野さんのドイル卿は、すぐ人を信じてしまう純粋さとちょっと天然ボケなところがあって、子どもみたいにかわいい雰囲気。
頭の中にいるホームズとの掛け合いでドイルがムキになって言い返すほど、観ている方は笑えるという( *´艸`)クスッ♪
それでいて亡くした妻に対する愛情と悲しみもしっかり表現されていました。

朴さんのホームズは、飄々としていてドイルをからかって楽しんでいるようでいながら、鋭い目線で現実もしっかり見ている感じ。なんだか、以前宝塚で専科にいらした立ともみさんを彷彿させるような演技でした。

妃海さんのクロフト卿は、両親を亡くし信用できない大人たちに囲まれ孤独の中で、早く大人にならなければならなかった異常に大人びた15歳の少年を、全編通じて抑えた演技で表現。
この落ち着いた静かさが逆にクロフト卿の悲しみと怒りを際立たせている感じがしました。
妃海さんの宝塚時代はほとんど観たことがないのですが、演技の上手い娘役さんだという噂は聞いていました。
この「子どもだけど大人」というのを朗読だけで表現するのはかなり難しいと思いますが、ちゃんと大人びた少年としてそこにいた感じです。うまいですね(*^-^*)

正直、中盤でちょっと眠くなっちゃったりはしましたけど、クスッと笑える部分は結構あるし、創造力を掻き立てる工夫、素敵な音楽、最後はホロリとさせられる部分もあって、全体的には面白かったと思います。


女性だけで演じるからこそ出せる美しさと妖しさが、作品の雰囲気を引き立てていたように思います。
他の役替わりキャストも観たかったかも。キャストでどれだけ雰囲気が変わるのか興味がわきました。
『RENT』名古屋公演 観劇感想
今日は愛知芸術劇場へ『RENT』を観に行ってきました。

初見だったせいか話の流れがつかめず、ついていけないまま1幕が終わってしまいました(^_^;)
一応あらすじは読んでいたのですが・・・
でも、楽曲はかっこよくて素敵な曲ばかりです♪
2幕でやっと少しずつ分かってきて、最後は泣きましたね〜。

貧困、AIS、LGBT、ドラッグなど、20世紀末のアメリカを風刺した作品です。
若者たちの感情のぶつかり合い、すれ違いなどの描き方はアメリカらしいなと感じました。

今日の役替わりは、ロジャー(堂珍嘉邦さん)、ミミ(ジェニファーさん)、エンジェル(平間壮一さん)、モーリーン(沙羅マリーさん)でした。

話の流れを理解するのに時間がかかってしまい、細かいところなど分からなかった部分も多々あるので、キャストの皆さん個別の感想があまり書けないですけど、一応一言ずつ書いてみます。

マーク役の村井良太さん。
何となく冴えない感じのマーク。いつもカメラを持ち歩いて仲間たちや街の様子を撮影しています。
恋人にはフラれ、お金もなく、仲間の中にいてもどこか満たされず、自分探しを続けている。
そんな自分に対する苛立ちを抱えながらも、仲間には気弱ともとれるくらい優しい。そんな印象のマークでした。

ロジャー役の堂珍嘉邦さん。
恋人を亡くして落ち込んで引きこもっているところから、ミミと出会って外へ出るようになっていくところは、感情表現が豊かで分かりやすいです。
ロジャーもミミもAISにかかっていて、お互いにそれを伝えなければ、そして愛していることも伝えなければと思っているのに、なかなか素直に伝えられず、すれ違っていくのがもどかしいですね・・・

ミミ役のジェニファーさん。
パワフルでねっとりした歌い方が役のイメージによく合っていますね。
しぐさなどもふくめて、いかにもアメリカにいそうな女の子のイメージそのままで、ロジャーと絡む場面はアメリカのドラマを見ているようでした。

コリンズ役の光永泰一朗さん。
エンジェルへの愛がすごい伝わってきますね。エンジェルを優しく包み込む包容力がとても良かったです。

エンジェル役の平間壮一さん。
とってもキュートなドラァーグクイーンでした。そして周りを笑顔にしていく癒し系の愛されキャラ。
そして、ダンスがすごいきれい!

モーリーン役の沙羅マリーさん。
沙羅マリーさんは、以前名古屋のZIP-FMで番組を持っていたことがあってよく聞いていたので、声を聴いただけで分かっちゃいました(*^-^*)
元気いっぱい自由奔放なモーリーンがかわいかったです。

ジョアンヌ役の宮本美季さん。
いかにもお堅い仕事をしていそうな雰囲気を持ちつつ、恋人のモーリーンに振り回されてアタフタしている姿がコミカルで面白いです。
なんでもきっちりしていたいジョアンヌと自由奔放なモーリーン、正反対の2人がお互いに「このままの私を受け入れて!」と言い合うシーンはすごくリアル。
でも、日本人だとあそこまではっきり言い合う事は少ないと思うので、あまりピンとこない人もいそう。

ベニー役のNALAWさん。
登場人物の中で唯一、裕福な人でマークやロジャーが住むマンションの管理人。
家賃をマークたちに請求したり、条件付きで免除すると言ったり・・・
ちょっと今回はベニーの立ち位置がよく分からなかったです。ごめんなさい。

いや〜、やっぱりもう一度ちゃんと見て理解したら、もっと楽しめるかもなぁ。1回じゃわからないことが多くて感想がこれ以上書けません(^_^;)
でも、キャストの皆さんプリンシパル、アンサンブル含めて全員が歌うまさん揃いで聴きごたえがありました!
次に再演された時はまた観たい、というかリベンジしたいです(笑)

「レ・ミゼラブル」30周年スペシャルウィーク 観劇報告
今日は帝国劇場へ「レ・ミゼラブル」を観に行ってきました。
30周年記念スペシャルウィークという事もあり、劇場は熱気がすごかったです。
私がレミゼを初めて観たのは新演出版になった2013年の名古屋公演なので、旧演出版は知らないのですが、歴代の出演者の方々を見ると歴史を感じます。
初演は私が小学校6年生くらいの頃なんですね。
うちの家族はミュージカルとかお芝居とか全く興味がないので、私も子どもの頃はミュージカルに触れる機会もなく、当然レミゼなんて知りませんでした。

さて、今日は帝劇で初めて最前列の席でした!
帝劇は意外と舞台が高い位置にあるんですね。最前列だと見切れてしまう部分が結構ありました。
後は上手の端の方の席だったため、1幕最後の「One Day More」の場面で、センターにいるアンジョルラスとマリウスたちが手前のジャベールの影に完全に隠れてしまって見えませんでした(ノ_<。)
上原理生くんのFC枠で取ったチケットで、アンジョが一番かっこいい場面が見えないのがちょっと悲しかった・・・
とはいえ、やはり近い分臨場感があり、出演者の表情もよく見えて気持ちが伝わってきやすいですよね。
涙腺緩みまくり(笑)
レミゼを最前列で、いい経験をさせてもらいました(*^-^*)

2年前とまた少し演出や衣装が変わっている部分もあったようですね。細かい部分は覚えてませんが(^_^;)
全体的にストーリー展開が早くなってました。ちょっと忙しいかな?

今日のプリンシバルキャストは、福井晶一さん(ジャン・バルジャン)、川口竜也さん(ジャベール)、二宮愛さん(ファンテーヌ)、唯月ふうかさん(エポニーヌ)、海宝直人さん(マリウス)、清水彩華さん(コゼット)、橋本じゅんさん(テナルディエ)、谷口ゆうなさん(マダム・テナルディエ)、上原理生さん(アンジョルラス)、大西統眞くん(ガブローシュ)、山崎瑠奈ちゃん(リトル・コゼット)、禾本珠彩ちゃん(リトル・エポニーヌ)でした。

今回はスペシャルカーテンコールのことも書きたいので、キャストの感想はプリンシバルキャストだけにしておきますが、アンサンブルの皆さんも本当に完成度が高く素晴らしかったです!
続きを読む >>
「グレート・ギャツビー」名古屋公演 観劇感想
今日は中日劇場へ「グレート・ギャツビー」を観に行ってきました。
オーケストラピットの部分も舞台として使っているので、舞台と客席がすんごく近かったです。
そしてオーケストラはギャツビー邸の2階に当たる部分の奥で演奏していて、あたかもギャツビーお抱えオーケストラのようでした。
オーケストラを舞台の奥に設置して、オーケストラピットを埋めて舞台にしてしまう使い方も珍しくて新鮮♪
私の席は8列でしたが実質5列目。あんな近い距離で舞台作品を観たのは初めてかもヾ(≧▽≦)ノ
舞台と客席がグッと近づいた分、オペラグラスがなくても役者さんたちの表情までよく見えて作品の世界に入り込みやすかったです。

今回、この作品は宝塚っぽい雰囲気だという噂を聞いていましたが、確かに宝塚っぽかったです。
実際、ヒロインのねねちゃんをはじめ脇を固める女性陣も元タカラジェンヌたちですしね。
特にフィナーレで井上ギャツビーが出てくる時なんか、完全にトップスター扱いで井上くんの背後に羽が見えましたよ。実際には付けてないけど(笑)
そして、このカンパニーは歌うまさんが揃っていて耳福ですね。
ジャズを中心とした楽曲も素敵です。

この作品の映画版は一度だけロバート・レットフォード主演の「華麗なるギャツビー」をテレビで観たことがあります。
イメージ的には映画版とはやはり違いますね。宝塚版ミュージカルを基にしているだけあって全体的に美しくまとめてあります。

それではまた、メインキャストを中心に一言ずつ書いてみようと思います。



続きを読む >>