心理カウンセラーのどなが気まぐれに書くブログ
<< August 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」名古屋公演
昨日、キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの名古屋公演を観てきました。
映画「Catch me, if you can」をミュージカル化した作品の日本版です。
私は映画は観ていないので、詳しいストーリーは知りませんでした。

なぜフランクが詐欺師になったのか、カールとフランクの奇妙な友情など分かりやすくまとめられ、歌もダンスも満載で、涙あり笑いありの観ていて飽きない楽しい作品でした♪
主人公の天才詐欺師フランクはまだ10代の少年(16〜18歳)という事でロック調の曲で若さを、フランクを追うFBI捜査官カールが歌うのはジャズ調の曲で大人の雰囲気を、それぞれ表現しているようです。
そして、どの場面でもダンスがすごくおしゃれでかっこいい!!

アンサンブルの皆さんも大活躍で、早変わりも多かったんじゃないかと思います。
この後はネタバレもありますので、これから観る予定で知りたくない人は後で読んでください。





続きを読む >>
鉄分
普段から疲れやすく、立ちくらみやめまいは日常茶飯事だったけど、健康診断では何の異常もなく、気にしてなかった。でも、鉄分が不足していても健康診断の結果には出ないことがあるって知って、やっぱりちゃんと鉄分を取った方がいいのかもって思った。
でも、私は肉があまり好きではないので、体に吸収されやすい肉やレバーに含まれるヘム鉄を摂るために、毎日肉やレバーを食べるのはきつい。野菜に含まれる鉄分はビタミンCやB12と一緒に摂らないと吸収されない上に、それでも吸収率はヘム鉄に比べると悪いらしい。
それでヘム鉄のサプリを取るようにしたら、なんだか元気になってきて、めまいとかはなくなった。やる気・気力も上がってきた気がする。
鉄分をちゃんととるだけでこんなに違うもんだねぇ!
生まれてこの方ずっと、めまいや立ちくらみは当たり前の生活をしてきたので、妙に体がシャキッとして逆に違和感を感じる(笑)
宝塚花組名古屋公演「ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-」
明日海りおさんのトップお披露目となる中日劇場公演を観てきました。
私個人的には「ベルばら」はそれほど好きじゃないんですけど(漫画の方は好き)、花組の皆さんの熱演にすっかり引き込まれてしまいました。
ただ、やはり原作の長いストーリーをかなり端折って舞台作品として仕上げているために、説明のセリフが多すぎてゲンナリしてしまうんですよね。これが私は苦手でして(^^;
あの説明セリフを、場の雰囲気を壊すことなく、客の集中力を切らせずに聴かせられる役者さんがいたら、かなりすごいです。
それでも、花組の皆さんは説明の多いセリフを感情を前面に出して表現することで、それなりにクリアできていたのかなとは思います。

みりおちゃんは、大きくなったなぁって思いました。いや、身体的にではなくね、すごく成長したなと。
すでにトップとして堂々としたものです。
数年前までは、歌詞が聞き取りにくかったりしたのですが、今は大分聞き取りやすくなって上手になってます。もともと声質は良いからね。
みりおちゃんのフェルゼンは、一途にマリー・アントワネットを愛する純粋な青年という印象でした。
史実上のフェルゼンはかなりの女たらしだったようですが(笑)

マリー・アントワネット役の蘭乃はなちゃんは、存在感があり、芯の強い王妃様。フランス革命後の処刑が近くなってからのフランス王妃として立派に死ぬことを決意した時の歌は圧巻でした。その後のマリー・アントワネットの成長ぶりをすごく感じさせます。
なので、革命を機に王妃だったことを自覚し急成長したアントワネットに対して、純粋なフェルゼンが置いてきぼりを食ってしまったような印象が強く出ていました。私は物語的に、これでいいんだと思ってます。

ルイ16世役の高翔みず希さんは、とても包容力を感じさせる王様でしたね。
ルイ16世が自分に対する自信のなさゆえに王妃を素直に受け入れることができずにすれ違ってしまった、自分のせいでマリーに寂しい思いをさせていることにも気づいていたからこそ、罪滅ぼしのような気持ちでフェルゼンとの仲を許したということが分かりやすく伝わってきました。
王と王妃ともに、しきたりなどを窮屈に感じて現実逃避していたという部分も分かりやすくなっていたかも。

オスカル役の芹香斗亜さん、背が大きいんですね。他の男役さんたちの誰よりもオスカルが大きかったような(笑)
そして、熱血型のオスカルでした。
望海風斗さんのアンドレは、出番は少ないんですけど、なんだか熱血型のオスカルを掌の上でうまく転がしていそうなイメージ(笑) でもしっかり支えてくれそう。

以前ほど宝塚は観なくなってはいますけど、観ると癒されますね。
舞台の端っこでも気を抜くことなく、しっかり笑顔で頑張っている下級生の子たちとか、隅々までビシッと揃った男役の群舞とか、華麗な娘役の群舞とか、観ると「私も頑張ろう!」って思えるし、やっぱり好きなんでしょうね。
でもって、宝塚に関してお芝居とレビューだと、私はどちらかと言うとレビューの方が好きなんだなと言うのを実感。今回は1本立てだったから、ちょっと残念な気分。
またしばらく宝塚は観に行く予定がないけど、気が向いたら何か観に行きたいと思います。

PMSを軽減して、もっときれいになれちゃうかも!?
今日はPMSを軽減するためのセミナーのご案内です。

女性の皆さん、毎月生理が来る2週間くらい前から気持ちが不安定になったり、集中力や注意力が低下したり、体調がよくなかったりしませんか?
それは全部PMS(月経前緊張症)のせいかもしれません。
PMSは女性ホルモンの影響で起こる症状ですが、ストレスも大きな原因の一つになっています。
そんなつらいPMSをストレスを減らすことで軽減していきませんか?
具体的には、生理へのネガティブなイメージを払しょくしたり、女性であることや大人の女性へ成長すること、セクシーであることを自分自身に対して許してあげることで余計なストレスを手放すという内容となっています。

また、更年期障害についても少し触れたいと思います。
この講座を受けて更年期障害が軽くて済んだという人もいらっしゃいますし、大人の女性であることとセクシーさを自分に許してあげることで、今の年齢に合った色気と美しさを手に入れることもできるんですよ♪

せっかく女性として生まれたのですから、PMSや更年期障害を軽くして、もっと輝いてきれいになって女性としての人生を楽しみませんか?


=========================================
PMSを軽減して、もっときれいになれちゃうかもしれない!?
PMSコントロールセミナー
=========================================

【日時】
第1回 2014年6月3日(火)14:00〜
 『PMS(月経前緊張症)ってなに?』
第2回 2014年6月17日(火)14:00〜
 『月経に対するネガティヴなイメージを払拭しよう!』
第3回 2014年7月1日(火)14:00〜
 『女性であることを許可しよう!』
第4回 2014年7月15日(火)14:00〜
 『成長することを許可しよう!』
第5回 2014年8月5日(火)14:00〜
 『セクシーであることを許可しよう!』

【受講料】
15,000円(5回分) 1回90分 全5回

【場所】
半田市市民参画支援センター内 
ハピコミクラブ
(半田小学校内 半田幼稚園前駐車場をご利用ください)


お申込み・詳細はこちらのページです。