ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< July 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
歯列矯正 調整日 ついにゴムを使うことになった
今日は多分ブラケットにワイヤーが入ってから13回目の調整日。
3番の歯(犬歯)がもう少しで4番の位置に落ち着きそうだという事で、最後はゴムで引っ張ることになった。
噂には聞いていたけど、ついに来たか!って感じ(笑)

今まで3番の歯を引っ張っていたのは全体を整える太いワイヤーとは別の細いワイヤーだったり、パワーチェーン(チェーンのように連なったゴム)だったりして、自分でつけはずしすることはなかったんだけど、今度は食事と歯磨きの時ははずして、それが終わったらまた自分でゴムをつけるという手間がかかる。

今回のゴムのかけ方が、上の3番を引っ張るために下の6番目の歯についてるブラケットと上の3番のブラケットをつなぐという、なんだか口の中だけ操り人形になった気分( ̄◇ ̄;)
あくびとかで口を大きく開けるとすごい上下で引っ張られて、変な感じ。

下の写真がそのゴム。パッケージの上に2つ置いてある丸いのがそう。そしてブラケットに引っ掛ける時に使うスティックがコアラになってる(笑)かわいい(*´艸`*)


面倒くさいけど、これをさぼったら歯が動かないから頑張るよヽ(^。^)ノ
少しでも早く矯正装置を外したいからね。
3番と5番の隙間がなくなったら、上前歯4本を引っ張り始めるんだって。
上の前歯4本をひっぱる時もゴム使うんだろうなぁ。
むぅ、やっぱり面倒くさい・・・でも頑張るっ!!
「天使にラブソングを シスターアクト」名古屋公演 観劇感想
今日は「天使にラブソングを シスターアクト」の名古屋公演初日を観てきました。
前回、瀬奈さんデロリスバージョンを観て楽しかったので、今年もチケット取りました(*^-^*)
役替わりで観たかったんですけど、前回も今年も残念ながら1回しか観ることができません。
それで役替わりスケジュールは見ずにチケットをとった結果は、前回観られなかった森さんデロリス、禅さんカーティスでした♪

今年はカーテンコールで客席も全員で踊る時に使う光るブレスレットが配られるんですけど、受け取ってカバンにしまった瞬間にポキッと音がして使う前から光り始めちゃった(^^;)
でも、カーテンコールの時までちゃんと光ってたから良かった♪家に帰ってきてからもまだ光ってたよ(笑)

この作品では、指揮者の塩田さんが幕が開く直前の音楽が始まるところから客席に手拍子を求めるんですよね。
塩田さんもノリノリで終始楽しそうに指揮してらっしゃって、最後は大司教様の格好でオケボックスの中からセリ上がってくるし、他の作品ではなかなかない演出なので面白いです。
あれはオケボックスの中で誰かが塩田さんを持ち上げてるの?それとも、セリみたいな装置があるのかしら?
舞台上にはセリがあるけど、オケボックスの中だから、どうなってるんだろうって不思議で(笑)

音痴なシスターたちの聖歌隊がデロリスの指導でうまくなって、ノリノリで歌うゴスペルだかロックだか分からない歌が迫力満点!メチャクチャ楽しいです。客席もノリノリ♪
クスクス笑って、ちょっぴり泣けて、ほっこりできる大好きな作品です(*´∀`*)

覚えてる範囲でまたキャストの方々の感想を書いてみたいと思います。








続きを読む >>
歯列矯正を始めてほぼ1年
今日は矯正のワイヤーが入ってから多分12回目の調整日。
以前、矯正用のインプラントを上の歯茎に埋め込んだんだけど、1か月目に左が緩んではずし、3か月目の今日右も緩んで外すことになりました
まだインプラントを使う時期に入ってないから、多分1回埋め込んでみて様子見だったんでしょうね。
でも、埋め込むにしても外すにしても、麻酔の注射が意外と痛いのです〜(T▽T)
それにインプラントを埋め込まれた後しばらくは、インプラントが口の中に当たって痛いし・・・
また埋め込み直しかと思うとちょっと憂鬱アセアセ

肝心の歯の方は、上の3番(犬歯)と5番(第1臼歯)の隙間が後2舒未砲覆辰討襪澆燭ぁもうちょっとだぁ〜♪
なので、3番と5番の間に食べかすが詰まることは減ってきたんだけど、その分2番と3番の間が空いたわけで今度はそこによく食べかすが詰まるようになった。
またこれが、3番と5番の間の隙間があった時よりも詰まった物が取りづらい・・・(^^;
2番と3番の隙間に物が詰まると、笑ったりした時に見えちゃうから、気心が知れた相手としか一緒に食事できません。

とはいえ、矯正始まったばかりの頃のように食べる物に困るはなくなったかも。
斜めに出ている前歯をまっすぐに立てるために動かしてた時は前歯で噛めなかったけど、今はまっすぐになったから前歯で噛み切ることもできてるし。
ただ、今後上の前歯を奥へ引っ込める段階に入ったら、また前歯で噛めなくなるかな・・・
なんか歯が動いてる時って歯が浮いたような感覚になって思うように力が入らないのですよ。

そういえば、出っ歯を引っ込めるとほうれい線が目立つようになるって聞いたことがあるけど、私はどうなんだろうなぁ?
斜めに出っ張ってた歯がまっすぐになった今の時点では、そんなに変わってない気がします。
上の前歯を奥へ引っ張り始めた時にどうなるかですね。
ほうれい線が目立たないように表情筋を鍛えておこうかな(*´艸`*)
上原理生くんのソロコンサート 感想
昨日、上原理生くんのソロコンサートのためティアラこうとうへ行ってきました。
名古屋で例えると中日劇場と同じくらいの大きなホール。
音響もよく、上原くんの歌声を存分に堪能することができました(*^-^*)

今回のコンサートでは、前半が映画音楽で後半がミュージカル曲という構成でクラシックはほとんどありませんでした。
映画音楽は「あれ、上原くんっていくつだったけ?」と思うようなかなり古い映画の曲ばかり。
だって私が子供の頃に、うちの父が好きでよく聞いてた映画音楽ばかりだったから(笑)
とはいえ、映画を観てなくても分かるような有名な曲でうまく構成されてました。
「ある愛の詩」とか「ゴットファーザー」とか「ライムライト」などなど、メドレーで。
セットリストが手元にないので、全部覚えてなくてすいません。

あ、そういえば「ライムライト」の作品紹介の時「目の見えない女性との純愛」って言ってましたけど、それは「街の灯」ですよね。
多分、上原くん自身が途中で「あれ?違ったかも」って思ったのか最後までちゃんと言わなかったね(笑)
ちなみに「ライムライト」は足が動かなくなって自殺未遂をしたバレリーナと老いたコメディアンのお話です。

他は、日本語の曲として「よいとまけ」、上原くん自身が作詞した「美しくいきたい」、そしてもう一つエディット・ピアフ「愛の讃歌」フランス語の歌詞に近い訳のものを歌ってくれました。
「愛の讃歌」は自分でも気づかないうちに涙が出てて、自分で驚いちゃいました(笑)
でも、それくらい素晴らしかったんです!

MCも古い映画が好きという話とか、今回のセットリストを作成する時のエピソードとか、しっかり語ってくれて面白かったです。
途中、純愛映画の話から結婚の話になって、なぜか突然「僕?まだ結婚しませんよ」とか言いだして、誰かに突っ込まれたのか「しないしない、しない、まだ結婚はしないよ!」とか必死に否定してて笑っちゃいました。
そんな必死にならんでも・・・ってか、そんなに否定したら逆に怪しいから(笑)
まあ、上原くんも年頃ですからね、誰かと結婚するという話が出ても別に驚かないし祝福しますよ?
そうなったら熱烈なファンの方はショックだろうけど(*´艸`*)

後半のミュージカル曲はCDアルバムに収録されている「This is The Moment(ジキル&ハイド)」、「Die unsthillbare Gier(ダンス・オブ・ヴァンパイア)」、「Bui-Doi(ミス・サイゴン)」の3曲の他に「Music of Night(オペラ座の怪人)」、「僕こそミュージック(モーツァルト!)」、「わが名はドン・キホーテ(ラ・マンチャの男)」、「パレ・ロワイヤル(1789 バスティーユの恋人たち)」、他にも何曲か・・・やっぱり1日経つとだいぶ忘れちゃいますね(^^;)
「僕こそミュージック」と「Bui-Doi」以外は全部英語やイタリア語などで歌ってました。
MCで「すいません、日本語じゃなくて。日本人なのに」みたいなことを連発してました(笑)
「わが名はドン・キホーテ」では、情熱的に歌いながら軽くフラメンコもどきを踊ったりもして、なかなかかっこよかったですよ(*^-^*)
「パレ・ロワイヤル」では、なんとシャーロット役をやっていた3人の子役ちゃんたちがゲスト出演!上原くんと一緒に歌ってくれました。
客席にも参加してほしいって言ってましたけど、私は「1789」2回しか観てないから歌詞とか分からなくて歌えなかった(^^;)

アンコールでは2曲歌ってくれたのですが、1曲目のタイトルを度忘れしちゃいました。なんだっけ?うわ〜、こういうの気持ち悪いんだよね(笑)
2曲目は、上原くんが子どもの頃にロック歌手になりたかったという事にちなんでロック!映画「アルマゲドン」のテーマ曲。エアロ・スミスの曲をノリノリで歌ってくれました。
本当に何を歌っても安定してるのがすごい!やっぱり歌うための基礎がしっかり出来てるからでしょうね。
今年の始め頃に書いた「滝廉太郎物語」の感想の中で、半分冗談で「密かにバリバリロックを歌っている姿も見てみたい」というようなことを書いてたのが叶っちゃいましたよぉ〜!
誰か他にも私と同じようなことを思ってて要望を出した人がいたのかしら?(*´艸`*)

前半・後半含めて、どの曲でも上原くんが醸し出す曲の世界観にグッと引き込まれて、また、伸びのある力強く心地よい歌声にパワーをもらいました。
上原くんも好きな曲を伸び伸びと歌い、語りたいことを語ってて、いつもにも増してイキイキとしてました。だから、こちらも観ていて楽しかったです♪
もう本当にずっと歌声聞いていたかったぁ〜(*´∀`*)
ソロコンサートもいいもんですねぇ。いつか名古屋でもやって欲しいなぁ(*´∇`*)