ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< April 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「グランドホテル」GREENチーム 名古屋公演 観劇感想 
今日は「グランドホテル」のGREENチームを観てきました。
上演中の休憩時間はなく、2時間ほどの公演です。

REDチームはハッピーエンド、GREENチームはバットエンドと結末が全然違うそうですが、今回はGREENチーム。
ストーリーは意外とわかりやすかったですよ。
美しい舞台セットに1920年代のおしゃれな衣装、華やかな雰囲気がありつつ、ヒットラーの演説がラジオから流れていたりして終始不安定で危うい空気が流れているような印象。
最後は戦争の足音が聞こえてきて、ホテルスタッフが客を裏切るという悲劇へつながっていくのですが、その中での唯一の希望として、ホテルのアシスタントコンシェルジュのエリックの子の誕生が描かれています。

群像劇なので特に誰が主役と言うわけでもなく、いろんな目線で見ることができますね。
きっと観れば観るほど味が出てくるスルメのような作品なのかも。残念ながら私は1回観られませんが(^^;

ここからはメインキャストそれぞれの感想を少しずつ書いてみますが、登場人物ほぼ全員が主役になり得る作品なので、目がいくつあっても足りない(^^; なので、覚えている範囲で・・・
続きを読む >>
「崩壊シリーズ 九条丸家の殺人事件」観劇感想
今日は、ミュージカルではないのですが「崩壊シリーズ 九条丸家の殺人事件」を観てきました。

台本・演出のオークラさんのコメント動画を見て行ったのですが、「中身はないです」のコメント通り、本当に中身はなかったです。
でも、すっごく面白くて、久しぶりにお腹痛くなるほど笑いましたよ。
そうとう腹筋鍛えられたと思う(笑)

「崩壊シリーズ」の名の通り、セットも劇中劇もどんどん崩壊して行ってある意味爽快!
ハチャメチャなんだけど、登場人物はそれぞれちゃんと役として筋が通っているし、前情報なくても意外と分かりやすかったです。

何も考えずに笑えるので、ストレス解消にピッタリだと思います。

ん〜、今回はキャスト一人一人の感想はなくてもいいかしら?
どう書いたらいいか分からないので(笑)

「1789〜バスティーユの恋人たち〜」帝国劇場 観劇感想
今日は帝国劇場で「1789〜バスティーユの恋人たち」を観てきました。
役替わりは、ロナン:加藤和樹さん、オランプ:夢咲ねねさん、マリー・アントワネット:凰稀かなめさん、そして子役はシャルロット:万座みゆちゃん、ジョセフ:大河原爽介くんでした。

フレンチロックミュージカルということで、音楽もダンスもメチャクチャかっこいいです!
ストーリーは分かりやすいですし、兵士や革命家、民衆が何度も客席を駆け抜けていくので臨場感もあります。
ダンスはかなり激しくて、シングルキャストは大変そう。
本当にダンサーの皆さんを尊敬しちゃいます。

衣装も豪華だし、アクロバティックなダンス、ノリのいい歌とテンポのいいお芝居、本当に見ごたえのある作品だと思います。そして、ツッコミどころもちょこちょこあって面白いし。
これは嵌りますね〜(*^-^*)

さて、ではまたメインキャストを中心にそれぞれの感想を少しずつ書いてみます。

続きを読む >>
「ジキル&ハイド」名古屋公演 観劇感想
「ジキル&ハイド」初めて観ました。
楽曲がすべて素晴らしいですね。
キャストの方々の歌声も迫力があって聞きごたえ十分!
その反面、ストーリーや演出面ではツッコミどころ満載で、そちらの意味でも面白かったです。悲劇なんですけどね(^^;
ミュージカルでもお芝居でもツッコミどころは付き物だと思ってますけど、ツッコミどころが目につく作品と気にならない作品があって「ジキル&ハイド」は前者かも。
それでも、独特の雰囲気があっていろいろ考えさせられる作品だと思います。

誰の心にも潜む光と影、表と裏。ジキルが自分を実験台にして影の部分を消すはずの薬を飲んだことで、ジキル(表)とハイド(裏)に分裂してしまう。
人は光の部分と影の部分の両方を受け入れバランスを取ることで正常でいられるのに、ジキルが心の影を消すことで平和になると考え、光と影を薬によって切り離した結果、心の均衡が崩れて制御がきかなくなり起きた悲劇だと思いました。

さて、今回もメインキャストを中心にお一人ずつ感想を書いていきましょう。






続きを読む >>