ミュージカル好きな心理カウンセラーが書く観劇感想とその他もろもろ
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『アニー』名古屋公演・大千秋楽 観劇感想
今日は『アニー』を観てきました。
劇中で歌われる「トゥモロー」という曲は有名なので聴いたことがありますが、この作品自体は初見です。

ぴあポイントが貯まっていて、何と交換しようかと思っていたところに、ちょうど『アニー』のチケットが出ていたので、ポイントでチケット取りました。
ちなみに今日が大千秋楽だってことも知りませんでした(^^;

やっぱり親子連れが多いですねぇ(*^-^*)
姪っ子が日本に来た時にでも一緒に観劇できたらいいなぁ、なんて思いながら見てました。
甥っ子もいるけど、こっち方面は興味なさそうだからな。
席は舞台横のバルコニー席で、ずっと左向いてたから首が疲れちゃいました(笑)

主役のアニーと孤児の中で一番幼いモリーは役替わりだったようで、今日はアニー役が池田葵ちゃん、モリー役が池下リリコちゃんでした。
子役ちゃんたちが大活躍のこの作品。みんなとても一生懸命がんばっていて、それだけで涙腺が緩みそうになって困った(笑)
そして、元気いっぱいの子役ちゃんたちにこちらまで元気をもらった感じ♪

特にファミリーミュージカルと銘打っているわけではないんですが、分かりやすくほっこりできるストーリー、楽曲も覚えやすくて楽しいですし、素直に子どもも大人も楽しめる作品ですよね。
会場も手拍子ノリノリでした♪

ただ、展開が早くてそれぞれの役の心情を表現する場が少ないから、大人から見るとやっぱりちょっと物足りないかな。

続きを読む >>
「マイ・フェア・レディ」名古屋公演 観劇感想
今日は「マイ・フェア・レディ」を観に行ってきました。
11列のほぼセンターという、近すぎず遠すぎずとても観やすい席♪
やっぱり私にとっては10〜13列めがベストだな。役者さんたちの表情もオペラグラスなしで観ることができて、かつ舞台全体も見渡すことができるから。

さて、オードリー・ヘプバーン主演のミュージカル映画を舞台化したこの作品、私は初めて観ました。
あ、でも映画版は見てますからストーリーは知ってますよ。
もともとツッコミどころ満載の映画でしたから、当然、舞台版もツッコミどころ満載。
でもいいんです、いいんです、楽しいから(笑)

映画のイメージは崩れることなく、ジョークなどは日本人向けにアレンジされてて、映画より楽しめたかも(*^-^*)
ピッカリング大佐が名古屋弁をしゃべって、ヒギンズ教授に怒られるというアドリブもありました(笑)

ではではまた、いつものようにメインキャストの方々お一人ずつの感想を書いてみようと思います。


続きを読む >>
歯列矯正 調整日 ついにゴムを使うことになった
今日は多分ブラケットにワイヤーが入ってから13回目の調整日。
3番の歯(犬歯)がもう少しで4番の位置に落ち着きそうだという事で、最後はゴムで引っ張ることになった。
噂には聞いていたけど、ついに来たか!って感じ(笑)

今まで3番の歯を引っ張っていたのは全体を整える太いワイヤーとは別の細いワイヤーだったり、パワーチェーン(チェーンのように連なったゴム)だったりして、自分でつけはずしすることはなかったんだけど、今度は食事と歯磨きの時ははずして、それが終わったらまた自分でゴムをつけるという手間がかかる。

今回のゴムのかけ方が、上の3番を引っ張るために下の6番目の歯についてるブラケットと上の3番のブラケットをつなぐという、なんだか口の中だけ操り人形になった気分( ̄◇ ̄;)
あくびとかで口を大きく開けるとすごい上下で引っ張られて、変な感じ。

下の写真がそのゴム。パッケージの上に2つ置いてある丸いのがそう。そしてブラケットに引っ掛ける時に使うスティックがコアラになってる(笑)かわいい(*´艸`*)


面倒くさいけど、これをさぼったら歯が動かないから頑張るよヽ(^。^)ノ
少しでも早く矯正装置を外したいからね。
3番と5番の隙間がなくなったら、上前歯4本を引っ張り始めるんだって。
上の前歯4本をひっぱる時もゴム使うんだろうなぁ。
むぅ、やっぱり面倒くさい・・・でも頑張るっ!!
「天使にラブソングを シスターアクト」名古屋公演 観劇感想
今日は「天使にラブソングを シスターアクト」の名古屋公演初日を観てきました。
前回、瀬奈さんデロリスバージョンを観て楽しかったので、今年もチケット取りました(*^-^*)
役替わりで観たかったんですけど、前回も今年も残念ながら1回しか観ることができません。
それで役替わりスケジュールは見ずにチケットをとった結果は、前回観られなかった森さんデロリス、禅さんカーティスでした♪

今年はカーテンコールで客席も全員で踊る時に使う光るブレスレットが配られるんですけど、受け取ってカバンにしまった瞬間にポキッと音がして使う前から光り始めちゃった(^^;)
でも、カーテンコールの時までちゃんと光ってたから良かった♪家に帰ってきてからもまだ光ってたよ(笑)

この作品では、指揮者の塩田さんが幕が開く直前の音楽が始まるところから客席に手拍子を求めるんですよね。
塩田さんもノリノリで終始楽しそうに指揮してらっしゃって、最後は大司教様の格好でオケボックスの中からセリ上がってくるし、他の作品ではなかなかない演出なので面白いです。
あれはオケボックスの中で誰かが塩田さんを持ち上げてるの?それとも、セリみたいな装置があるのかしら?
舞台上にはセリがあるけど、オケボックスの中だから、どうなってるんだろうって不思議で(笑)

音痴なシスターたちの聖歌隊がデロリスの指導でうまくなって、ノリノリで歌うゴスペルだかロックだか分からない歌が迫力満点!メチャクチャ楽しいです。客席もノリノリ♪
クスクス笑って、ちょっぴり泣けて、ほっこりできる大好きな作品です(*´∀`*)

覚えてる範囲でまたキャストの方々の感想を書いてみたいと思います。








続きを読む >>